ザ・シューター/極大射程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・シューター/極大射程
Shooter
監督 アントワーン・フークア
脚本 ジョナサン・レムキン
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
リック・キドニー
製作総指揮 エリク・ハウサム
マーク・ジョンソン
出演者 マーク・ウォールバーグ
マイケル・ペーニャ
ダニー・グローヴァー
音楽 マーク・マンシーナ
撮影 ピーター・メンジース・ジュニア
編集 コンラッド・バフ
エリック・シアーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年3月23日
日本の旗 2007年6月1日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $61,000,000[1]
興行収入 $95,696,996[1]
テンプレートを表示

ザ・シューター/極大射程』(ザ・シューター/きょくだいしゃてい、原題:Shooter)は、2006年制作のアメリカ映画アントワーン・フークア監督作品。原作はスティーヴン・ハンターのボブ・リー・スワガー三部作の一作目、『Point of Impact』(邦題『極大射程』)。PG-12指定。

あらすじ[編集]

ボブ・リー・スワガー一等軍曹は、アメリカ海兵隊武装偵察部隊(フォース・リーコン)所属の前哨狙撃兵で、友人で観測手を務めるドニー・フェン上等兵と共にアフリカのエリトリア領内に進入して任務に就いていた。しかし、帰還中の味方部隊に武装勢力が攻撃に向ったため狙撃する。味方部隊は戦闘地域より脱出できたが、スワガーたちは孤立し、武装勢力のヘリコプターの攻撃により相棒のドニー・フェンを失う。そして、国境から深く入って作戦行動を取らされていたため、作戦本部からも見捨てられてしまう。何とか生き延びたスワガーはその後、除隊して3年後の今も心に傷を負い、山奥で隠遁生活を送っていた。

政府や軍に背を向けていたはずのスワガーだったが、その狙撃の腕を見込んで、協力を依頼してきたアイザック・ジョンソン大佐の説得に心を動かされる。ジョンソンはアメリカ大統領の暗殺計画があり、遊説先での大口径銃+強装弾と長距離精密射撃による暗殺阻止に協力して欲しいというのだ。強調される星条旗という言葉。示された名誉勲章愛国心を完全に否定しきれていなかったスワガーは、政府の要請を承諾する。そして、フィラデルフィアが狙撃に最も適している、との結論を出して見事な働きをみせる。

そして、エチオピア司教が訪問してくる遊説当日、スワガーも犯人グループの逮捕に協力するため、現場の建物にやってきた。しかし、実際に狙撃されたのは大統領ではなく司教であった。更にスワガーも背後から銃撃され、重傷を負いながら逃亡する彼に追手が迫る。

登場人物[編集]

ボブ・リー・スワガー
狙撃手としての腕は圧倒的で正確無比に標的を射止めるが、相棒あっての狙撃手[2]。また、サバイバル技術に長け、傷口の手当てやその場にあるものでサイレンサーを作ったり、圧倒的不利な状況でも市販品を調合して作成した手製爆弾で形勢逆転するなど、冷静な判断で状況に合わせた行動を取る。
ニック・メンフィス
FBIに入って数週間の新入り。
大統領の警護のため路地で警備に当たっていたところをスワガーに襲われ、銃と車を奪われた。このことでFBIに恥さらしとして責任を追及される。
その後独自に調査を進めるうちに黒幕の存在に近づきすぎたため拉致され、自白剤の投与や暴行などの拷問を受けて自殺偽装装置で暗殺されそうになるも、スワガーに助け出され協力して黒幕に立ち向かうこととなった。
大司教
エチオピアの大司教で、合衆国大統領から自由勲章を授与されるため式典に参加した。式典後にエチオピアで発生した虐殺に関して大統領と会談を行う予定だったが、大統領の演説の最中に狙撃されて死亡。
実はエチオピアで発生した石油パイプラインをめぐる虐殺にアメリカ(正確には黒幕であるアメリカ政府の一部の人間)が関わっていることを知っており、その事を大統領へ伝えようとしたために暗殺された。
ジョンソン大佐
スワガーに大統領暗殺の阻止を依頼した。政府高官や参謀本部に太いパイプを持っており、石油パイプラインの建設にも関わっている。
冷酷な人物で、味方さえも消耗品同然に扱う。
元軍人で大佐だったことは確かだが、いくつもの名前を持ち裏で様々な工作を進めているため本名を知るのも危険と言われる。
軍と深いかかわりのある巨大複合企業とも密接な関係にある。
ジャック・ペイン
ジョンソン大佐の部下。粗暴で冷酷無慈悲な性格であり、ショットガンを愛用する。
ミハイロ・セルビアック(マイケル・サンダー)
2000mの狙撃を1発でこなす狙撃手として名の上がった人物。冷酷無比でわざと狙いを外して敵を撃ち、それを助けに来た仲間を撃って犠牲者を増やす戦法をとっていた。
男女関係なく子供まで100人単位で殺したがやがて命を狙われて、廃墟ビルに追い詰められ迫撃砲とロケット弾でビルごと破壊されるも生き残った過去を持つ。
その時の後遺症か足が悪く、車椅子か松葉づえを利用している。
ミーチャム議員
モンタナ州で6期当選した上院議員。ジョンソン大佐の上司で、税関の飛行機への検査を回避させるコネを持つなど大きな権力を持つ。
ティモンズ巡査
NY市警勤続7年のベテラン警官。
窓からライフルの銃身が出ているのを見つけ、突入して暗殺事件に最初に対応したとされている。
スワガーを銃撃した事でヒーローとしてマスコミの注目を集めたが、事件の数日後に路地裏で強盗に射殺された。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ボブ・リー・スワガー マーク・ウォールバーグ 木下浩之
ニック・メンフィス捜査官 マイケル・ペーニャ 間宮康弘
アイザック・ジョンソン大佐 ダニー・グローヴァー 樋浦勉
サラ・フェン ケイト・マーラ 湯屋敦子
アローデス・ガリンドー ローナ・ミトラ 沢海陽子
ジャック・ペイン イライアス・コティーズ 佐藤祐四
ルイス・ドプラー ジョナサン・ウォーカー 飛田展男
マイケル・サンダー ラデ・シェルベッジア 大木民夫
チャールズ・ミーチャム上院議員 ネッド・ビーティ 茶風林
ドニー・フェン レイン・ギャリソン
スタンリー・ティモンズ巡査 アラン・C・ピーターソン

登場銃器[編集]

ソフト販売[編集]

2007年8月10日Blu-ray Disc版、HD DVD版、DVD版の3フォーマットで同年9月21日の発売がアナウンスされたが、Blu-ray Disc版は発売元のパラマウント映画がHD DVD一本化を表明したことで、8月21日に一旦発売中止が決定した。しかし2008年1月4日ワーナー・ブラザースがHD DVDから完全撤退しBlu-ray Discのみで発売すると発表したことからHD DVD市場が急速に縮小し、2月19日東芝がHD DVDからの撤退を発表したことでパラマウント映画もBlu-ray Discに復帰し、同年7月25日にBlu-ray Disc版が発売された。

テレビドラマ[編集]

映画に基づき、ウォールバーグを制作総指揮としたテレビドラマシリーズ『シューター』が、USAネットワークで2016年11月15日から放送されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Shooter (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月30日閲覧。
  2. ^ 軍隊における狙撃任務は狙撃手と観測手の2人1組のペアで遂行するのが一般的であるため、アメリカ海兵隊で訓練を受けたスワガーの狙撃能力は相棒(観測手)の有無に左右される側面が大きい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]