ココ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 ココ島国立公園
コスタリカ
 ココ島
 ココ島
英名 Cocos Island National Park
仏名 Parc national de l'île Cocos
面積 46.6km2
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II(国立公園)
登録基準 (9),(10)
登録年 1997年
拡張年 2002年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ココ島(ココとう、: Coco Island、別名ココス島: Cocos Island西: Isla del Coco:イスラ・デル・ココ)は、中米コスタリカ。コスタリカ本土から南西550Km、東太平洋上に浮かぶ孤島である。

面積46.6km2、火山島で最高地点が634mである。断崖絶壁が取り囲み、年間降水量は7,000mmにも及び、熱帯雨林に覆われ、豊かな動植物が数多く残る。島の海域には数多くの海洋生物が生息しダイビング・スポットとしてでも知られている。現在ココ島は国立公園に指定され、世界遺産に登録されている。

無人島だったが、現在では、この国立公園の管理者が島に住んでいる。また、1999年以来、アメリカ合衆国とコスタリカとの、コロンビア計画に基づいた麻薬撲滅作戦のため、米軍が駐留している。

島名はココヤシの意味からで、島にココヤシの実が生っていたから名付けられた。

1526年スペイン人joan cabezaslにより発見された。1684年から1821年の間に海賊達が島で財宝を隠したと言われ、後にトレジャーハンター達が海賊が隠した財宝を求めて島で探索されて来たが、未だに発見されていない。ココ島は1978年国立公園になり、1997年にはユネスコ自然遺産になった。

小説及び映画『ジュラシック・パーク』シリーズの恐竜が生息する架空の島、ソルナ島とヌブラル島はココ島がモデルだと言われている。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

外部リンク[編集]