ミカエル・シェレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミカエル・シェレル
Mickaël Cherel
Cycling (road) pictogram.svg
Leuven - Brabantse Pijl, 15 april 2015, vertrek (B216).JPG
個人情報
本名 Mickaël Cherel
ミカエル・シェレル
生年月日 (1986-03-17) 1986年3月17日(32歳)
国籍 フランスの旗 フランス
身長 185cm
体重 65kg
チーム情報
所属 AG2R・ラ・モンディアル
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 パンチャー
アマ所属チーム
2002-2004
2005-2006
2007
VC・サンティレリアン
Côtes d'Armor-Maître Jacques
UC・ナント・アトランティック
プロ所属チーム
2007-2010
2011-
FDJ
AG2R・ラ・モンディアル
最終更新日

ミカエル・シェレル(Mickaël Cherel、1986年3月17日 - )は、フランスサン・ティレール・デュ・アルクエ出身の自転車競技ロードレース)選手。2011年からAG2R・ラ・モンディアルに所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

12歳で自転車競技を始め、その後ヴェロクラブ・サンティレリアンに加入。

2003年、17歳の時にフランス選手権ロードレースのジュニアチャンピオンに輝く。その後、コート・ダルモール・メトール・ジャックやUC・ナント・アトランティックに所属。

2006年8月ラ・フランセーズ・デ・ジューの研修生になる。グランプリ・ド・フルミーに出場し、33位で完走。

2007-2010:フランセーズ・デ・ジュー[編集]

2007年6月ラ・フランセーズ・デ・ジューとプロ契約。オランダ・フード・ヴァリー・クラシックでプロデビュー。ツール・ド・ポローニュではスプリンターに混じり、スプリントにも参加した。

2008年パリ〜ニース第2ステージでは逃げに入った。ジロ・デ・イタリアに初出場し、第19ステージでリタイア。

2009年ツアー・ダウンアンダーで総合10位に入る。ブエルタ・ア・エスパーニャに初出場し、第18ステージでは6位に入り、総合25位で完走。

2010年パリ~コレーズで総合5位に入る。8月に、AG2R・ラ・モンディアル2011年の契約を結ぶ。

2011-:AG2R[編集]

2011年AG2R・ラ・モンディアルに移籍してすぐに結果を出す。ツール・ド・ロマンディ第3ステージでは、集団スプリントでアレクサンドル・ヴィノクロフに続き2位。ポリノルマンドで5位、ツール・デュ・リムザンでは総合9位に入った。

2012年、シーズン初レースのグランプリ・ドゥヴェルテュール・ラ・マルセイエーズで8位。ボルタ・ア・カタルーニャ第3ステージでは3位に入り、総合リーダーになるはずだったが悪天候の為、完走者をすべて同タイム扱いとしたため総合リーダーにはならなかった。ツール・ド・フランスに初出場。第20ステージでは残り3kmを切ってからダニーロ・ホンドと落車して骨折したが救済措置を受けて集団と同タイム扱いでゴールした。最終の総合成績は62位。

2016年9月プリュムレックで行われたヨーロッパ選手権にフランス代表として出場。

主な成績[編集]

  • 2003年
    • MaillotFra.PNG フランス選手権・ロードレース ジュニア 優勝
    • Grand Prix Général Patton 総合優勝
    • 世界選手権・ロードレース ジュニア 8位
  • 2004年
    • Trophée Centre Morbihan 総合優勝 区間2勝(第1、2)
    • Trophée Louison-Bobet 2位
  • 2006年
    • Manche-Océan 優勝
    • Route bretonne 3位
    • グランプリ・ド・フージェール 3位
  • 2007年
    • グランプリ・U 優勝
    • Circuit de la vallée de la Loire 3位

グランツール[編集]

ジロ・デ・イタリア[編集]

ツール・ド・フランス[編集]

ブエルタ・ア・エスパーニャ[編集]

外部リンク[編集]