死霊館のシスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・ナンから転送)
Jump to navigation Jump to search
死霊館のシスター
The Nun
監督 コリン・ハーディ
脚本 ゲイリー・ドーベルマン
原案 ゲイリー・ドーベルマン
ジェームズ・ワン
製作 ピーター・サフラン
ジェームズ・ワン
出演者 タイッサ・ファーミガ
デミアン・ビチル
ジョナ・ブロケ
ボニー・アーロンズ
撮影 マキシム・アレクサンドル
編集 ミシェル・オーラー
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
ザ・サフラン・カンパニー
アトミック・モンスター・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザース映画
日本の旗同上
公開 アメリカ合衆国の旗2018年9月7日
日本の旗2018年9月21日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2200万ドル[1]
興行収入 世界の旗$136,631,904[1]
前作 死霊館 エンフィールド事件
テンプレートを表示

死霊館のシスター』(原題:The Nun)は2018年アメリカ合衆国で公開される予定のホラー映画であり、死霊館シリーズに属する作品である。監督はコリン・ハーディ、主演はタイッサ・ファーミガデミアン・ビチルが務めた。なお、本作は『死霊館 エンフィールド事件』の前日譚であり、シリーズの時系列では最も古い作品である為、死霊館・アナベルシリーズでの元凶(悪魔)が明かされる。また、本作はシリーズで初めてIMAX方式及び4D方式での上映が行われる作品でもある[2][3]

概略[編集]

暗黒時代、ルーマニアの聖カルタ修道院でオカルトに興味を持った公爵が悪魔を召喚した。その結果ヴァラクが召喚される。しかし、ヴァチカンの使者により儀式の途中で襲撃され、失敗に終わる。キリストの血で地獄の扉を封印され、封じ込める事に成功する。 しかし大戦中に、修道院が空爆され、再び扉が開きヴァラクが復活する。以後修道院内で猛威を振るう。修道女達の犠牲は極限を迎える。そして、時は1952年、2人の修道女が暗い地下墓地の廊下を歩いていた。キリストの血で悪魔を封印しようと試みたが、1人が襲われ、もう1人の修道女にある鍵を託し犠牲となった。修道女は悪魔に憑依されない様に大罪であるが首を吊って自殺した。数日後、フレンチという青年が物資を運びに修道院に立ち寄り、遺体を発見。これによりヴァチカンが調査の為、バーク神父と見習いのシスターアイリーンを派遣する。フレンチ、バーク、アイリーンはこの修道院で起こる不可解な出来事が全てヴァラクの存在である事を突き止める。壮絶な戦いの末、途中で襲われたりしながらもなんとか地獄の扉を閉じ、ヴァラクを封じ込める事に再び成功する。(したと思った)しかしヴァラクは一瞬の隙にフレンチに憑依しており、彼の体に逆さ十字が現れた所で物語は終了する。

キャスト[編集]

アーカイブ映像による出演[編集]

製作[編集]

構想[編集]

2016年6月15日、ワーナー・ブラザース映画とニュー・ライン・シネマは『死霊館 エンフィールド事件』のスピンオフ映画を製作すると発表した。デヴィッド・レスリー・ジョンソンが脚本を執筆し、ピーター・サフランとジェームズ・ワンが製作を務めることも発表された[4]2017年2月17日、ジョンソンに代わってゲイリー・ドーベルマンが脚本を執筆することとコリン・ハーディが監督に起用されたことが報じられた[5]。『アナベル 死霊人形の誕生』の撮影中、サフランは本作が死霊館シリーズの時系列上で最初に位置する作品であり、ウォーレン夫妻とアナベル人形をめぐる物語の前日譚となると述べた[6]

キャスティング[編集]

2017年4月5日、デミアン・ビチルが本作に出演することになったと報じられた[7]。24日、タイッサ・ファーミガがタイトルロールに起用されたとの報道があった[8]。26日、ボニー・アーロンズが『死霊館 エンフィールド事件』に引き続いてヴァラクを演じると報じられた[9]。28日には、ジョナ・ブロケの出演が決まった[10]。5月1日、シャーロット・ホープが修道女ヴィクトリア役に起用されたと報じられた[11]。3日、イングリット・ビスが本作に出演するとの報道があった[12]

撮影[編集]

2017年5月3日、本作の主要撮影がルーマニアのブカレストで始まった[13]。6月にはルーマニアの国会議事堂である国民の館での撮影が行われた。なお、国民の館を貸し切るための費用として、1時間あたり5000ユーロが支払われたのだという[14]。本作の撮影はトランシルヴァニアシギショアラフネドアラフニャド城でも行われた[15]。6月23日、本作の主要撮影が終了した[16]

撮影中、ハーディ監督が心霊現象に遭遇するという一件があった[17]

公開[編集]

当初、本作は2018年7月13日に全米公開される予定だったが、後に公開日は同年9月7日に延期された[18]

2018年6月13日、本作のティーザー・トレイラーが公開された[19]

9月14日、本作の公開を記念して、死霊館シリーズの過去作品を一気に鑑賞するための上映会が新宿ピカデリーで開催される予定である[20]

騒動[編集]

8月、YouTube動画の先付け広告として製作された本作の広告動画が物議を醸した。その動画は6秒間のシンプルなものであり、音量を下げる警告が出た後に、ヴァラクが絶叫する姿が瞬間的に映し出されるというものであった。これは典型的なジャンプスケアであった。しかし、動画を初めて見た視聴者の中には、訳も分からぬままヴァラクの絶叫を大音量で聞いてしまった者が少なからずおり、SNS上で苦情の声が噴出した[21]。事態を重く見たYouTubeはその動画を規約違反で配信停止とした[22]

興行収入[編集]

本作は『God Bless the Broken Road』及び『Peppermint』と同じ週に封切られ、公開初週末に4500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[23]、実際の数字はそれを上回るものとなった。本作は6日(木曜日)のレイトショーで540万ドルを稼ぎ出したが、この数字はシリーズで最も高い数字であった[24]。2018年9月7日、本作は全米3876館で公開され、公開初週末に5380万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[25]。この数字はシリーズ最高の者であり、9月公開作としても歴代2位の数字となった[26]

評価[編集]

本作に対する批評家からの評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには104件のレビューがあり、批評家支持率は29%、平均点は10点満点で4.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『死霊館のシスター』は俳優たちの見事な演技、薄気味悪い雰囲気、練り込まれた舞台設定を売りにしているが、論理性と緊張感の欠如がその欠点である。」となっている[27]。また、Metacriticには30件のレビューがあり、加重平均値は46/100となっている[28]。なお、本作のシネマスコアはCとなっているが、これはシリーズで最も低い評価である[29]

続編の可能性[編集]

2017年8月12日、ジェームズ・ワンが本作の続編について「現時点で、続編の可能性があるかを明言することはできません。ただ、もし『死霊館のシスター』が興行的に成功を収めたなら、続編製作の話は出てくるでしょうし、ヴァラクとロレイン・ウォーレンの物語(『死霊館』と『死霊館 エンフィールド事件』で展開された物語)をどう結びつけるのかという話も出てくるでしょう。」と述べた[30]

余談[編集]

なお、2018年12月14日に『死霊のシスター』という映画のDVDが発売される。パッケージに描かれているシスターは本作に登場するヴァラクに似ているが、本作とは何の関係もない[31]

出典[編集]

  1. ^ a b The Nun”. 2018年9月12日閲覧。
  2. ^ 累計興収1350億円突破の大人気ホラー最新作「死霊館のシスター」IMAX上映決定”. 2018年8月15日閲覧。
  3. ^ 「死霊館のシスター」予告編ですべての元凶が襲い掛かる!4D上映も決定”. 2018年9月7日閲覧。
  4. ^ 'Conjuring 2' Spinoff 'The Nun' in the Works (Exclusive)”. 2017年8月17日閲覧。
  5. ^ Corin Hardy to Direct ‘Conjuring 2’ Spinoff ‘The Nun’”. 2017年8月17日閲覧。
  6. ^ How Annabelle: Creation Connects Back To The First Movie”. 2017年8月17日閲覧。
  7. ^ Demian Bichir to Star in 'Conjuring' Spinoff 'The Nun' (Exclusive)”. 2017年8月17日閲覧。
  8. ^ Taissa Farmiga to Play Titular Role in Horror Movie ‘The Nun’”. 2017年8月17日閲覧。
  9. ^ 'Conjuring 2' Actress Reprising Demon Nun for New Line's 'The Nun' (Exclusive)”. 2017年8月17日閲覧。
  10. ^ Jonas Bloquet Joins New Line’s ‘The Nun’”. 2017年8月17日閲覧。
  11. ^ 'Game of Thrones' Actor Charlotte Hope Joins New Line's 'The Nun' (Exclusive)”. 2017年8月17日閲覧。
  12. ^ ‘Toni Erdmann’ Star Ingrid Bisu Joins Horror-Thriller ‘The Nun’”. 2017年8月17日閲覧。
  13. ^ The Conjuring: Nun Spinoff Begins Filming This Week”. 2017年8月17日閲覧。
  14. ^ Scenes from new Warner Bros horror film to be shot at Romania’s famous Parliament’s Palace”. 2017年8月17日閲覧。
  15. ^ Warner Bros films horror movie in Romania”. 2017年8月17日閲覧。
  16. ^ 5:42 - 2017年6月23日 by@corinhardy”. 2017年8月17日閲覧。
  17. ^ 『死霊館のシスター』監督、撮影現場で怪奇現象に遭遇”. 2018年7月22日閲覧。
  18. ^ ‘The Nun’ Moves To Warner Bros’ New Favorite Spot On Calendar: Post-Labor Day Weekend”. 2018年3月30日閲覧。
  19. ^ ‘The Nun’: ‘The Conjuring’ Spinoff’s First Trailer Teases Unholy Scares”. 2018年6月14日閲覧。
  20. ^ 最新作『死霊館のシスター』もいち早く観られる!『死霊館』シリーズ一気見上映会が9月14日に開催”. 2018年9月5日閲覧。
  21. ^ The Nun Jump Scare Trailer Annoys YouTube Users”. 2018年9月7日閲覧。
  22. ^ 「死霊館のシスター」プロモ動画がコワすぎてYouTubeから削除”. 2018年9月7日閲覧。
  23. ^ 'The Nun' Looks to Scare Up a 'Conjuring' Universe Opening Weekend Record”. 2018年9月7日閲覧。
  24. ^ ‘The Nun’ On The Run At Thursday Night B.O. With $5.4M, Record Preview Night For ‘Conjuring’ Movie – Update”. 2018年9月7日閲覧。
  25. ^ September 7-9, 2018”. 2018年9月12日閲覧。
  26. ^ 'The Nun' Delivers 'Conjuring' Franchise Record, $131 Million Global Debut”. 2018年9月12日閲覧。
  27. ^ The Nun”. 2018年9月9日閲覧。
  28. ^ The Nun (2018)”. 2018年9月9日閲覧。
  29. ^ ‘The Nun’ Hits The Hallelujah With $50M Opening, Best Ever In ‘Conjuring’ Universe – Update”. 2018年9月9日閲覧。
  30. ^ James Wan Teases The Nun And How A Sequel Would Connect To The Conjuring”. 2017年8月17日閲覧。
  31. ^ 死霊のシスター”. 2018年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]