グランド・ショミエール芸術学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グランド・ショミエール芸術学校の入り口
受講申込書

グランド・ショミエール芸術学校アカデミー・ドゥ・ラ・グランド・ショミエール(Académie de la Grande Chaumière)はパリモンパルナスにある美術学校である。1902年頃設立された。スペイン出身のクラウディオ・カステルッチョ(Claudio Castelucho:1870-1927)を創立者とすることもある[1][2]。グランド・ショミエール通り(rue de la Grande Chaumière)にあるのが名前の由来である。

概要[編集]

スイス人画家ステットラー(Martha Stettler:1870-1945)が最初の校長を務め、1909年から、ロシア(現在のラトビア)出身のダンネンベルク(Alice Dannenberg:1861–1948)とカステルッチョやフランスの画家、リュシアン・シモンが共同校長を務めた[3]

同じ私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンなどと比べて月謝の安く、ほとんどモデルに払われる費用と冬の時期の暖房費用程度であったとされる[4]

オープンなシステムで、好きな期間だけ、たとえ数時間だけでも入学でき、モデルのスケッチを行い、教師のアドバイスを、受けることも受けないことも自由であった。モデルが5分毎にポーズや場所をかえる"Croquis à cinq minutes" という授業も人気であった。

関連した人物[編集]

グランド・ショミエール芸術学校で教えた芸術家[編集]

グランド・ショミエール芸術学校で学んだとされる芸術家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Académie de la Grande Chaumière” (カタルーニャ語). Gran Enciclopèdia Catalana. 2016年11月11日閲覧。
  2. ^ (fr) in "La Semaine à Paris", Gallica, Bnf
  3. ^ Stettler, Adelheid Fanny Martha” (ドイツ語). SIKART Lexikon zur Kunst in der Schweiz (1988年). 2016年11月11日閲覧。
  4. ^ Sullivan, Michael Art and Artists of Twentieth Century China 978-0-520-07556-6 p.38