Apple Display Connector

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ADCコネクタ

Apple Display Connector(アップル ディスプレイ コネクタ)はアップルコンピュータが過去に採用していたコンピュータディスプレイの接続方式の一つ。ADCと略して表記される。

2000年Power MacG4とPower Mac G4 Cubeから搭載された。電源、映像信号、USB信号を一本のケーブルにまとめることでデスクトップをすっきりさせる目的で採用していた。従来のADBキーボードのように、ディスプレイの電源ボタンからシステムの電源を入れたり、スリープさせることが可能である。

DVIと信号に互換性があり、変換アダプタが市販されているが2016年現在では該当商品のプレミア化に伴う高騰[1]のため、非常に手が出しづらい状況にある。

当時は理不尽な高価格と作業スペースを占有する純正変換アダプタを嫌い、サードパーティー製品で賄うユーザーも少なからず存在した[2]

また、流用のためにディスプレイ側を汎用のDVIへ改造した例もある[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中古Mac モニター変換アダプタ販売 -Macパラダイス-
  2. ^ ADC to DVI 変換アダプター【Dr.BottのADC-DVI.Extractor】【今回の無駄遣い指数・・・30%】
  3. ^ Apple Chinema Display (20インチ) DVI-D化】

外部リンク[編集]