シコルスキー S-64

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シコルスキー S-64

シコルスキー S-64 スカイクレーン(Sikorsky S-64 Skycrane)は、アメリカ合衆国シコルスキー社で開発されたアメリカ陸軍CH-54 タルヘ民間向けモデルの双発クレーンヘリコプターである。現在はS-64 エアクレーンエリクソン・エアクレーン社で生産されている。

開発[編集]

を投下するS-64

シコルスキー時代[編集]

S-64は、「空飛ぶクレーン」の試作機S-60の拡大版として設計された。S-64は、4,050shp(3,020kW)のJFTD-12A ターボシャフトエンジンで6枚のメインブレードを駆動しており、1962年5月9日の初飛行に続き、西ドイツ陸軍での評価のために2機が製造された。西ドイツは発注しなかったが、アメリカ陸軍が6機のS-64Aを発注した(名称はCH-54A タルヘ)。少数のS-64Aと派生型のS-64Eがシコルスキー社により民間市場向けに製造された。

エリクソン時代[編集]

エリクソン・エアクレーン社のS-64

元々はシコルスキー社の製品であったが、1992年エリクソン・エアクレーン社が型式認証と製造権を購入した。

その時からエリクソン・エアクレーン社がS-64の製造者かつ世界最大の運用者になり、機体・計器類の1,350箇所以上を変更してペイロードを引き上げた。貨物用以外にも派生型として森林火災用の消防機S-64Eを製造し、イタリア森林警備隊韓国山林庁などに採用された。また、アメリカ軍が20トン水上基地の要求に合致する新エンジンを搭載したエアクレーンを再導入できるように既存のCH-54 タルヘを再生すると同様に新たなS-64も製造している。エリクソン・エアクレーン社では販売以外にもパイロットと機体の貸し出しも行っている。

エリクソン・エアクレーン社には各々のS-64に固有の名前を付ける伝統があり、最も有名なのはエルビス(Elvis)である。シラー・ブラザースの様なほかの運用会社もこれに倣い、自社のS-64Eに"Andy's Pride"と名付けた。S-64E オルガ(Olga)は、カナダトロントCNタワーの頂部を設置する際に使用された。

派生型[編集]

シコルスキー スカイクレーン[編集]

S-64
双発の重量物運搬ヘリコプター
S-64A
アメリカ陸軍向けの6機のテストと評価用モデル。

エリクソン・エアクレーン[編集]

エリクソン・エアクレーンでは、より貨物の吊り下げに特化した改造を施している。

前の操縦席からは直下が見えにくいため、操縦席の後方にある後方監視席から操縦できるようになっており、貨物の上げ下ろし時に微調整が可能となった。後部操縦席には張り出しキャノピーを追加し、180度の視界を有する。直下の視界を確保するため、操縦桿フライ・バイ・ワイヤによるサイドスティックとなっている。

S-64E
CH-54A タルヘに10,000リットル入りの消火剤タンクを取り付けた消防機
S-64F
イタリア森林警備隊向けの消防機。
CH-54Bのエンジンプラット・アンド・ホイットニー JFTD12-5Aに換装。

運用[編集]

消火機器(CH-54A)
後部監視席(CH-54A)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
イタリアの旗 イタリア
大韓民国の旗 韓国

以前の運用[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

事故[編集]

性能・主要諸元[編集]

Orthographically projected diagram of the Sikorsky CH-54B Tarhe.

(S-64E)The International Directory of Civil Aircraft [9]

  • 乗員:3名(操縦士副操縦士、後方操縦士兼監視員)
  • 搭乗員:5名まで
  • 搭載量:9,072kg(20,000lb)
  • 全長:21.41m(胴体)(70ft 3in)
  • 全高:5.67m(18ft 7in)
  • 主回転翼直径:21.95m(72ft 0in)
  • 円盤面積:378.1m²(4,070ft²)
  • 空虚重量:8,724kg(19,234lb)
  • 最大離陸重量:19,050kg(42,000lb)
  • 発動機:2×プラット・アンド・ホイットニー JFTD12-4A(T73-P-1) ターボシャフトエンジン、4,500shp(3,555kW)
  • 超過禁止速度:203km/h(126mph、109knots)
  • 航続距離:370km(230mi、200NM)最大燃料と予備燃料
  • 巡航高度:2,743m(9,000ft)
  • 上昇率:6.75m/s(1,330ft/min)

登場作品[編集]

アニメ[編集]

ポケットモンスター ベストウイッシュ
ロケット団の装備として登場。CH-54 タルヘに装備されたものと類似したモジュールを装備している。
ポケットモンスター THE ORIGIN
ロケット団の装備として登場。外見は『ベストウイッシュ』に登場したものに準じている。

ゲーム[編集]

Just Cause 2
「H-62 Quapaw」の名称で本機とUH-1が混ざった外見の輸送ヘリコプターが登場する。
グランド・セフト・オートシリーズ
GTA:TBoGT
本機がモデルとなった「スカイリフト」というヘリコプターが、2つのミッションにのみ登場する。
GTAV
上記と同じく「スカイリフト」の名称で登場。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ HAI Rotornews
  2. ^ Helispot photo
  3. ^ NTSB report in pdf
  4. ^ Inciweb - Helitanker Accident At Rose Valley
  5. ^ http://www.dgualdo.it/isead-report.htm Helicopters area of dgualdo.it (report excerpts in Italian)
  6. ^ NTSB report — NYC07WA152
  7. ^ Helispot photo
  8. ^ NTSB report — WAS04WA012
  9. ^ Frawley, Gerard: The International Directiory of Civil Aircraft, 2003-2004, page 195. Aerospace Publications Pty Ltd, 2003. ISBN 1-875671-58-7

外部リンク[編集]