ロコモティブ症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロコモティブ症候群(ロコモティブしょうこうぐん、locomotive syndrome)とは、運動器[1]の障害や、衰え(関節可動域の制限やサルコペニア等の筋力低下など加齢や生活習慣が原因といわれる[2])によって、歩行困難など要介護になるリスクが高まる状態のこと[3]。一言で言えば、運動器機能不全のことである。日本整形外科学会2007年平成19年)に提唱した呼称(和製英語とされる[4])で、予防啓発を行っている[5]。本の執筆者、健康関連雑誌の編集方針、医療関係者などの判断によってロコモロコモティブシンドロームロコモーティブシンドロームロコモーティブ症候群運動器症候群などと書かれたり呼ばれたりしている。

主な原因[編集]

若年者のロコモティブ症候群[編集]

埼玉県医師会(文部科学省からの委託)による検診調査では、幼稚園児から中学生にも、すでに運動器にロコモティブ症候群の兆候が見られる例があったという。この少年少女のロコモティブ症候群の原因の傾向について、「運動量・運動経験が少ない子」もしくは「運動量は多いが、単一運動・1種目しか運動していない子」の2つに分けられ、、さらに食事による栄養摂取面を要因とする指摘がある(2016年(平成28年)[6]

治療[編集]

その症候群に対する治癒として、さまざまな運動や体操が提唱されている。

ダイナミック・フラミンゴ運動[7]よりも椅子立ち上がり運動の方が転倒予防に優れているという報告がある[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 骨や関節、筋肉など。
  2. ^ 40代から注意!ロコモティブシンドローム NHK あさイチ 2012年10月1日(月)]
  3. ^ a b ロコモの定義:ロコモティブ症候群:日本臨床整形外科学会
  4. ^ 介護食の市場動向~ロコモティブシンドローム、サルコペニアを中心に~ 味の素ヘルシーサプライ アミノ酸営業本部 高木正治
  5. ^ あなたも「ロコモ」? 骨や筋肉の衰え、こまめな筋トレで予防 日本経済新聞 2012年10月13日]
  6. ^ 小中学生が“老化”!?4割の子どもに広がる「ロコモ」 ホウドウキョク 高山哲朗 2016年12月11日
  7. ^ http://www.jsmr.org/flamingo_therapy.html
  8. ^ Yamashita F, and others. Chair rising exercise is more effective than one-leg standing exercise in improving dynamic body balance: a randomized controlled trial. J Musculoskelet Neuronal Interact. 2012;12(2):74-9.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]