サンピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Greek Sampi 2 shapes.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

Ϡ, ϡ(サンピ、ギリシア語: σαμπί)は使われなくなったギリシア文字の一つ。現在は数字の900としてのみ用いられる。

音素文字としての使用[ソースを編集]

紀元前6世紀から5世紀のアナトリア半島イオニア方言で、後のイオニア方言ではσσ(ss)と書かれる場所にTのような形の文字(Ͳ)が使われている。例: ΕΛΑͲΟΝΟΣ (ἐλάσσονος)「より小さい(属格)」、 ΤΕͲΑΡΑϘΟΝΤΑ (τεσσαράκοντα)「40」[1]。また、ギリシア語が借用した非ギリシアのエーゲ文明の言語にもこの音があったようであり、借用語や固有名詞にこの字が出現する。例: ΘΑΛΑͲΗΣ (θαλάσσης)「海(属格)」、ΑΛΙΚΑΡΝΑͲΕΩΝ (Ἁλικαρνασσέων)ハリカルナッソス人(複数属格)」[1]

キュプロス文字で書かれたアルカディア方言でも単なる/s/とは異なる文字を使用しており、おそらく破擦音だった[2]

歴史的にはギリシア祖語で *k(ʷ)(ʰ)y, *t(ʰ)y, *tw に由来する音がまず/tʃ/ないし/ts/のような音に変化し、「Ͳ」はこの音を表していると考えられる。後にアッティカボイオーティアクレタ島の方言では「ττ」(tt)、それ以外の方言では「σσ」(ss)に変化した[1][2]

文字の起源は不明だが、/ts/という音を表した点から考えれば、フェニキア文字のツァデに由来するかもしれない。ただし、ツァデならば本来「Π」の後ろに置かれるはずで、数字としてのサンピがΩの後に置かれて900を表す点は異なる[1]。フェニキア文字ツァデに由来する文字としては、Σ(シグマ)と同じ/s/を表すために一部の地域で使われたϺ(サン)があるが、この文字との関係は明らかでない。

用例[ソースを編集]

壺に描かれたヘラクレスネッソス

紀元前7世紀末のものという壺にはネッソスの名前が「ΝΕΤΟΣ」と書かれている。通常のギリシア語では「Νεσσος」であるため、この「Τ」は実際には Ͳ のつもりであったとする説がある[3]

より確実なものとしては、エフェソス出土の紀元前7世紀から6世紀前半の刻文に数字の4と40を「ΤΕͲΑΡΕΣ」(=τέσσαρες)、「ΤΕͲΑΡΑϘΟΝΤΑ」(=τεσσαράκοντα) と書いた例がある[4]

数字としての使用[ソースを編集]

€-型のサンピ

通常の文字として使われなくなった「Ͳ」は、おそらく数字の900を表し「サンピ」の名で呼ばれる文字(ϡ)として生きのこった[1]

サンピという名称はビザンチン時代につけられたもので、おそらく ὧς ἂν πῖ 「ピーΠのような」という意味である[1]。「ディシグマ」という別名がある。現在の字形も文字の名称も中世以降のもので、本来の文字名称は不明である。

ゴート文字では「↑」のような形をしており、数字900としてのみ使用される。文字名称は存在しない。キリル文字で900を表す「Ѧ」は、[ẽ]を表す文字であった[5]

符号位置[ソースを編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ϡ U+03E0 - Ϡ
Ϡ
ϡ U+03E1 - ϡ
ϡ
数字
Ͳ U+0372 - Ͳ
Ͳ
ͳ U+0373 - ͳ
ͳ
古代の字形

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Allen (1987) pp.60-61
  2. ^ a b Woodard (2004) p.658,661
  3. ^ Alan L. Boegehold (1962). “The Nessos Amphora-A Note on the Inscription”. American Journal of Archaeology 66 (4): 405-406. JSTOR 502029. 
  4. ^ F.W.G. Foat (1906). “Fresh Evidence for Ͳ. The Journal of Hellenic Studies 26: 286-287. https://archive.org/stream/journalofhelleni26soci#page/286/mode/2up. 
  5. ^ Allen (1987) p.47

参考文献[ソースを編集]

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (Third ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558. 
  • Roger D. Woodard (2004). “Greek Dialects”. The Cambridge Encyclopedia of the World's Ancient Languages. Cambridge University Press. pp. 650-672. ISBN 9780521562560.