グアナカステ保全地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 グアナカステ保全地域
コスタリカ
A Guanacaste view.jpg
英名 Area de Conservación Guanacaste
仏名 Zone de conservation de Guanacaste
面積 1470 km2
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II, IV
登録基準 (9), (10)
登録年 1999年
拡張年 2004年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

グアナカステ保全地域(Area de Conservación Guanacaste)は、コスタリカの保全地域の一つである。コスタリカは、全国の国立公園自然保護区を11の保全地域にグループ分けして管理を行うSINAC(Sistema Nacional de Areas de Conservación de Costa Rica)という制度を導入しているが、グアナカステ保全地域は、そのうちコスタリカ北西部グアナカステ州一帯に位置する保全地域である。1989年8月16日に設定され、1994年にはフンキリャル湾国立野生生物保護区が加わった。

1999年には、保全地域内のグアナカステ国立公園、サンタ・ロサ国立公園(海域を含む)、リンコン・デ・ラ・ビエハ火山国立公園、フンキリャル湾国立野生生物保護区、オリソンテス試験森林がユネスコ世界遺産リストに登録され、2004年にはサンタ・エレナ地区が拡大登録された。

世界遺産登録対象[ソースを編集]

グアナカステ国立公園[ソースを編集]

グアナカステ国立公園(Parque Nacional Guanacaste)は、コスタリカ北部にある国立公園である。オロシ火山Orosí Volcano)やカカオ火山Cacao Volcano)の斜面から、パンアメリカンハイウェイまで広がっており、そこでサンタ・ロサ国立公園に接している。

設定されたのは1989年のことで、その一因となったのはダニエル・ハント・ジャンゼンが展開したキャンペーンと資金集めである。それによって、乾燥帯の森林と熱帯雨林との間を多くの種が季節ごとに行き来できるようになったのである。公園は約 340 km2 で、140種の哺乳類、300種以上の鳥類、100種の両生類爬虫類、10,000種以上の昆虫の棲息が確認されている。

最も近い都市は北西のラ・クルスLa Cruz)である。公園内にはグアナカステ保全地域の本部の他、研究拠点(station)が複数存在している。そのうちピティリャ(Pitilla)は公園の北東端に、カカオ(Cacao)はカカオ山南西の斜面に、マリトサ(Maritza)はカカオ、オロシ両火山の近くに、それぞれ位置している。

リンコン・デ・ラ・ビエハ火山国立公園[ソースを編集]

リンコン・デ・ラ・ビエハ火山国立公園(Parque Nacional Volcán Rincón de la Vieja)は、1973年11月16日に設定された国立公園で、面積は 142 km2 である。コスタリカの北西部に位置し、リンコン・デ・ラ・ビエハ山Rincón de la Vieja)とサンタ・マリア火山Santa María Volcano)という二つの火山を抱えており、休火山であるチェロ・フォン・ゼーバッハ山Cerro Von Seebach)も存在している。国立公園内での最後の噴火はリンコン・デ・ラ・ビエハ山のもので、1998年のことだった。

最も近い都市は公園の南に位置するリベリア市である。公園内には観光案内用の二つの拠点サンタ・マリア(Santa Maria)とパイラス(Pailas)があるが、どちらも公園の南側にある。

公園内は野生生物が多く、鳥類はヒゲドリキバシミドリチュウハシ (Aulacorhynchus prasinus)、あるいはケツァールホウカンチョウワシなど300種以上が棲息している。主な哺乳類としては、クーガーキンカジュージャガーサルなどが挙げられる。

サンタ・ロサ国立公園[ソースを編集]

グアナカステに棲息するノドジロオマキザル
フンキリャル湾

サンタ・ロサ国立公園(Parque Nacional Santa Rosa)はコスタリカ北西部の国立公園で、東端にはパンアメリカンハイウェイがあり、向い側にグアナカステ国立公園がある。中心地は、グアナカステ州リベリア市の北方36 km に位置している。

設立は1971年のことで、元々はサンタ・ロサの戦いBattle of Santa Rosa)の戦場を保護する目的で設定されたが、当初から史跡だけでなく、サバナ落葉樹林湿原マングローブなども保護対象に含んでいた。面積は約 495 km2 で、コヨーテペッカリーバクハナグマCoati)等の多様な種が棲息している。サルの仲間としてはアカクモザルAteles geoffroyi)、マントホエザルAlouatta palliata)、ノドジロオマキザルCebus capucinus)という3つの種が棲息している。そのほか、ウミガメリクガメの種類も豊富である。なお、ジャガランディオセロットピューマジャガーなどネコ科の動物も棲息してはいるが、目撃されることは稀である。

世界遺産登録対象には陸上部分だけでなく、海域部分も含まれている。

フンキリャル湾国立野生生物保護区[ソースを編集]

フンキリャル湾国立野生生物保護区(Bahia Junquillal National Wildlife Refuge)は、熱帯性や亜熱帯性の乾燥した森林および湾岸のマングローブ林を保護することを目的に、1995年に設定された保護区である。

オリソンテス試験森林[ソースを編集]

オリソンテス試験森林(Horizontes Experimental Forest)は、グアナカステ保全地域内に設定された自然保護区で、農地に転用された地区を再び乾燥した熱帯林(dry tropical forest)に戻す方法を模索することを目的として、試験的な森林回復計画が進められている地区である。

サンタ・エレナ地区[ソースを編集]

サンタ・エレナ地区(Santa Elena Sector)は、グアナカステ保全地域内に存在する細長い地域である。公有地でないが、2004年に地主たちと政府当局が合意に達したことから、世界遺産の登録対象に含まれた[1]

IUCNカテゴリー[ソースを編集]

3つの国立公園のIUCNカテゴリーはII(国立公園)、フンキリャル湾野生生物保護区はIV(種と生息地保護区)、オリソンテス試験森林とサンタ・エレナ地区はUNEPのサイトに記載がないので未詳である[1]

登録基準[ソースを編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]