インナーマッスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インナーマッスルは、身体の深いところに位置する筋肉(深層筋)の総称である。

概要[編集]

身体の奥に位置している筋肉の総称として用いられる。インナーマッスルとは対照に身体の表面に位置している筋肉はアウターマッスル(表層筋)と呼ばれている。体幹筋の他、上肢下肢の筋肉の深層筋もインナーマッスルに含まれる。

深層の筋肉の為、アウターマッスルとは違い目に見えず直接的な確認は難しいが、関節内臓の安定に働き、動作時にもアウターマッスルとともに働いて姿勢の保持や動作のサポート、内臓の正しい働きを促すために作用している。表面の筋肉をサポートする役目を果たし、インナーマッスルとアウターマッスルの双方がバランスのとれた働きをすることで、より効果を発揮することができる。尚、インナーマッスルはアウターマッスルに比べるとやや成長しにくいので、特化したトレーニングを取り入れるのが効果的である。ウエイトトレーニング1つにしても、低負荷でゆっくり長い時間をかけて回数を重ね、刺激していくのがベストである。

主なインナーマッスル[編集]

主なインナーマッスルのトレーニング[編集]

など

参考文献[編集]