RCA端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンポジット端子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
RCA端子の使用例。コンポジット映像信号(黄色)とステレオ音声信号(赤・白)

RCA端子(RCAたんし)とは電気信号をやりとりする端子の一種である。映像音響機器などに広く用いられており、据置型の民生用機器では特に断りがない限り、アナログの映像端子・音声端子はRCA端子であることが多い。この名称は、1930年代に電気蓄音機等向けにこのプラグの原形を開発した、アメリカの大手家電メーカーRCAに由来する。ピン端子、三色端子ピンプラグピンジャックとも呼ぶ。

構造[編集]

形状としては、オス側のプラグは中心に金属の棒(ピン)があり、切り込みの入ったリング状の金属板がそれを囲っている。メス側のソケットはピンを差し込む穴の周りを金属のリングが覆っている。接続すると、オスのリングがメスのリングを挟み込む形になる。従来は剥き出しのリングに四方の切り込みが入ったものが多く用いられたが(通称「チューリップ」)、現在は小さな切り込みが1か所だけで、先端数ミリを除いてプラスチックでカバーされた形状が主流となっている。

ピンは信号線、リングはグランド線である。この構造上、接続時は信号線がグランド線よりも先に接触してしまうので、雑音等の影響を受けやすい機器を接続する際は事前に相互の電源を切っておくなどの対処が必要である。

配線を容易にするため用途ごとに色分けされているが、基本的に構造の差はなく、コンポジットケーブル(黄色)3本をコンポーネントケーブルとして使うことなども可能である。ただしアナログ音声用などの廉価なケーブルは規格インピーダンスの75Ω(オーム)を守っていない場合があり、そうしたケーブルを転用すると画質・音質が下がったり、機器の安定性を悪化させたりする恐れがある(インピーダンス整合を参照)。

用途ごとの色分け[編集]

ステレオ音声端子の登場以降、複数のケーブルを正しく配線しやすいよう、各ケーブルの用途ごとに端子が色分けされるようになった。オス側はカバーに、メス側は穴の周り(外部導体と芯線を隔てる絶縁部)に色が付く。ただし、業務用機器では全て黒色としていることが多い。

この色分けはコンシューマー エレクトロニクス アソシエーション (CEA) によって以下のように規格化されている[1]。なお、モノラル音声の旧式テレビなどについては、音声端子を白色とするものも多い。

アナログ音声信号 モノラル  
ステレオ  
ステレオ右  
センター  
サラウンド  
サラウンド右  
サラウンドリア左  
サラウンドリア右  
サブウーファー  
デジタル音声信号 S/PDIF  
テレビ電波信号 RF  
コンポジット映像信号 CVBS  
コンポーネント映像信号 G Y  
B Cb/Pb  
R Cr/Pr  

他の規格との比較[編集]

RCA端子は1つの信号ごとに1本のケーブルが必要である。これに対し、SCART端子HDMI任天堂ゲーム機用のケーブル(テレビ側はRCA端子)、ソニーAVマルチなどは音声と映像を1本で伝送できる。

コンポーネント映像信号を伝送する場合、RCA端子では三本1組(音声を除く)での伝送となる。 D端子ではこれらの信号を1本のケーブルにまとめ、さらに画角情報も送ることができる利点があるが、各信号線が近接しているために相互の信号に影響を及ぼし、RCA端子のコンポーネント接続に比べると多少画質が劣るとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]