ゴッド (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴッド
ジョン・レノン楽曲
収録アルバム ジョンの魂
リリース 1970年12月11日
録音 1970年9月26日10月9日アビー・ロード・スタジオ&アスコット・サウンド・スタジオ)
ジャンル ロック
時間 4分09秒
レーベル アップル
作詞者 ジョン・レノン
作曲者 ジョン・レノン
プロデュース ジョン・レノン、オノ・ヨーコフィル・スペクター
ジョンの魂 収録曲
Side 1
  1. マザー
  2. しっかりジョン
  3. 悟り
  4. 労働階級の英雄
  5. 孤独
Side 2
  1. 思い出すんだ
  2. ラヴ(愛)
  3. ウェル・ウェル・ウェル
  4. ぼくを見て
  5. ゴッド
  6. 母の死

ゴッド」(God)は、1970年に発表されたジョン・レノンの楽曲。ビートルズ解散後初のソロ・アルバム『ジョンの魂』のハイライトとして収録されている。ビートル(※ビートルズのメンバーという意味)としての自分自身に決別し、ソロ・シンガー、ジョン・レノンの誕生宣言とも言える作品。

は私たちの苦痛を計る観念に過ぎない」と主張し、魔法易経聖書タロットヒトラーイエス・キリストジョン・F・ケネディ仏陀マントラ(お経)、ギーターヨガエルヴィス・プレスリー、ジマーマン(ボブ・ディラン)、果てはビートルズさえも、「僕は信じない」と歌われる。そこでブレイクを挟み、終盤は「僕はヨーコと自分を信じる」「愛する友よ、頑張っていこう、夢は終わった」と歌われる。センセーショナルな歌詞は当時話題となった。

収録アルバム[編集]

別テイク[編集]

オマージュ[編集]

  • U2の『魂の叫び』(1988年)収録曲「ゴッド・パート2」の歌詞は、ジョンの「ゴッド」に影響を受けており、歌詞カードにも「-for John Lennon」と記されている。悪魔、強制立ち入り、コカイン、物議を醸したレノンの伝記を書いたアルバート・ゴールドマン等の様々な事象を「信じない」と列記し、「ただ愛を信じる」とボノが力強く歌う。
  • 宮沢和史率いるGANGA ZUMBAの『UM』(2007年)の初回限定盤に付いているボーナスCDには、「God Part III」という曲がある。こちらは、様々な事象を「信じない」と列記し、ただロックンロールを信じるという内容。
  • ブライアン・メイは、1993年のライヴで、歌詞を変えてこの曲を歌った。1991年にフレディ・マーキュリーが亡くなり、自分が独り立ちしていく心境を、この曲に重ねたと思われる。ただし、ライヴ盤『ライヴ・アット・ザ・ブリクストン・アカデミー』には収録されなかった。