バショウカジキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バショウカジキ
Istiophorus platypterus.jpg
バショウカジキ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : カジキ亜目 Xiphioidei
: マカジキ科 Istiophoridae
: バショウカジキ属 Istiophorus
: バショウカジキ I. platypterus
学名
Istiophorus platypterus
(Shaw and Nodder,1792)
英名
Indo-Pacific sailfish

バショウカジキ(芭蕉梶木)、学名 Istiophorus platypterus は、スズキ目マカジキ科に属する魚の一種。長大な背鰭が特徴のカジキである。釣りの対象として人気があり、食用にもなる。

日本での地方名はビョウブサシ(富山・石川)、ミノカジキ(神奈川)、スギヤマ(三重・和歌山)、バショウ、バンバ(高知)、バレン(山口・福岡)、ハウオ(長崎)、アキタロウ、ゲンバ(鹿児島)など数多い[1][2][3]

特徴[編集]

成魚は全長3.3mに達する。体は他のカジキ類同様に上顎が伸び、前後に細長い紡錘形の体型だが、他種に比べて第一背鰭が大きく発達する。体は他種に比べて側扁し、小さく細長いに覆われる。吻は長いがマカジキメカジキほどではない。両顎には小さな歯がある。腹鰭は細長く、吻とほぼ同じ長さになる[1][2][4][5][6]

生態[編集]

船の帆のように見える背びれ
コスタリカで。

インド太平洋亜熱帯熱帯海域に広く分布する。日本近海では東北地方以南に分布するが、北海道南部でも稀に見られる[1][7]

カジキ類の例に漏れず外洋回遊性だが、カジキの中では最も沿岸に近づく性質がある。単独か、数尾ほどの小さな群れで行動する。食性は肉食性で、イワシアジカツオなどの魚やイカ類を捕食する[1][6]。高速遊泳を行うことで知られるカジキ類の中でも最も速く泳ぎ、水中最速の動物である。その速度は54ノット(100km/h)を超えるといわれていた。実際にバショウカジキの遊泳スピードを海で計測した科学論文では平均で2km/h程度であり、発信機を取り付けて追跡した実験でも最高で8km/h程度である。(その動物が本当に最大パフォーマンスを発揮しているのか、客観的な判断ができないため真の最高速度かどうかは不明である。)[8]

第一背鰭は普段は折りたたまれて目立たないが、背鰭を水面上に広げて泳ぐことがある。その他、獲物を追って急旋回する時などにも大きく広げる。のように広がることから英語では"Sailfish"と呼ばれ、日本語では、まっすぐな葉脈のあるバショウの葉に例えられる[1][5]

日本近海産のものは4月-8月にフィリピン東方海域で産卵する。幼魚は第一背鰭と第二背鰭が連続しているが、成長につれ小さな第二背鰭が分離する[1][6]

利用[編集]

大西洋産 I. albicans

カジキの中でも沿岸に出現しやすいことから、トローリングの対象として人気がある。南シナ海を中心に台湾、フィリピン、マレーシアなどで釣ることができる。漁業面ではマグロ延縄突きん棒定置網等で漁獲される[1][5][6]。鹿児島県沿岸の呼称「アキタロウ(秋太郎)」は秋に多く漁獲されることに因る。水揚げ後の処理によって鮮度が大きく変わるため、漁師は吻を掴んで頭部を一撃し、速やかに締めの作業を行う[3]

肉は繊維質が強く脂肪の少ない赤身である。味はマカジキ、クロカジキシロカジキメカジキに劣るが、夏・秋が旬とされている。刺身塩焼き唐揚げなどで食べられる[1][6]

飼育[編集]

沿岸に寄ることが少なく、高速で遊泳するため捕まえづらいこと、身体は傷つきやすく、輸送が難しいことなどから飼育は非常に難しい。 日本国内では2008年と2009年にアクアマリンふくしまによる飼育・展示がなされたのみ。 同館では2008年に予備水槽で約2週間の飼育に成功、2009年に展示水槽で約2か月の飼育に成功した[9]東京都葛西臨海水族園でも、鹿児島の定置網[10]へ出向き、幼魚採集と餌付け[11]を行う等、飼育に挑戦している。

同属種[編集]

大西洋産は別種 Istiophorus albicans (Latreille,1804) とされ、この2種のみでバショウカジキ属を構成する。こちらも釣りの対象として人気があり、フロリダメキシココスタリカなどのカリブ海沿岸で釣りの愛好者が多い[7]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 蒲原稔治著・岡村収補訂『エコロン自然シリーズ 魚』1966年初版・1996年改訂 保育社 ISBN 4586321091
  2. ^ a b 井田齋他『新装版 詳細図鑑 さかなの見分け方』2002年 講談社 ISBN 4062112809
  3. ^ a b 本村浩之監修 いおワールドかごしま水族館『鹿児島の定置網の魚たち』2008年
  4. ^ 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』1948年初版・2000年重版 北隆館 ISBN 4832600427
  5. ^ a b c 檜山義夫監修『野外観察図鑑4 魚』1985年初版・1998年改訂版 旺文社 ISBN 4010724242
  6. ^ a b c d e 『世界文化生物大図鑑 魚類』(解説 : 中村泉)2004年改訂新版 世界文化社 ISBN 4418049037
  7. ^ a b Istiophorus platypterus/Istiophorus albicans - Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2009. FishBase. World Wide Web electronic publication. version (11/2009)
  8. ^ 渡辺佑基「マグロは時速100キロで泳がない」
  9. ^ バショウカジキを展示”. 2018年6月1日閲覧。
  10. ^ 続・新たな視点で見てみると(41)あこがれのアキタロウ”. 2018年6月1日閲覧。
  11. ^ 写真でふりかえる25年”. 2018年6月1日閲覧。