グリーゼ163

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーゼ163
Gliese 163
星座 かじき座
視等級 (V) 11.811[1]
分類 赤色矮星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 04h 09m 15.66350s[1]
赤緯 (Dec, δ) -53° 22′ 25.3050″[1]
赤方偏移 0.000123[1]
視線速度 (Rv) 36.90 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 1041.43 ミリ秒/[1]
赤緯: 583.01 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 66.69 ± 1.82 ミリ秒[1]
距離 48.87 ± 1.34 光年[注 1]
(14.99 ± 0.41 パーセク[注 1])
絶対等級 (MV) 10.93 ± 0.06[2]
物理的性質
質量 0.4 ± 0.02 M[3]
スペクトル分類 M3.5[1]
光度 0.0196 ± 0.001 L[3]
表面温度 3,500 ± 100 K[3]
金属量[Fe/H] 0.1 ± 0.1[3]
年齢 10億 - 100億年[2]
別名称
別名称
GJ 163, HIP 19394, LHS 188.
Template (ノート 解説) ■Project

グリーゼ163英語: Gliese 163)は、太陽から約49光年(15.0パーセク)の距離に存在するM3.5V型赤色矮星である。かじき座に位置しており、天球上での座標は赤経04h 09m 15.663s赤緯-53° 22′ 25.305″。見かけの明るさは11.8だが、地球から恒星までの距離を考慮した絶対等級では10.9等となる[1]。 グリーゼ163という名称はグリーゼ近傍恒星カタログによるものであり、その他にHIP 19394, LHS 188という名称も持つ。

惑星系[編集]

グリーゼ163を周回するb,c,dの想像図

2012年9月、高精度視線速度系外惑星探査装置 (HARPS) の観測により、グリーゼ163を周回する2つの惑星が発見されたことが発表された[4][5]。そのうちの一つグリーゼ163cは、質量が地球の8.4倍ほどのスーパー・アースであり、公転周期26日のハビタブルゾーンに位置する可能性のある軌道を周回している。ただしハビタブルゾーン内ではあるもののその温度は地球より暑いと考えられている。もう一つの惑星グリーゼ163bも、地球の10.6倍の質量を持つスーパー・アースだと考えられているが、公転周期が8.633日の恒星のすぐ近くを周回する惑星であり、生命が存在するには暑すぎると考えられている[4][5]2013年6月には、新たに3つの惑星d, e, fの存在が確認されている[3]。質量からe,fはスーパー・アース、dは海王星クラスの惑星だとされている。

グリーゼ163の惑星[6][7][8][2]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 10.62 M 0.06069 ± 0.0001 8.633 ± 0.00155 0.0106 ± 0.05
e 3.81 M 0.10 19.46 ± 0.02 0.32 ± 0.17
c 8.39 M 0.1254 ± 0.0001 25.645 ± 0.0235 0.094 ± 86 2.43 R
f 7.32 M 0.33 108.4 ± 0.5 0.41 ± 0.15
d 22.1 M 1.02689 ± 0.0086 600.895 ± 7.56 0.399 ± 0.077

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k LHS 188 -- High proper-motion Star”. Centre de données astronomiques de Strasbourg (Strasbourg astronomical Data Center) (2012年9月20日). 2012年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c X. Bonfils et al. (2013年6月4日). “The HARPS search for southern extra-solar planets? XXXIV. A planetary system around the nearby M dwarf GJ 163, with a super-Earth possibly in the habitable zone.”. arXiv:1306.0904v1 [astro-ph.EP]. doi:10.1051/0004-6361/201220237. 
  3. ^ a b c d e Mikko Tuomi, Anglada-Escude (2013年6月7日). “Up to four planets around the M darf GJ 163. Sensitivity of Bayesian planet detection criteria to prior choice”. arXiv:1306.1717v1 [astro-ph.EP]. doi:10.1051/0004-6361/201321174. 
  4. ^ a b Méndez, Abel (2012年8月29日). “A Hot Potential Habitable Exoplanet around Gliese 163”. プエルトリコ大学アレシボ校英語版 (Planetary Habitability Laboratory). 2012年9月20日閲覧。
  5. ^ a b Redd, Nola Taylor (2012年9月20日). “Newfound Alien Planet a Top Contender to Host Life”. Space.com. 2012年9月20日閲覧。
  6. ^ Planet Gj 163 b”. 太陽系外惑星エンサイクロペディア. 2013年6月15日閲覧。
  7. ^ Planet Gj 163 c”. 太陽系外惑星エンサイクロペディア. 2013年6月15日閲覧。
  8. ^ Planet Gj 163 d”. 太陽系外惑星エンサイクロペディア. 2013年6月15日閲覧。

関連項目[編集]