シェベルガーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sheberghan
شبرغان
—    —
Sheberghanの位置(アフガニスタン内)
Sheberghan
Sheberghan
シェベルガーンの位置
座標: 北緯36度39分54秒 東経65度45分07.2秒 / 北緯36.66500度 東経65.752000度 / 36.66500; 65.752000
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
ジョウズジャーン州
標高 250m (820ft)
人口 (2015年)
 - 計 175,599 [1]
  [2]
等時帯 Afghanistan Standard Time (UTC+4:30)

シェベルガーン(パシュトゥー語,ペルシア語: شبرغان‎)はアフガニスタン北部のジョウズジャーン州の州都である。2015年の人口は約17.6万人。[3] 面積は73.35km2で、4つの区に分かれる。[4][5] シェベルガーンという地名は「シャープールの市」を意味するシャープールガンからきている。シャープールはササン朝ペルシアの王の名である。

地理[編集]

シェベルガーンはサフィド川沿いにあり、マザーリシャリーフの130km西に位置する。シェベルガーン空港はシェベルガーンとアクチャの間にある。バクトリア北東部の要だった。バルフからヘラートを結ぶ主要道に面し、アムダリヤ川北部の主要道を支配し、南にはサレプルへの道もあった。イェムシ・テペ砦はシェベルガーンの北東5kmに位置する。

民族[編集]

シェベルガーンは国内最大のウズベク人人口を抱える。ウズベク語を母語とする者が多数派だが、シェベルガーンは多言語社会である。多数のタジク人ハザーラ人パシュトゥン人アラブ人が居住している。シェベルガーンのアラブ人は皆ペルシア語を話すが、アラブ人の自己認識を持っている。彼らは遥か昔から住んでいた。東のマザーリシャリーフホルムクンドゥーズにも同様のアラブ人が暮らす。彼らの祖先は7世紀8世紀中央アジアに移住して来た。[6]

歴史[編集]

シェベルガーンはかつてシルクロード沿いで繁栄した。

13世紀マルコ・ポーロがシェベルガーンを訪れ、とても甘いメロンについて記した。

1856年、J. P. Ferrierは「シェベルガーンには1.2万の魂が有る。ウズベク人は昔多数派だった。」と述べた。[7]

1873年イギリスロシア帝国の国境画定によって、シェベルガーンを首都とするウズベク・ハン国はアフガニスタンに併合された。

1978年ソ連の人類学者がティッリャ・テペ(バクトリアの黄金)を発掘した。シェベルガーンはクシャーナ朝の5つの州の1つと考えられた。[8]

2001年12月、ダシュトゥ・イ・レイリの虐殺が起きた。アメリカ軍がアフガニスタンを侵略中に、250〜3000人のタリバン囚人がアメリカ軍と北部同盟の戦車に射殺された。クンドゥーズからシェベルガーン収容所に囚人を移動中だった。

ウズベク人ラシッド・ドスタム将軍とタジク人アタ・モハマド・ヌールが、シェベルガーンを中心にアフガニスタン北部の支配権を賭けて争っている。

土地利用[編集]

シェベルガーンはアフガニスタン北部の交易と交通の中心である。[9]

  • 50%:農地[10]
  • 23%:居住地区(中央部に偏る)[11]

気候[編集]

シェベルガーンはステップ気候(BSh)で、暑い夏と寒い冬が来る。1〜3月は穏やかに雨が降るが、残りの9ヶ月は夏を中心に乾燥する。[12]

Sheberghanの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 22.4
(72.3)
24.2
(75.6)
30.9
(87.6)
35.4
(95.7)
41.5
(106.7)
46.0
(114.8)
47.5
(117.5)
44.3
(111.7)
40.6
(105.1)
36.4
(97.5)
30.6
(87.1)
25.6
(78.1)
47.5
(117.5)
平均最高気温 °C (°F) 6.8
(44.2)
9.3
(48.7)
15.8
(60.4)
23.7
(74.7)
31.1
(88)
36.9
(98.4)
38.9
(102)
37.2
(99)
32.0
(89.6)
24.0
(75.2)
16.7
(62.1)
10.6
(51.1)
23.58
(74.45)
日平均気温 °C (°F) 2.0
(35.6)
4.9
(40.8)
10.5
(50.9)
17.3
(63.1)
23.2
(73.8)
28.8
(83.8)
31.0
(87.8)
28.6
(83.5)
23.1
(73.6)
16.4
(61.5)
10.0
(50)
5.4
(41.7)
16.77
(62.18)
平均最低気温 °C (°F) −1.3
(29.7)
1.3
(34.3)
5.7
(42.3)
11.5
(52.7)
15.1
(59.2)
19.4
(66.9)
22.2
(72)
20.0
(68)
15.1
(59.2)
9.8
(49.6)
4.6
(40.3)
1.5
(34.7)
10.41
(50.74)
最低気温記録 °C (°F) −20.5
(−4.9)
−25.7
(−14.3)
−9.4
(15.1)
−7.5
(18.5)
5.3
(41.5)
8.5
(47.3)
12.9
(55.2)
11.6
(52.9)
4.3
(39.7)
−2.4
(27.7)
−8.5
(16.7)
−15
(5)
−25.7
(−14.3)
降水量 mm (inch) 42.3
(1.665)
44.3
(1.744)
56.4
(2.22)
25.9
(1.02)
11.2
(0.441)
0.2
(0.008)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.2
(0.008)
6.6
(0.26)
13.6
(0.535)
29.8
(1.173)
230.5
(9.074)
平均降雨日数 5 6 9 6 3 0 0 0 0 2 3 4 38
平均降雪日数 5 3 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 12
 % 湿度 78 76 71 65 47 34 31 32 35 46 61 74 54.2
平均月間日照時間 115.3 124.1 162.3 198.2 297.9 364.3 365.9 346.1 304.6 242.9 175.8 125.7 2,823.1
出典: NOAA (1964-1983) [13]

経済[編集]

シェベルガーンの周辺には灌漑農地が広がる。1967年ソ連の助けを得て、シェベルガーンの15km東のホワジャ・ゴゲラクで天然ガスが発見された。670億m3が埋まっていると推定されている。また、ソ連のケレフトまで100kmの油送管が設置された。この他に、ゾムラド・サイ油田やシェベルガーン製油所も有り、アフガニスタンの重要なエネルギー拠点になっている。

脚注[編集]

  1. ^ The State of Afghan Cities report2015”. 2016年5月11日閲覧。
  2. ^ Jawzjan”. 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ The State of Afghan Cities report2015”. 2016年5月11日閲覧。
  4. ^ The State of Afghan Cities report 2015”. 2016年5月11日閲覧。
  5. ^ The State of Afghan Cities report 2015”. 2016年5月11日閲覧。
  6. ^ Barfield (1982), p. ?
  7. ^ Ferrier (1856), p. 202.
  8. ^ Hill (2009), pp. 29, 332-341.
  9. ^ The State of Afghan Cities report 2015”. 2016年5月11日閲覧。
  10. ^ The State of Afghan Cities report 2015”. 2016年5月11日閲覧。
  11. ^ The State of Afghan Cities report 2015”. 2016年5月11日閲覧。
  12. ^ Climate: شبرغان - Climate graph, Temperature graph, Climate table”. Climate-Data.org. 3 September閲覧。
  13. ^ Sheberghan Climate Normals 1964-1983”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年12月25日閲覧。[リンク切れ] [リンク切れ]

参考資料[編集]

  • Barfield, Thomas J. (1982). The Central Asian Arabs of Afghanistan: Pastoral Nomadism in Transition.
  • Dupree, Nancy Hatch. (1977). An Historical Guide to Afghanistan. 1st Edition: 1970. 2nd Edition (1977). Revised and Enlarged. Afghan Tourist Organization, 1977. Chapter 21 "Maimana to Mazar-i-Sharif."
  • Ferrier, J. P. (1856), Caravan Journeys and Wanderings in Persia, Afghanistan, Turkistan and Beloochistan. John Murray, London.
  • Hill, John E. (2009). Through the Jade Gate to Rome: A Study of the Silk Routes during the Later Han Dynasty, 1st to 2nd Centuries CE. BookSurge, Charleston, South Carolina. ISBN 978-1-4392-2134-1.
  • Leriche, Pierre. (2007). "Bactria: Land of a Thousand Cities." In: After Alexander: Central Asia before Islam. Eds. Georgina Hermann and Joe Cribb. (2007). Proceedings of the British Academy 133. Oxford University Press.
  • Sarianidi, Victor. (1985). The Golden Hoard of Bactria: From the Tillya-tepe Excavations in Northern Afghanistan. Harry N. Abrams, New York.

外部リンク[編集]