コゴメウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コゴメウツギ
Stephanandra incisa 7.JPG
福島県会津地方 2008年5月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : シモツケ亜科 Spiraeoideae
: コゴメウツギ属 Stephanandra
: コゴメウツギ
Stephanandra incisa
学名
Stephanandra incisa (Thunb.) Zabel
和名
コゴメウツギ(小米空木)

コゴメウツギ(小米空木、学名:Stephanandra incisa)は、バラ科コゴメウツギ属落葉低木

特徴[編集]

樹形の高さは2.5mになり、よく分枝し、主幹の先端は下に垂れる。若いは紅褐色を帯び、軟毛がある。は、長さ3-7mmの葉柄をもって枝に互生し、形は三角状広卵形。葉の先端は尾状に伸びて尖り、基部は心形または切形になり、葉身は長さ2-6cm、幅1.5-3.5cmになる。葉の表面は無毛で、裏面に5-7対の側脈があり、脈上には軟毛が密に生える。縁は羽状に中・浅裂し、裂片は重鋸歯になる。

花期は5-6月。今年枝の先端または葉腋から花序軸を伸ばし、円錐状または散房状の花序をつくり、径4-5mmの黄白色の5弁花を多数咲かせる。裂片は長さ2mmで5個、花弁は萼裂片より長い。雄蕊は10本あり、花弁より短く、雌蕊は1個で直立する。果実は長さ2-3mmの袋果となり、基部には萼が残る。

和名の由来は、花序のようすがが砕けた小米に見立てたことによる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、低山地にふつうに生育する。世界では朝鮮、中国、台湾に分布する。

下位分類[編集]

  • シマコゴメウツギ Stephanandra incisa (Thunb.) Zabel var. macrophylla Hid.Takah.

ギャラリー[編集]

樹形 

参考文献[編集]