サンダー・アンド・ライトニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンダー・アンド・ライトニング
シン・リジィスタジオ・アルバム
リリース
録音 1982年
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間
レーベル ヴァーティゴイギリスの旗
ワーナー・ブラザース・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース クリス・タンガリーディス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス)[1]
  • 10位(ノルウェー)[2]
  • 12位(スウェーデン)[3]
  • 40位(オランダ)[4]
  • 159位(アメリカ)
  • シン・リジィ アルバム 年表
    反逆者
    (1981年)
    サンダー・アンド・ライトニング
    (1983年)
    ラスト・ライヴ
    (1983年)
    テンプレートを表示

    サンダー・アンド・ライトニング』(Thunder and Lightning)は、アイルランド出身のハードロックバンドシン・リジィ1983年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては、12作目にして最後の作品となった。

    解説[編集]

    タイガース・オブ・パンタンジョン・サイクスを迎えて録音された。サイクス自身の発言によれば、彼がバンドに加入したのは、ちょうど本作のレコーディングが始まる時期で、既に収録曲のほとんどが作曲されており、サイクスはスタジオの中で「コールド・スウェット」を書いたという[5]

    イギリスでは、1981年11月27日のライヴ音源4曲を含むEPと抱き合わせた限定盤もリリースされた[6]。本作からは、「コールド・スウェット」(全英27位[1])、「サンダー・アンド・ライトニング」(全英39位[1])、「夕暮れにて」(全英52位[1])がシングル・ヒットした。

    バンドは、本作の発表に合わせてフェアウェル・ツアーを行う。そして1983年9月になると、ライノットはサイクスやブライアン・ダウニーと共にThree Musketeersというプロジェクトを立ち上げて北欧ツアーを行った[7]

    収録曲[編集]

    1. サンダー・アンド・ライトニング - "Thunder and Lightning" (Brian Downey, Phil Lynott) - 4:55
    2. ディス・イズ・ザ・ワン - "This Is the One" (P. Lynott, Darren Wharton) - 4:02
    3. 夕暮れにて - "The Sun Goes Down" (P. Lynott, D. Wharton) - 6:18
    4. 聖なる戦い - "The Holy War" (P. Lynott) - 5:13
    5. コールド・スウェット - "Cold Sweat" (P. Lynott, John Sykes) - 3:06
    6. ヒット・バック - "Someday She Is Going to Hit Back" (B. Downey, P. Lynott, D. Wharton) - 4:05
    7. ラヴ・アウェイ - "Baby Please Don't Go" (P. Lynott) - 5:11
    8. バッド・ハビッツ - "Bad Habits" (Scott Gorham, P. Lynott) - 4:05
    9. ハート・アタック - "Heart Attack" (S. Gorham, P. Lynott, D. Wharton) - 3:38

    カヴァー[編集]

    • サンダー・アンド・ライトニング
      • 屍忌蛇 - カヴァー・アルバム『STAND PROUD! ALL FOR HEAVY METAL』(1998年)に収録。
    • コールド・スウェット

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]