ケンタウルス座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンタウルス座γ星[1]
Gamma Centauri
星座 ケンタウルス座
視等級 (V) 2.18[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 12h 41m 31.04008s[1]
赤緯 (Dec, δ) -48° 57′ 35.5375″[1]
赤方偏移 -0.000018[1]
視線速度 (Rv) -5.5km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -185.72 ミリ秒/年[1]
赤緯: 5.79 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 25.06 ± 0.28 ミリ秒[1]
距離 130.09 ± 1.47光年[注 1]
(39.90 ± 0.45パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -0.825[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 A1IV+ [1]
別名称
別名称
CD -48 7597[1]
HD 110304[1]
HIP 61932[1], HR 4819[1]
SAO 223603[1]
LTT 4841[1]
■Project ■Template
視等級 (V) 2.9
位置
物理的性質
スペクトル分類 A0 III
■Project ■Template
視等級 (V) 2.9
位置
物理的性質
スペクトル分類 A0 III
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.86″
離心率 (e) 0.79
公転周期 (P) 83.0年
軌道傾斜角 (i) 114°
昇交点黄経 (Ω)
前回近点通過 1931.2
■Project ■Template

ケンタウルス座ガンマ星(ケンタウルスざガンマせい、γ Cen)は、ケンタウルス座恒星で2等星。

特徴[編集]

実視等級がともに2.9等と、ほぼ同じ明るさの白いA型巨星からなる二重星である。互いに83年の周期で公転する実視連星でもあるが、最も離れたときでも角距離が1.6と小さく、その距離も2009年時点では年々減少傾向にあり、小口径の天体望遠鏡で分離することは不可能である。最低でも口径15センチが必要となる。

角距離 位置角
1990年 1.4" 353°
2000年 1.0" 347°
2005年 0.7" 341°
2010年 0.4" 324°

固有名[編集]

ケンタウルス座ガンマ星は、固有名を Muhlifain[ムリファイン]というおおいぬ座ガンマ星の固有名ムリフェインと同じアラビア語を語源としているが別ものである。この星と、語源となっているアラビア固有の星座 al-Muhlifān [アル=ムフリファーン]とは直接関係ない。 比較的新しく、20世紀の中頃、航海暦の編集者によって命名されたものの一つである[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q SIMBAD Astronomical Database”. Results for CCDM J12415-4858AB. 2013年2月2日閲覧。
  2. ^ Kunitzsch, P., Arabische Sternnamen in Europa. Wiesbaden, Otto Harrassowitz, 1959, pp. 187-188.

関連項目[編集]