ケプラー93b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケプラー93b
Kepler-93b
星座 こと座
分類 太陽系外惑星
岩石惑星
軌道の種類 周回軌道
発見
発見年 2014年
発見者 ケプラー宇宙望遠鏡
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.053 ± 0.002 AU[1][2]
(792万8800 ± 29万9200 km)
離心率 (e) 0[2]
公転周期 (P) 4.72673978 ± 0.00000097 [3]
(113.44175472 ± 0.00002328 時間)
軌道傾斜角 (i) 89.183 ± 0.044°[3]
通過時刻 2454944.29227 ± 0.00013 BJD[3]
準振幅 1.63 ± 0.27 m/s[1][2]
ケプラー93の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 25m 40.3888s[4]
赤緯 (Dec, δ) +38° 40′ 20.45″[3][4]
固有運動 (μ) 赤経: -26.7 ± 1.9 ミリ秒/[4]
赤緯: -4.4 ± 1.8 ミリ秒/年[4]
距離 不明
約300 光年?[5]
物理的性質
直径 18,853 km
半径 1.478 ± 0.019 R[3]
(9,427± 121 km)
表面積 11.1423×108 km2
体積 3.4973×1012 km3
質量 4.02 ± 0.68 M[2]
平均密度 6.88 ± 1.18 g/cm3[2]
表面重力 3.26 ± 0.07 cgs[2]
表面温度 1,037 ± 13 K[3]
(764 ± 13 )
年齢 66 ± 9 億年[3]
別名称
別名称
KOI-69b, KOI-69.01[3][2], KIC 3544595, 2MASS J19254039+3840204, TYC 3134-218-1, GSC 03134-00218
Template (ノート 解説) ■Project

ケプラー93b(英語:Kepler-93b)とはこと座の方向にある恒星ケプラー93公転している太陽系外惑星である[5]。地球よりも高密度の岩石惑星だとされている。

発見[編集]

ケプラー93bは2014年ケプラー宇宙望遠鏡の観測により発見された。最初の観測で、ケプラー93を公転している天体が存在する可能性が浮上し、その後、ハワイ島ケック天文台スピッツァー宇宙望遠鏡による観測も行われ、ケプラー93bの存在が確認された[3][5]

特徴[編集]

大きさの比較
地球 ケプラー93b
地球 Exoplanet

ケプラー93bは半径が地球の1.478倍であり、誤差±120kmという極めて高い精度で求められている。しかし、質量スーパーアース並みの4.02倍にも及ぶ[注 1]。そのため、ケプラー93bは密度が地球の約1.2倍にもなる岩石惑星であると考えられている。しかし、主星のケプラー93からわずか800万kmしか離れていないため、表面温度は1037K(764℃)にもなり、生命や液体のが存在するにはかなり過酷な環境であるとされている[5]

内部構造[編集]

2016年に、岩石惑星と思われる7つの太陽系外惑星の内部構造についての研究結果が発表された[6]。対象となったのはケプラー10bケプラー36bケプラー78b、ケプラー93b、CoRoT-7bHD 219134 bグリーゼ1132bの7つである[6]。これらの太陽系外惑星は全て地球の2倍から5倍ほどの質量と1.1倍から1.6倍ほどの半径を持つ。ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究チームはこれらの太陽系外惑星にPREM(Preliminary Reference Earth Model)という地球や火星などの岩石惑星に見られる、マントル地殻という三重構造のモデルが当てはまるかを調査した[6][7]。その結果、7つの太陽系外惑星全てが中心部になどで構成された核を持っており、その外側にマントルと地殻の層が存在する構造になっていることが判明した[6][7]

主星[編集]

ケプラー93bの主星ケプラー93太陽の0.911±0.033倍の質量、0.919±0.011倍の半径を持つ[2]。表面温度は5669K(5396℃)と太陽(5778K)よりわずかに低い[2]。年齢は66億年であり、太陽より20億年ほど年老いている。地球からの距離は基本、不明とされているが、NASAの発表では約300光年と記載されている[5]。また、Open Exoplanet Catalogueでは315光年と記載されている[8]。なお、ケプラー93系にはケプラー93bとは別に、ドップラー分光法によって発見されたケプラー93cという惑星も公転している[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 質量については論文ごとで値が異なっている。出典3の論文では、質量は地球の3.8±1.5倍とされている。また、別の論文では2.59±2.0倍となっている。

出典[編集]

関連項目[編集]