ケメ子の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケメ子の歌
ザ・ダーツシングル
B面 ブーケをそえて
リリース
規格 シングルレコード
録音 日本の旗 日本
ジャンル ポップス
レーベル CBSコロムビア
作詞・作曲 馬場祥弘
チャート最高順位
ザ・ダーツ シングル 年表
- ケメ子の歌
(1968年)
いつまでもスージー
(1968年)
テンプレートを表示
ケメ子の唄
ザ・ジャイアンツシングル
B面 豚のしっぽ
リリース
規格 レコード
録音 日本の旗 日本
ジャンル ポップス
レーベル 日本ビクター
作詞・作曲 馬場祥弘
チャート最高順位
ザ・ジャイアンツ シングル 年表
- ケメ子の唄
(1968年)
どうしても女に勝てなかった悲しい男の唄
(1968年)
テンプレートを表示

ケメ子の歌」(けめこのうた、ケメ子の唄、ミス・ケミッ子)は、作詞・作曲:馬場祥弘、採譜・補作:浜口庫之助による楽曲。

編曲は、浜口庫之助(ザ・ダーツ盤)・寺岡真三 (ザ・ジャイアンツ盤)。

概要[編集]

ザ・ダーツ(「ケメ子の」、1968年2月1日発売、CBSコロムビア)と、ザ・ジャイアンツ(「ケメ子の」、1968年1月25日発売、日本ビクター)デビューシングルとして競作でシングル盤が発売。ザ・ダーツ盤がオリコンチャート2位(累計売上60万枚[1])、ザ・ジャイアンツ盤がオリコンチャート6位を記録した。当初から「本命盤」と表示して売り出したザ・ジャイアンツ盤に対し、ザ・ダーツ盤は後になってジャケットに「オリジナル盤」と表示している。

レコード発売当時は、作者は不詳とされていた。曲に関しては、メロディーこそ基本的に同じだが、詞の細部やアレンジは双方で大きく異なっている。

「ケメ子の歌」については、曲の最初の方で、ニール・セダカの曲「可愛いあの子英語版」(1962年、全米チャート第5位)の出だしのスキャットが使われている。

「ケメ子」は、フジテレビお笑いタッグマッチ』のボケ役回答者で売れた柳家小せんが、同番組で使用して流行語となった。

収録曲[編集]

ザ・ダーツ[編集]

  1. ケメ子の歌 (KEMEKO NO UTA)
  2. ブーケをそえて (MEMORIES OF BOUQUET)

ザ・ジャイアンツ[編集]

  1. ケメ子の唄
  2. 豚のしっぽ

カバー[編集]

  • ザ・イーグルス(オムニバス・アルバム『アングラ・カーニバル』収録)
  • 稲垣次郎とオール・スターズ(フルート編曲:稲垣次郎。1968年7月発売。その後LP『GROOVE SOUNDS IN NIPPON〜コロムビア編 クレイジー・ミッドナイト』に収録)
  • SAMPLY RED featuring 桜井秀俊(1997年3月21日発売、シングル)
  • 中澤裕子他(2003年5月21日発売、アルバム『FOLK SONGS 4』収録)
  • ケメコ(斎藤千和)(2008年12月26日発売、アルバム『ケメコデラックス!』オリジナルサウンドトラック』のボーナストラックとして収録)
  • 平凡パンチ(高田純次)(2009年5月20日発売、シングル)

本作が使用された作品[編集]

  • ハロー!モーニング。』ハロモニ劇場『バスがくるまで』、『駅前交番物語』ほか
  • 九重佑三子主演『コメットさん』第55話『出たぞ!チビッコ・ギャング』
  • 2003年度下半期のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』(NHK大阪放送局製作)の総集編第5回で、上野樹里が歌っていた。
  • 2008年放送のテレビアニメ『ケメコデラックス!』第5話の劇中歌として上述のケメコ役の斎藤千和のカバーを使用。
  • 当時朝日新聞に連載されていた『サザエさん』の中でも、サザエとマスオが寿司屋に入り、サザエが「じゃあ、ケメコでね」と寿司屋の主にいう話があり、サザエの注文した握りの数が、この歌の通り出ている。

アンサーソング[編集]

劇場版[編集]

1968年3月16日に、ザ・ジャイアンツ盤をモチーフとした映画「ケメ子の唄」が松竹系にて公開された。白黒作品。ザ・ジャイアンツのメンバーも出演している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、31頁。ISBN 978-4-636-82548-0