シャル・ウィ・ダンス? (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャル・ウィ・ダンス?
Shall We Dance?
王様と私』使用楽曲
出版 1951年
作詞者 オスカー・ハマースタイン2世
作曲者 リチャード・ロジャース

『シャル・ウィ・ダンス?』 (英語: Shall We Dance?) は、1951年に初演されたロジャース&ハマースタインミュージカル王様と私』のショー・チューン[1]。オリジナル・ブロードウェイ・プロダクションではアンナ役のガートルード・ローレンス王様役のユル・ブリンナーが歌唱した[2]ロンドンのオリジナル・ウエスト・エンド・プロダクションではアンナ役のヴァレリー・ホブソン、1956年の映画『王様と私』ではデボラ・カーの吹替でマーニ・ニクソンが歌唱した[2]

主に王様の視点による『The Song of the King 』の次の曲である。アンナと王様が「愛」の意味について議論し、王様は「単なる快楽のばかげた複雑化」で「おとぎ話」と主張し、愛は現実に自然に存在すると信じるアンナと対立した後、アンナがイギリス式ダンスが好きだったことを思い出す。アンナは王様に簡単な方法で愛について説明しようとし、ひとめぼれの経験を歌で語る[3]

この曲は「踊りませんか」の意味の題名通り、アンナと王様によるポルカのダンス・シーンで有名である。王様は飛び跳ねるように大げさに踊る。通常このダンス・シーンは舞台を広く使用して行われる。

2004年、ニクソンとブリンナーによる映画版がアメリカ映画主題歌ベスト100の第54位にランクインした。

1996年、周防正行監督の映画『Shall we ダンス?』はこの曲から題名がつけられ、また大貫妙子によるこの曲のカバーが主題歌となっている。

脚注[編集]

  1. ^ Fuld, James J. (2000). The Book of World Famous Music: Classical, Popular, and Folk. Courier Dover Publications. p. 494. ISBN 9780486414751. 
  2. ^ a b Hischak, Thomas S. (2007). The Rodgers and Hammerstein Encyclopedia. ABC-CLIO. p. 242. ISBN 9780313341403. 
  3. ^ Pymm, John (2005). A Student's Guide to A2 Performance Studies for the OCR Specification. Rhinegold Publishing Ltd. p. 108. ISBN 9781904226499.