SGマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

SGマーク(エスジーマーク;Safe Goodsの略)は、消費生活用製品の安全性を認証する任意の制度である。対象となる消費生活用製品は、乳幼児用製品、福祉用具、家具、家庭用品、厨房用品、スポーツ用品、レジャー用品など100品目を超える。[1]。対象製品ごとに基準(SG基準)が定められており、基準に適合していると認証された製品に対してはSGマークが表示されている[2]

概要[編集]

1973年消費生活用製品安全法に基づき開始した制度。制度運用は、同法の規定に基づき設立された、一般財団法人製品安全協会(設立当初は特別認可法人、その後2000年に財団法人に、2012年に一般財団法人に組織変更)が主体となっている。

SGマークを表示するためには、同協会が定めるSG基準(2000年以前は通商産業大臣の承認)に適合することを同協会が認証することが必要。

また、消費者保護の観点から、SGマーク付き製品の欠陥により、人身事故が発生し、当該欠陥と人身事故との間に因果関係があると認められる場合には、同協会が被害者一人につき最高1億円の損害賠償を行うこととなっている。

表示手続き[編集]

SGマークを表示するには、以下のどちらかの方法で同協会の認証を取得する。

(型式確認のうち型式試験及びロット認証は、同協会が指定する委託検査機関が行う)

脚注[編集]

  1. ^ 『2011年版 くらしの豆知識』 独立行政法人国民生活センター、2010年、251頁
  2. ^ 『2011年版 くらしの豆知識』 独立行政法人国民生活センター、2010年、251頁

外部リンク[編集]