コメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コメン市
Karte Komen si.png
面積: 102,7km²
市長: ウロシ・スラミチ
Uroš Slamič
人口
 - 男性
 - 女性
3.515人
1.731人
1.784人
平均年齢: 40,09歳
住宅区域:
 - 世帯数:
 - 家族数:
37,35m²/人
1.210
1.003
労働者:
 - 失業者:
1.627人
177人
平均月収 (2003年8月):
 - 総計:
 - 正味:
 
235,629SIT
150,970SIT
大学生徒数: 133人
スロベニア共和国統計局、 2002年度の国勢調査より(*印の項目を除く)

コメンKomen, イタリア語Comeno, ドイツ語Komein)はスロベニアの市。

歴史[編集]

中世ではフリウーリ公国の一部だったが、13世紀ゴリツィア伯国に含まれた。

コメンが記録に初めて現れたのは1247年である。1500年に全ての地域は支配下に置かれ、1918年までゴリツィアとグラディスカ伯国に含まれた。

第一次世界大戦の間、地方自治体の西部はイゾンツォの戦いで破壊された。第一次世界大戦が終わった1918年11月イタリア軍に占領され、1920年ラパッロ条約イタリアに併合された。

1944年2月15日にコメンの村はパルチザンの抵抗活動に対する報復としてナチス・ドイツの軍に焼き払われた。生き残った住人は強制的にバイエルンに移住させられ、第二次世界大戦後に彼らは戻ってきた。

1947年ユーゴスラビアの一部になり、1991年スロベニアの独立に伴いスロベニア共和国の一部になった。

外部リンク[編集]