ゲイリー・シェローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲイリー・シェローン
Gary Cherone
Gary Cherone-Extreme-2.jpg
2008年
基本情報
出生名 Gary Francis Cane Cherone
別名 Cherone
生誕 (1961-07-26) 1961年7月26日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州モールデン
ジャンル ハードロック
グラム・メタル
ヘヴィメタル
ファンク・ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 1975年 -
レーベル A&Mレコード
共同作業者 エクストリーム
ヴァン・ヘイレン
トライブ・オブ・ユダ
ハートスマイル

ゲイリー・シェローンGary Cherone1961年7月26日 - )は、アメリカミュージシャンボーカリスト)、作詞家、作曲家。ロックバンドエクストリームのボーカリストとして知られている。また、1997年から1999年まで、ヴァン・ヘイレンのボーカリストとして活動していた。フルネームは、ゲイリー・フランシス・ケイン・シェローン(Gary Francis Cane Cherone)。

来歴[編集]

マサチューセッツ州モールデンで5人兄弟の三男として生まれた。中学校でポール・ギアリーと知り合い「ドリーム」というバンドを結成する。その後地元のクラブでプレイしたヌーノ・ベッテンコートを見かけた2人が彼を引き抜き、バンドを「エクストリーム」に改名。更にはヌーノの紹介で、彼自身が通い詰めていた楽器店の店員であったパット・バッジャーが加入。本格的に活動を開始した。

1996年、前年に発表したアルバムの売り上げ不振やヌーノのソロ活動への転身などもあってエクストリームが活動停止に追い込まれる。一方、バンドのファンでもあった兄弟からの誘いもあってヴァン・ヘイレンに加入。しかしながら前任者のデイヴィッド・リー・ロスサミー・ヘイガーのような成功を収めることはできず、ツアー終了後のアルバム制作中に脱退。前述の失敗の責任を負わされて解雇されたといわれているが、ゲイリー自身はバンドとレコード会社の意見の食い違いでレコーディングが進まなかったことへ苛立ったためと話しており、ヴァン・ヘイレンに在籍した頃には特に負の感情は抱いていない[1]。今でも、ヴァン・ヘイレンのメンバーとはときどき連絡を取り合うほど関係が続いているという。

その後、ボストンにて、エクストリーム時代の同僚であるマイク・マンジーニを迎えた新バンド「トライブ・オブ・ユダ (Tribe Of Judah)」での活動を経て、エクストリームの再結成に参加した。

2002年サミー・ヘイガーデイヴィッド・リー・ロスによる「サム・アンド・デイヴ・ツアー」のボストン公演にパット・バッジャーらと共にゲスト参加。これによりヴァン・ヘイレンの歴代リード・ボーカル3人の揃い踏みが実現した。

自身のボーカル・スタイルへの影響として、主にロジャー・ダルトリーザ・フー)、スティーヴン・タイラーエアロスミス)、フレディ・マーキュリークイーン)などを挙げている。

ディスコグラフィ[編集]

エクストリーム[編集]

  • 『エクストリーム』 - Extreme (1989年)
  • ポルノグラフィティ』 - Pornograffitti (1990年)
  • 『スリー・サイズ・トゥ・エヴリ・ストーリー』 - III Sides to Every Story (1992年)
  • 『ウェイティング・フォー・ザ・パンチライン』 - Waiting for the Punchline (1995年)
  • 『サウダージ・デ・ロック』 - Saudades de Rock (2008年)
  • 『テイク・アス・アライヴ』 - Take Us Alive (2010年) ※ライブ
  • 『ポルノグラフィティ・ライヴ 25』 - Pornograffitti Live 25 (2016年) ※ライブ

ヴァン・ヘイレン[編集]

トライブ・オブ・ユダ[編集]

  • Exit Elvis (2002年)

Cherone[編集]

  • Need I Say More (2005年) ※EP

ハートスマイル[編集]

  • 『ハートスマイル』 - Hurtsmile (2011年)
  • 『レトログレネイド』 - Retrogrenade (2014年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]