シットウェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シットウェ
Sittwe
ミャンマーの旗
シットウェ
シットウェ
位置
ラカイン州の地図の位置図
ラカイン州の地図
座標 : 北緯20度09分 東経92度54分 / 北緯20.150度 東経92.900度 / 20.150; 92.900
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
 州 ラカイン州の旗 ラカイン州
シットウェ
人口
人口 (2014現在)
  域 149,348人
その他
等時帯 UTC/GMT +7

シットウェ(Sittwe)は、ミャンマー西部ラカイン州の州都。バングラデシュインドとの国境に近い。2014年の人口は約14.9万人だった。

歴史[編集]

元々は小さな漁村だった。

1784年、コンバウン朝の第六代ボダウパヤ王が、アラカン王国を征服する為に3万人の兵を送った。アラカン王国の3000人の兵はこの地で抵抗したが、壊滅した。 [1] この戦闘で首都のムラウク・ユーまでの道が開き、直ちに征服された。アラカン人の独立は終わり、兵士は全員が殺害された。

1826年、第一次英緬戦争によってコンバウン朝からイギリスに割譲された。割譲後は特に米を扱う商業港として発展した。また、ラカイン州の州都が内陸から沿岸部のシットウェに移った。

1866年、シットウェの人口は1万5536人に増加した。

1879年、ミャンマーで初めてイギリス植民地に抵抗した僧のU・オッタマがシットウェで産まれた。

1901年、シットウェの人口は3万1687人に増加し、ビルマ第三の港になった。

第二次世界大戦ビルマの戦いで、空港と水深の深い港を持つシットウェは重要拠点となった。

2007年サフラン革命ではシットウェの僧が軍政への抗議を始めた。

2012年、仏教徒がロヒンギャ族の家に放火し始めた。政府は何万人ものロヒンギャ族をシットウェの収容所に入れた。

2015年ロヒンギャ族難民危機ではミャンマーとバングラデシュから推定2.5万人のロヒンギャ族が船で避難した。 [2]

治安[編集]

  • 2014年3月26日、国際的な民間医療支援団体のアメリカ人活動家が仏教旗を冒瀆したとして、数百人の仏教徒が暴動を起こした。翌3月27日には、暴徒が世界食糧計画(WFP)の倉庫を襲撃。治安部隊の威嚇射撃(流れ弾)により1名が死亡した[3]

出典[編集]

  1. ^ Shwe Lu Maung alias Shahnawaz Khan: The Price of Silence, A Muslim-Buddhist War of Bangladesh and Myanmar - A Social Darwinist's Analysis, DewDrop Arts & Technology, 2005
  2. ^ Fuller, Thomas (2015年6月12日). “Myanmar to Bar Rohingya From Fleeing, but Won't Address Their Plight”. New York Times. http://www.nytimes.com/2015/06/13/world/asia/myanmar-to-bar-rohingya-from-fleeing-but-wont-address-their-plight.html?partner=rss&emc=rss&smid=fb-nytimes&bicmst=1409232722000&bicmet=1419773522000&smtyp=aut&bicmp=AD&bicmlukp=WT.mc_id&_r=0 2015年6月12日閲覧。 
  3. ^ “ミャンマー国連施設に暴徒、治安部隊の発砲で11歳少女死亡”. AFP (フランス通信社). (2014年3月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/3011152 2014年3月29日閲覧。 

関連項目[編集]