コンテンツにスキップ

ゲディミナス・バグドナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲディミナス・バグドナス
Gediminas Bagdonas
基本情報
本名 Gediminas Bagdonas
ゲディミナス・バグドナス
愛称 バグ
生年月日 (1985-12-26) 1985年12月26日(38歳)
国籍  リトアニア
身長 185cm
体重 78kg
選手情報
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
オールラウンダー
アマチュア経歴
2005–2006
2010
2020
チーム・クライペダ
PWCアリプラスト
クライペダ
プロ経歴
2007
2008
2009
2011–2012
2013-2019
クライペダ・スプレンディド
ウラン
チーム・ピエモンテ
アンポスト・ショーンケリー
AG2R・ラ・モンディアル
主要レース勝利
リトアニア選手権タイムトライアル(2007,2011,2018,2019)
リトアニア選手権ロード(2012,2018,2020)
トリプティク・デ・バハージュ(2007)
最終更新日
2020年8月25日

ゲディミナス・バグドナス(Gediminas Bagdonas、1985年12月26日 - )は、リトアニアシャウレイ出身の自転車競技ロードレース)選手。2020年現在は、チーム・クライペダに所属。

来歴[編集]

アマチュア[編集]

ジュニアカテゴリーでは、2003年にトラックのヨーロッパ選手権団体追い抜きで銅メダルを獲得。U23カテゴリーに上がった2005年2006年は、シマス・コンドロタスイグナタス・コノヴァロヴァスアイディス・クルオピスと共にヨーロッパ選手権団体追い抜きで2年連続銅メダルを獲得。2006年には個人追い抜きでも銀メダルを獲得した。

コンチネンタルチーム[編集]

2007年、リトアニア人監督のアルトゥラス・トゥルンパウスカスが率いる、ベルギー籍のコンチネンタルチーム、クライペダで活躍。リトアニア選手権個人タイムトライアルで優勝し、ベルギーでは、トリプティック・デ・バラージュ、ツール・ド・アンヴェル、グランプリ・ド・ゲールを制した。

2008年、トゥルンパウスカス監督と、クライペダに所属していたリトアニア人選手5人とともにカザフスタン籍のコンチネンタルチームであるウランに加入した。

2009年、リトアニア籍の新規コンチネンタルチームであるチーム・ピエモンテに加入。しかし、チームは4月に解散し、2年ぶりにベルギーに活動拠点を移し、シマス・コンドロタスともにティーレンでアマチュア選手として活動。メモリアル・フィリップ・ファン・コニングスローを制した。

2010年、シマス・コンドロタスと共にPCWアリプラストに加入し、アントワープ・プロバンス・ツアーでステージ優勝。デンマークコペンハーゲンで開催された世界選手権トラックレースに出場し、個人追い抜きで22位。ポーランドプルシュクフで行われたヨーロッパ選手権トラックレースでもいくつかの種目に出場した。

アンポスト・ショーンケリー[編集]

2011年にはベルギー籍のコンチネンタルチーム、アンポスト・ショーンケリーに加入。アンポスト・ラスロンド・ド・ロワーズで区間優勝を挙げ、総合優勝。リトアニア選手権個人タイムトライアルでは2度目の優勝を果たした。9月にはコペンハーゲンで開催された世界選手権ロードレースに出場し、タイムトライアルでは32位、ロードレースでは25位。2012年の初め、ベルギーで多くのレースで上位入賞(ドリダーフス・ファン・ウェスト=フラーンデレンオムロープ・ファンン・ヘット・ワースランドハンザーメ・クラシックゼリック~ガムラージュ)。4月にはオランダで行われたロンド・ファン・ノールト・オランドで優勝。数日後のオムロープ・デル・ケンペンで2位となり、その後、アンポスト・ラスで区間2勝、ベルゼール~ピュイヴェルデ、メモリアル・フィリップ・ファン・コニングスローを制した。6月末にはリトアニア選手権ロードレースを制して、初のリトアニアロードチャンピオンになった。7月にはロンドンオリンピックに、ラムーナス・ナヴァルダウスカスとともにリトアニア代表としてロードレースに出場し集団内で完走。8月にはバルティック・チェーン・ツアーで区間3勝を上げ総合優勝。UCIヨーロッパツアーランキング11位でこのシーズンを終えた。10月、リトアニア・パネヴェジースで開催されたヨーロッパ選手権トラックレースに出場し、オムニアムで銅メダルを獲得した。

AG2R・ラ・モンディアル[編集]

2013年、フランスのUCIワールドツアーチームであるAG2Rラ・モンディアルに2年契約で加入。ツアー・ダウンアンダーでシーズンイン。2月にはツアー・オブ・カタールに出場し総合17位。ヨーロッパの初戦はオムロープ・ヘット・ニウスブラットで123位完走。その後、ドリダーフス・ファン・ウェスト=フラーンデレンでは第1ステージで7位に入った。その後、北のクラシックにも参加し、ロンド・ファン・フラーンデレンではDNFだったものの、パリ〜ルーベは103位で完走。イタリアトスカーナで行われた世界選手権ロードレースにもリトアニア代表として参加し、個人タイムトライアルで24位、ロードレースは59位完走。

2014年は、2年連続でパリ〜ルーベに出場し、リーダーのセバスティアン・テュルゴダミアン・ゴダンのために集団を牽引した。

2017年は、ツール・ポワトゥー=シャラント・アン・ヌーヴェル=アキテーヌで総合8位入賞。

2018年8月に開催されたヨーロッパ選手権ロードレースにリトアニア代表として選出され、個人タイムトライアルでは25位、ロードレースでは39位に入った。同月、ツール・ポワトゥー=シャラント・アン・ヌーヴェル=アキテーヌでは総合6位に入った。

2019年6月には、ベラルーシミンスクで行われたヨーロッパ競技大会の個人タイムトライアルで5位に入賞。この年をもってAG2R・ラ・モンディアルを離れた。

クライペダ復帰[編集]

2020年は、クライペダに復帰。リトアニア選手権個人タイムトライアルではエヴァルダス・シシュケヴィチュスに次ぐ2位に入り、ロードレースでは優勝しリトアニアチャンピオンとなった。


主な成績[編集]

2003年

  • ヨーロッパ選手権ジュニア
    • チームパシュート 3位

2004年

  • リトアニア選手権
    • 個人タイムトライアル 3位

2005年、リトアニアのアマチュアチーム、クライペダに加入。

  • Tweedaagse van de Gaverstreek
    • 区間1勝(第1)
  • オリンピア・ツアー
    • 総合3位
  • ヨーロッパ選手権U23
    • チームパシュート 3位

2006年

  • Nazareth(ケルメス) 優勝
  • Dwars door het Hageland 優勝
  • オリンピア・ツアー
    • 総合23位
  • リトアニア選手権
    • 個人タイムトライアル 2位
  • ヨーロッパ選手権U23
    • パシュート 2位
    • チームパシュート 3位

2007年、所属チームのグライペダがUCIチームになりアマチュアからプロに転向する。

2008年、カザフスタンのコンチネンタルチーム、ウランに移籍。

2009年、リトアニアのコンチネンタルチーム、チーム・ピエモンテに移籍。

  • Memorial Van Coningsloo(UCI1.2) 優勝
  • リトアニア選手権
    • 個人タイムトライアル 4位
    • ロードレース 2位

2010年、アマチュアチームに移籍。

  • 世界選手権トラック
    • パシュート 22位
  • リトアニア選手権
    • 個人タイムトライアル 5位
    • ロードレース 4位
  • Tartu GP(UCI1.1) 優勝

2011年ショーン・ケリー率いる、アンポスト・ショーンケリーに移籍し頭角を現し始める。

  • An Post Ras(UCI2.2)
    • 区間2勝(第2.4)
    • 総合優勝
  • Ronde de l'Oise(UCI2.2)
  • 区間1勝(第2)
    • 総合優勝
  • リトアニア選手権
    • 個人タイムトライアル 優勝
    • ロードレース 2位
  • ツアー・オブ・ブリテン(UCI2.1)
    • 区間1勝(第7)
    • 総合34位
  • 世界選手権ロード
    • 個人タイムトライアル 32位
    • ロードレース 25位

2012年

2018年

  •  リトアニア選手権 優勝(個人タイムトライアル、ロードレース)

2019年

2020年

外部リンク[編集]