シュタイナー学園初等部・中等部・高等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
学校法人 シュタイナー学園初等部・中等部
SchoolBuildingN
Sign board of the school
過去の名称 東京シュタイナーシューレ
国公私立 私立学校
設置者 学校法人シュタイナー学園
設立年月日 2004年10月1日
共学・別学 男女共学
小中高一貫教育 併設型(施設一体型)
高等部は別校舎
学期 3学期制
所在地 252-0187
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示
学校法人 シュタイナー学園高等部
HighSchool
過去の名称 NPO法人藤野シュタイナー高等学園
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人シュタイナー学園
設立年月日 2012年1月12日
共学・別学 男女共学
小中高一貫教育 併設型(外部混合有)
初等部・中等部は別校舎
学期 3学期制
高校コード 14586G
所在地 252-0183
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

学校法人 シュタイナー学園初等部・中等部・高等部(シュタイナーがくえんしょとうぶ・ちゅうとうぶ・こうとうぶ)(:Freie Waldorf Schule in Fujino 英:Fujino Waldorf School[1] )は、神奈川県相模原市緑区にある私立小学校中学校高等学校。初等部・中等部は緑区名倉、高等部は緑区吉野に所在する。

日本初の全日制シュタイナー学校[2]であり、ルドルフ・シュタイナーの提唱したシュタイナー教育を実践している小中高一貫校である。国際自由ヴァルドルフ教育連盟登録校。

設立当初から、2004年学校法人格を取得するまでは、東京シュタイナーシューレという校名であった。

沿革[編集]

シュタイナー学園の前身である東京シュタイナーシューレの設立には、早稲田大学教授の子安美知子が大きく関わっていた。

  • 1980年代 - 海外でシュタイナー教育を学んだ教員を中心に、東京で週一回の幼児・小学生クラスと、大人のためのシュタイナー教育勉強会が始まる。
  • 1987年 - 東京都新宿区大久保に、1年生1クラス、生徒数8人で、アジア初の全日制シュタイナー学校『東京シュタイナーシューレ』開校。
  • 1988年 - 早稲田に校舎を移転。
  • 1993年 - 東京都三鷹市井の頭に校舎を移転。なお、この校舎は現在、シュタイナー幼稚園である『ヴァルドルフ キンダーガルテン なのはな園』となっている。
  • 1997年 - 三鷹市牟礼に校舎を移転。
  • 2001年 - それまでの6年制を延長し、9年制となる。これに伴い校舎を拡張。同年、国内のシュタイナー学校として初めて特定非営利活動法人となる。
  • 2004年 - 構造改革特区制度を活用し、特区申請の認可と私立学校審議会の認可を得て、日本国内のシュタイナー学校として初めて学校法人格を取得。同年10月、神奈川県津久井郡藤野町(現・相模原市緑区)の名倉小学校跡地に移転。これと同時に、校名を現在の「学校法人シュタイナー学園」に変更した。
  • 2012年1月12日 - 「NPO法人藤野シュタイナー高等学園」という名称の系列校を立ち上げ、学校法人格取得へ向けて準備を進めてきた学校法人シュタイナー学園が、高等部設置認可を取得。
  • 2012年3月31日 - 学校法人格を取得したため、藤野シュタイナー高等学園を発展的に解散・閉校。
  • 2012年4月 - 相模原市立吉野小学校の跡地に、学校法人シュタイナー学園高等部が開校。これをもって、日本国内の学校法人格をもつシュタイナー学校として初めて、小中高一貫の12年制が完成した。

教育の特色[編集]

「教育そのものが芸術行為であることが大切」と考えたルドルフ・シュタイナーの教育観、人間観に基づく12年一貫のカリキュラムを実践する。知育偏重ではない子どもの心、体、知性、精神性を含めた全人教育を目指している。

毎朝1時間45分を国語、算数(数学)、理科、社会、フォルメン線描などの科目のうち一つの学習に充てる『エポック授業』が行われている。エポック授業では、3週間ほど特定科目を継続して学習し、しばらく期間を置いて以前学習した部分の続きを学習する。 他に、オイリュトミー、手の仕事(手芸)、工芸、水彩画、フォルメン、音楽など、芸術系の科目に重点をおいた教育が行われている。 また1987年の設立当初より、1年生から外国語(英語)の授業を行っている。 6・3・3制の学校だが、教育上の分類を1年生から8年生までと、9年生から12年生までの高等部に分類している。 8年生までは原則的に一人の担任が持ち上がる。高等部では各教科の専門教員による授業を行うとともに、社会に出ていく準備のための様々な実習(農業、工業、測量、航海、福祉など)や芸術活動、その発表が学びに盛り込まれている。

系列校[編集]

かつて初等部・中等部の一部の卒業生の進学先として、隣接する形でNPO法人藤野シュタイナー高等学園があった。高等学校の課程にあたる、10年〜12年生(3学年)が在籍していた。なお、藤野シュタイナー高等学園は学校法人格を有しておらず、高校卒業の資格が得られなかった。そのため、大学専門学校への進学を目指す生徒は、各自で高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格を目指すこととなっていた。

2012年1月12日学校法人シュタイナー学園が高等学校の設置認可を取得。これに伴う高等部開校のため、NPO法人藤野シュタイナー高等学園は3月31日をもって解散し閉校した。

交通[編集]

著名な卒業生[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高等部紹介パンフレットの表記に基づく。[1]
  2. ^ なお、本項目においては「ルドルフ・シュタイナーの提唱した教育思想、すなわちシュタイナー教育を実践する学校」を便宜上「シュタイナー学校」と呼ぶ。国際的には「ヴァルドルフ学校」と日本語訳されうる呼称が一般的であるが、本項目では小学館から刊行の国語辞典大辞泉』における呼称に倣った。

関連学校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]