ザ・ゴールドフィンチ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ゴールドフィンチ
The Goldfinch
監督 ジョン・クロウリー
脚本 ピーター・ストローハン英語版
原作 ドナ・タート英語版
ゴールドフィンチ英語版
製作 ニーナ・ジェイコブソン英語版
ブラッド・シンプソン英語版
出演者 アンセル・エルゴート
オークス・フェグリー
アナイリン・バーナード
フィン・ウルフハード
サラ・ポールソン
ルーク・ウィルソン
ジェフリー・ライト
ニコール・キッドマン
音楽 トレバー・グレッキス
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ケリー・ディクソン
製作会社 アマゾン・スタジオ[1]
カラー・フォース英語版[1]
配給 ワーナー・ブラザース[1]
公開 カナダの旗 2019年9月8日(トロント国際映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2019年9月13日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 149分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $9,430,149[4]
テンプレートを表示

ザ・ゴールドフィンチ』(The Goldfinch)は、2019年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はジョン・クロウリー。主演はアンセル・エルゴート。共演はオークス・フェグリーアナイリン・バーナードフィン・ウルフハードサラ・ポールソンルーク・ウィルソンジェフリー・ライトニコール・キッドマンら。

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2020年8月12日にiTunesで配信された[5]

ストーリー[編集]

ゴシキヒワ英語版』(The Goldfinchカレル・ファブリティウス、1654年)

13歳の時にメトロポリタン美術館での爆発テロで母親を失ったテオドア・“テオ”・デッカーは、テロの悲劇によって人生を変えられ、高級住宅街に住む裕福な家族への元に引っ越すことになる。その後も、友情、恋愛、裏切り、ドラッグ、父親との確執など波乱万丈な人生を余儀なくされる。そんなテオの数少ない希望の1つは、爆発の後の美術館から密かに持ち出していたカレル・ファブリティウスの絵画、『ゴシキヒワ英語版』(The Goldfinch)だった。

キャスト[編集]

テオドア・“テオ”・デッカー
演 - アンセル・エルゴート、日本語吹替 - 細谷佳正
オードリーとラリーの息子。
若き日のテオ
演 - オークス・フェグリー、日本語吹替 - 東内マリ子
サマンサ・バーバー
演 - ニコール・キッドマン、日本語吹替 - 田中敦子
チャンスの妻で、一見冷淡だが、内に優しさを持つ裕福なプラット、キットシー、アンディの母親。孤児になったテオを家に迎え入れる。
ボリス・パヴリコフスキ
演 - アナイリン・バーナード、日本語吹替 - 梶川翔平
テオの親友になるウクライナ移民の息子。
若き日のボリス
演 - フィン・ウルフハード、日本語吹替 - 斎賀みつき
ザンドラ
演 - サラ・ポールソン、日本語吹替 - ニケライ・ファラナーゼ
娼婦。ラリーの元ガールフレンド。
ラリー・デッカー
演 - ルーク・ウィルソン、日本語吹替 - 森宮隆
テオの虐待的な父親で、オードリーの夫。俳優だったが落ちぶれ、現在はギャンブル依存症アルコール依存症になっている。
ジェームズ・“ホビー”・ホバート
演 - ジェフリー・ライト、日本語吹替 - 辻親八
テオの師匠。また、ピッパの法的後見人で、ウェルティーのパートナー。
ピッパ
演 - アシュリー・カミングス英語版
テオの片思いの相手。
若き日のピッパ
演 - エイミー・ローレンス
チャンス・バーバー
演 - ボイド・ゲインズ英語版
サマンサの夫で、プラット、キットシー、アンディの父親。
キットシー・バーバー
演 - ウィラ・フィッツジェラルド、日本語吹替 - 柚木尚子
テオの婚約者。また、プラットの妹・アンディの姉で、チャンスとサマンサの娘。
プラット・バーバー
演 - ルーク・クラインタンク
アンディとキットシーの兄で、チャンスとサマンサの息子。
若き日のプラット
演 - ジャック・ディファルコ
アンディ・バーバー
演 - ライアン・フォウスト、日本語吹替 - 柚木尚子
テオの学校の友達。また、プラットとキットシーの弟で、チャンスとサマンサの息子。
ルシウス・リーヴ
演 - デニス・オヘア
テオの秘密を発見した危険なアート・コレクター。
ミスター・シルヴァー
演 - ピーター・ジェイコブソン
ウェルトン・“ウェルシー”・ブラックウェル
演 - ロバート・ジョイ
ホビーのパートナー。
オードリー・デッカー
演 - ヘイリー・ウェスト
テオの母親で、ラリーの妻。

製作[編集]

2014年7月、小説の映画化権がワーナー・ブラザースラットパック=デューン・エンターテインメントに、取引を仲介するICMパートナーズと共に売却された[6]。2年後の2016年、ジョン・クロウリーが監督を務めることが決定した[7]。2017年8月、ワーナー・ブラザースアマゾン・スタジオとの契約を締結し、協調融資を行った。Amazonはプロジェクトの予算の3分の1を出資し、ワーナーの全世界での劇場公開後のAmazonプライム・ビデオでのストリーミング配給権を取得した[3]

2017年10月4日、2ヶ月のキャスティングリサーチの後、ベイビー・ドライバーでのブレイク後のアンセル・エルゴートが主人公のテオドア・“テオ”・デッカーとしてキャスティングされた[8]。同日、撮影監督のロジャー・ディーキンスバラエティに、本作が『ブレードランナー 2049』の次のプロジェクトだと明かした[9]。10月後半、アナイリン・バーナードがキャストに加わった[10]。2017年11月15日、サラ・ポールソンがキャストに加わった[11]。11月後半、トレバー・グレッキスが本作のサウンドトラックを作曲することが決定した[12]。2017年12月、ウィラ・フィッツジェラルドアシュリー・カミングス英語版がキャストに加わった[13][14]。2018年1月、ジェフリー・ライトルーク・ウィルソンフィン・ウルフハードルーク・クラインタンクがキャストに加わった[15][16][17][18]。1月後半、撮影が開始したと同時に、残りのキャストが発表された[19]

撮影[編集]

主要な撮影は、2018年1月23日にニューヨークで始まり[19][20]、残りの撮影は、2018年4月3日にアルバカーキで行われた[21]

マーケティング[編集]

映画の映像は、2019年4月2日のシネマコン英語版で初公開された[22]。2019年5月28日、本作の最初の公式画像とティーザーポスターが公開された[23][24]。翌日、最初の公式予告編が公開された[25]

封切り[編集]

本作は、2019年9月8日の第44回トロント国際映画祭で世界初上映される[26]。本作は当初2019年10月11日に公開される予定だったが、2019年9月13日に前倒しされた[27][28]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。Rotten Tomatoesでは108個の批評家レビューのうち24%が支持評価を下し、平均評価は10点中4.46点となった。サイトの批評家の見解は「『ザ・ゴールドフィンチ』は、原作を誤って扱い複雑な物語を平面化してしまい、美しい撮影までも不活性にさせてしまう。」となった[29]MetacriticのMetascoreは41個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中40点となった。サイトは本作の評価を「賛否両論または酷評」と示している[30]

興行収入[編集]

本作は『ハスラーズ』と同じ週に公開され、公開初週末に800~1200万ドルを稼ぎ出すと予想されている[31][32]

出典[編集]

  1. ^ a b c Film releases”. Variety Insight. 2018年1月28日閲覧。
  2. ^ The Goldfinch”. British Board of Film Classification. 2019年7月17日閲覧。
  3. ^ a b “Amazon Studios, Warner Bros. Teaming on ‘The Goldfinch’ (EXCLUSIVE)”. Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/film/news/goldfinch-film-amazon-warner-bros-1202531064/ 2018年4月30日閲覧。 
  4. ^ The Goldfinch (2019)”. The Numbers. 2020年7月19日閲覧。
  5. ^ ザ・ゴールドフィンチ(字幕/吹替)”. iTunes. 2020年7月19日閲覧。
  6. ^ Fleming Jr., Mike (2014年7月28日). “Warner Bros, RatPac Close Deal For Donna Tartt’s Pulitzer Winner ‘The Goldfinch’” (英語). Deadline Hollywood. http://deadline.com/2014/07/warner-bros-ratpac-close-deal-for-donna-tartts-pulitzer-winner-the-goldfinch-811281/ 2018年1月25日閲覧。 
  7. ^ Fleming Jr., Mike (2016年7月20日). “‘Brooklyn’ Helmer John Crowley To Direct Donna Tartt’s Pulitzer Novel ‘Goldfinch’”. Deadline Hollywood. http://deadline.com/2016/07/john-crowley-goldfinch-movie-brooklyn-donna-tartt-novel-warner-bros-1201789330/ 2016年7月20日閲覧。 
  8. ^ Kroll, Justin (2017年10月4日). “Ansel Elgort Offered Lead Role in ‘Goldfinch’ Adaptation” (英語). Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/film/news/ansel-elgort-goldfinch-adaptation-1202574604/ 2018年1月25日閲覧。 
  9. ^ Tapley, Kristopher (2017年10月4日). “Roger Deakins on ‘Blade Runner 2049’ and That Elusive First Oscar”. Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/artisans/awards/blade-runner-2049-roger-deakins-interview-1202579857/ 2019年7月23日閲覧。 
  10. ^ Kroll, Justin (2017年10月12日). “‘Dunkirk’ Actor Aneurin Barnard Lands Key Role in ‘Goldfinch’ Adaptation (EXCLUSIVE)” (英語). Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/film/news/aneurin-barnard-goldfinch-boris-1202587544/ 2018年1月25日閲覧。 
  11. ^ Kroll, Justin (2017年11月15日). “Sarah Paulson Joins ‘The Goldfinch’ Adaptation at Warner Bros. (EXCLUSIVE)” (英語). Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/film/news/sarah-paulson-the-goldfinch-adaptation-at-warner-bros-1202615775/ 2018年1月25日閲覧。 
  12. ^ filmmusicreporter (2017年11月27日). “Trevor Gureckis Scoring John Crowley’s ‘The Goldfinch’”. Film Music Reporter (Film Music Reporter). https://filmmusicreporter.com/2018/11/27/trevor-gureckis-scoring-john-crowleys-the-goldfinch/ 2019年7月23日閲覧。 
  13. ^ N'Duka, Amanda (2017年12月6日). “Willa Fitzgerald In Talks To Join Ansel Elgort In ‘The Goldfinch’” (英語). Deadline Hollywood. http://deadline.com/2017/12/willa-fitzgerald-ansel-elgort-the-goldfinch-movie-1202221133/ 2018年1月25日閲覧。 
  14. ^ Kroll, Justin (2017年12月18日). “Ashleigh Cummings Joins Warner Bros.’ ‘The Goldfinch’ Adaptation (EXCLUSIVE)” (英語). Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/film/news/ashleigh-cummings-warner-bros-the-goldfinch-adaptation-exclusive-1202643797/ 2018年1月25日閲覧。 
  15. ^ Kroll, Justin (2018年1月10日). “Jeffrey Wright to Play Hobie in ‘The Goldfinch’ Adaptation (EXCLUSIVE)” (英語). Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2018/film/news/jeffrey-wright-the-goldfinch-adaptation-1202659241/ 2018年1月25日閲覧。 
  16. ^ “Luke Wilson Joins Ansel Elgort in 'The Goldfinch' (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/luke-wilson-joins-ansel-elgort-goldfinch-1073845 2018年1月25日閲覧。 
  17. ^ “'Stranger Things' Star Finn Wolfhard Joins Ansel Elgort in 'The Goldfinch' (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/stranger-things-star-finn-wolfhard-joins-ansel-elgort-goldfinch-1074809 2018年1月25日閲覧。 
  18. ^ Kroll, Justin (2018年1月19日). “Luke Kleintank Joins ‘The Goldfinch’”. Variety. Variety Media, LLC. 2018年4月16日閲覧。
  19. ^ a b “Filming is Underway on Warner Bros. Pictures and Amazon Studios’ Powerful Drama "The Goldfinch"” (英語). BusinessWire. (2018年1月23日). https://www.businesswire.com/news/home/20180123006389/en/Filming-Underway-Warner-Bros.-Pictures-Amazon-Studios 2017年1月24日閲覧。 
  20. ^ Torres, Libby (2018年1月26日). “Tartt House Film: The Goldfinch Begins Shooting in the Village”. Bedford+Bowery. http://bedfordandbowery.com/2018/01/tartt-house-film-the-goldfinch-begins-shooting-in-the-village/ 2018年4月30日閲覧。 
  21. ^ Grant, Justina (2018年4月2日). “Warner Bros. movie of best-selling book brings production to Albuquerque”. Deadline Hollywood. https://www.bizjournals.com/albuquerque/news/2018/04/02/warner-bros-movie-of-bestselling-book-brings.html 2018年4月30日閲覧。 
  22. ^ “‘The Goldfinch’ Adaptation First Look Promises Faithful Treatment of Donna Tartt’s Beloved Novel”. IndieWire. (2019年4月2日). https://www.indiewire.com/2019/04/the-goldfinch-adaptation-first-look-1202055470/ 2019年5月29日閲覧。 
  23. ^ “See exclusive trailer, first photos of Ansel Elgort and Nicole Kidman in 'The Goldfinch'”. (2019年5月28日). https://www.usatoday.com/story/life/movies/2019/05/28/the-goldfinch-exclusive-first-look-ansel-elgort-nicole-kidman-star/1249134001/ 2019年5月29日閲覧。 
  24. ^ “The Goldfinch Movie Poster Tells the Story of a Stolen Life”. (2019年5月28日). https://www.comingsoon.net/movies/news/1071155-the-goldfinch-movie-poster 2019年5月29日閲覧。 
  25. ^ “THE GOLDFINCH - Official Trailer 1”. (2019年5月29日). https://www.youtube.com/watch?v=IcG06hZooHM 2019年5月29日閲覧。 
  26. ^ Lang, Brent (2019年7月23日). “Toronto Film Festival: ‘Joker,’ ‘Ford v Ferrari,’ ‘Hustlers’ Among Big Premieres”. Variety. 2019年7月23日閲覧。
  27. ^ McNary, Dave (2017年11月30日). “‘Shaft’ Sequel and Ansel Elgort’s ‘Goldfinch’ Get 2019 Release Dates” (英語). Variety (Variety Media, LLC). https://variety.com/2017/film/news/shaft-ansel-elgort-goldfinch-2019-1202626592/ 2018年1月25日閲覧。 
  28. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年3月22日). “Warner Bros. Release Date Changes: ‘The Goldfinch’ Goes Earlier In Fall, ‘Superintelligence’ Shifts & Ben Affleck Drama Dated”. Deadline Hollywood. 2019年3月22日閲覧。
  29. ^ The Goldfinch (2019)”. Rotten Tomatoes. 2019年9月9日閲覧。
  30. ^ The Goldfinch reviews”. Metacritic. 2019年9月9日閲覧。
  31. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年8月26日). “Can ‘Hustlers’ Really Deliver Record $26M Live-Action Opening For Jennifer Lopez & STX? – Box Office Forecast”. Deadline Hollywood. 2019年8月26日閲覧。
  32. ^ McClintock, Pamela (2019年8月22日). “Jennifer Lopez's 'Hustlers' Tracking for $24M Debut”. The Hollywood Reporter. 2019年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]