シナノ (スポーツ用品メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社シナノ
SINANO Company
Sinano.gif
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
385-0022
長野県佐久市岩村田1104-1
設立 1946年5月
業種 その他製品
事業内容 スポーツ器具製造・販売
代表者 柳澤光宏(代表取締役社長)
従業員数 47名(2017年9月現在)
決算期 3月末日
外部リンク www.sinano.co.jp
テンプレートを表示

株式会社シナノSINANO Company)は、長野県佐久市岩村田に本社を置くスポーツ器具メーカー。創業時よりスキーストックの製造・販売をし、現在ではトレッキングポールウォーキングポール、スノーボードスキー・スノーボード用チューニングマシンの製造・販売、マリンスポーツ用品の輸入販売、FRP複合引抜材の製造を行う。

沿革[編集]

  • 1919年(大正8年) - 信濃スキー製作所として上田市にて創業する。
  • 1946年(昭和21年) - 信濃産業株式会社として会社設立。スキーポールの他木工製品を製造。
  • 1957年(昭和32年) - 社名をシナノ産業株式会社に変更。工場及び事務所を現在の長野県佐久市に移す。
  • 1968年(昭和43年) - 社名を株式会社シナノと改め、スキーポール・メーカーとしての一貫製造体制を整える。
  • 1980年(昭和55年) - 米国フォンテーン社と技術提携し、スキーチューンナップ・システムの開発、販売を開始する。
  • 1999年(平成11年) - 歩行杖のSGマーク工場認定を受け、本格的に歩行杖市場に参入する。
  • 1999年(平成11年) - FRP複合引抜材プルトレンの製造を開始する。
  • 2005年(平成17年) - トレッキング・ポールのSGマーク工場認定を受ける。
  • 2005年(平成17年)10月 - 2005年度信州ブランドアワードに選ばれる。
  • 2013年(平成25年)11月 - 経済産業省主催「製品安全対策優良企業表彰」にて、中小企業を対象にした製造事業者・輸入事業者部門の「商務流通保安審議官賞」受賞。
  • 2015年(平成27年)11月 - 経済産業省主催「製品安全対策優良企業表彰」にて「商務流通保安審議官賞」を受賞。
  • 2016年(平成28年)11月 - 「NAGANOものづくりエクセレンス2016」受賞。
  • 2016年(平成28年)11月 - 2016年信州ブランドアワード「個別ブランド賞」受賞。

主な製品[編集]

シナノのスキーポール
スキーポール(スキーストック)
創業以来の事業である。本格的なスキーヤーからファミリー・子供向け、クロスカントリー用まで幅広く揃う。ストラップに手を通さずに握れるグリップ「フィンガーホルダー」では特許を取得した。
歩行補助杖(ステッキ)
商標はKainos(カイノス)。握りやすいスリムネック、抗菌グリップ、高級志向の折りたたみ杖のGrandKainos(グランドカイノス)、また接地面にガラス繊維を配合した滑りにくい先ゴムなど、改良が続けられている。
登山杖(トレッキングポール、トレッキングステッキ)
商標はSun Trace(サントレース)。日本人向けの登山用ステッキを目指し、軽さと握りやすさを追求。登山用ステッキについて漫画形式で説明する図書『山とストックと私』も発刊している。
ウォーキングポール
ウォーキング(ノルディックウォーキング)専用ポール、商標はRevita(レビータ)。Re(復活) + Vita(生命・生き生きとした)を合わせている。整形外科医師信州大学の協力のもと開発された。両手にポールを持ってウォーキングすることで身体の左右のバランスが取れ、正しい姿勢で歩行できる。運動効果が高まることからメタボリックシンドロームロコモティブ症候群の予防・改善のほか、転倒防止効果があるため歩行障害等のリハビリテーションにも使われ、各地の自治体で講習会も行われている。
トレランポール
トレイルランニング専用ストック。

事業所[編集]

外部リンク[編集]