アレクサンドラ・エクステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンドラ・エクステル
Алекса́ндра Алекса́ндровна Эксте́р
生誕アレクサンドラ・アレクサンドロヴナ・グリゴローヴィチ
(1882-01-18) 1882年1月18日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ビャウィストク
死没1949年3月17日(1949-03-17)(67歳)
フランスの旗 フランスフォントネー=オー=ローズ
国籍ロシア帝国の旗 ロシア帝国
著名な実績絵画グラフィック・アート舞台美術衣裳デザイン
運動・動向未来派キュビスムロシア構成主義

アレクサンドラ・エクステルロシア語: Алекса́ндра Алекса́ндровна Эксте́рウクライナ語: Олекса́ндра Олекса́ндрівна Е́кстер、Alexandra Exter、1882年1月18日1949年3月17日[1]は、ロシア帝国出身の画家デザイナーである。パリキーウモスクワなどを拠点とし活躍、ロシア・アヴァンギャルドの発展に貢献した[2]。絵画、舞台美術に作品が多い。

作風は印象主義からキュビスム立体未来主義を経て、無対象芸術へと変化した。当初は都市風景を描いていたが、幾何学的な形態の抽象画、静物画、さらにより複雑な抽象的都市風景へと移行していった[2]パブロ・ピカソジョルジュ・ブラックのキュビスムとは異なり明るい色彩を積極的に取り入れたため、彼らの批判を浴びることもあった[3]シュプレマティスムロシア構成主義とも関わりを持った。

三人の女性の肖像(1909–1910年)、油彩
静物(1913年)

生涯[編集]

幼少期[編集]

1882年、ロシア帝国グロドノ県ビャウィストク(現在はポーランド)の裕福な家庭に生まれる。出生名はアレクサンドラ・アレクサンドロヴナ・グリゴローヴィチ(Александра Александровна Григорович[3]。父親アレクサンドルはベラルーシ出身の実業家で、母親はギリシャ人であった。

1886年、家族とともにキーウに移住[3]

1901年、キーウ美術学校ウクライナ語版ロシア語版に進学[3]ニコライ・ピモネンコのレッスンを受けた[4]。学友にアレクサンダー・ボゴマゾフウクライナ語版英語版アレクサンダー・アーキペンコアリスタルフ・レントゥーロフロシア語版英語版がいた。1906年に卒業[2]

1907年、パリを訪れ、ギヨーム・アポリネールを通じてパブロ・ピカソジョルジュ・ブラックと会う。ちょうど『アビニヨンの娘たち』が完成したこの年、キュビスムに触れたことによりエクステルは作風をそれまでのものから大きく変えることとなった[4]。短期間ではあるがモンパルナスグランド・ショミエール芸術学校でも学んだ[2][5]

1908年、弁護士のニコライ・エフゲニエヴィッチ・エクステルと結婚、キーウに居を構えた。パリでの体験、ピカソやブラックの実験的作品を語るエクステルのもとに多くの芸術家が集まった[4]。アトリエにはヴァディム・メラーロシア語版英語版アナトリー・ペトリツキーウクライナ語版英語版パヴェル・チェリチェフロシア語版英語版ウラジミール・バラノフ=ロシネウクライナ語版英語版らがいた[6]。また、詩人のアンナ・アフマートヴァイリヤ・エレンブルグオシップ・マンデリシュターム、ダンサーのブロニスラヴァ・ニジンスカらが訪れた[7]

(1913年)
ロミオとジュリエットのための衣装デザイン(1921年)M.T. Abraham Foundation提供
フィジマ(ベルチュガダン)付きスカートの女性の衣装スケッチ(1924年)

画家デビュー[編集]

1908年、初の展覧会をサンクトペテルブルクとキーウで開いた。特にダヴィド・ブルリュークが主催したキーウでの展覧会は反響が大きく、ロシアの近代絵画の一里塚となった[3]。またダヴィド・ブルリューク、ウラジーミル・ブルリューク兄弟らのグループ「ズヴェノー」メンバーとともに展覧会を開いた。

1909年にパリに拠点を構えた。キュビスムの影響を受けるとともに、フィリッポ・マリネッティジョヴァンニ・パピーニイタリア語版英語版らを通じてイタリアの未来派思想に触れた[3]

1912年10月、ジャン・メッツァンジェアルベール・グレーズマルセル・デュシャンピュトー・グループが主催する展覧会「セクション・ドール」に出展した[8]

1914年にはカジミール・マレーヴィチ、アレクサンダー・アーキペンコ、ヴァディム・メラー、ソニア・ドローネーらフランス・ロシアの画家たちとともにパリのアンデパンダン展に参加した[7]。同年4月から5月にかけて、アーキペンコ、ニコライ・クリビンロシア語版英語版オリガ・ロザノワらとローマで展覧会を開催した[9]

多方面への展開[編集]

1914年、ヴェルボフカウクライナ語版の伝統的縫製工場とのコラボレーションに携わることとなった。伝統工芸と実験的美術の融合の試みであり、ニーナ・ゲンケ=メラーロシア語版英語版をチーフとして、カジミール・マレーヴィチ、ナデジダ・ウダルツォワロシア語版英語版リュボーフィ・ポポーワ、オリガ・ロザノワ、イワン・プーニーロシア語版英語版クセニヤ・ボグスラフスカヤロシア語版英語版イヴァン・クリューンロシア語版英語版ら多くのシュプレマティスムのアーティストが参加した[10]。1915年にはモスクワで『ロシア南部の近代装飾芸術』と題する展覧会を開催、有名な展覧会『0.10ロシア語版英語版』に先んじてシュプレマティスムを世に提示することとなった[11]

1915年、ロシア・アヴァンギャルドのグループ「Supremus」に参加した[7]

1916年よりアレクサンドル・タイロフロシア語版英語版カメルニ劇場ロシア語版英語版で舞台美術に協力[12]。1916年の『ファミラ・キファレド Фамира-кифарэд』(インノケンティー・アンネンスキー作)、1917年の『サロメ』(オスカー・ワイルド作)をデザインし高く評価された[13]

1918年、夫をコレラで失った[5]

1918年から1920年までキーウにワークショップを開設、ヴァディム・メラー、アナトリー・ペトリツキー、クリメント・レディコロシア語版英語版らが参加した[7]。この時期の教え子に映画監督のグリゴーリ・コージンツェフ[14][15]セルゲイ・ユトケーヴィッチ[16]アレクセイ・カプレルロシア語版英語版[17]がいる。

1919年、革命を祝う式典のため、クリメント・レディコやニーナ・ゲンケ=メラーとともにキーウとオデッサの通りの抽象絵画的装飾に参加。また、ヴァディム・メラーとブロニスラヴァ・ニジンスカのバレエ・スタジオで衣裳デザイナーを務めた[18]

1920年、モスクワに転居。舞台美術に多く携わった[5]。工業製品とのコラボレーションや赤軍の制服のデザインも担当した[5]。この年、エクステルは再婚した[5]

1921年、モスクワで開催された「5×5=25」展に他のロシア構成主義作家らとともに作品を出展した[19]。また同年より、モスクワの国立芸術学校ヴフテマスで色彩に関する初等科コース責任者として指導した[20]

1923年、ヴェラ・ムーヒナと共に、全ロシア農芸工芸博覧会でイズベスチヤ紙のパビリオンのデザインを手掛けた[21]

パリへの移住[編集]

1924年、パリに転居した。ロシアとの関係を絶つことはなく、この年、ロシア初のSF映画といわれる『アエリータ』(ヤーコフ・プロタザノフ監督)で衣装デザイン、美術を担当した[2][22]

1925年のパリ万国博覧会では、ソ連館の設営に携わった[5][23]

1926年から1930年まで、フェルナン・レジェの美術学校で教鞭をとった[4]

1936年、パリで個展を開いた。この年より子供向け絵本の制作、イラスト提供を行った[24]

1949年3月17日フォントネー=オー=ローズで死去。

死後[編集]

パリへの移住以降は際立った作品が出ず、死後次第にその名を忘れられていったエクステルであったが、1970年代にパリ、ニューヨーク、西ベルリン、ワシントンで記念展が開催され、1980年代以降もモスクワ、サンクトペテルブルクでたびたび回顧展が開かれるなど再評価が進んでいる[5]

2009年にフランスのトゥールで行われたエクステルの回顧展では、出品作のほとんどが贋作であることが判明し急遽中止となる騒動があった[25]

作風[編集]

エクステルは特定の運動に縛られないアバンギャルドで実験的な女性芸術家であった[26]。独自のスタイルを生み出すために多くのものから吸収した。シュプレマティスムロシア構成主義同様に、アール・デコ運動からも強い影響を受けている[27]

構図、テーマ、色使いに活気と遊び心があり、ドラマティックで演劇的[27]。リズミカルで活発なコンポジションによって、あたかも運動エネルギーを帯びているかのように色彩の自由な構造を際立たせた。純粋な色彩と幾何学的平面が相互作用し、全体としてダイナミズムと空間の複雑な相互作用効果を生み出している[28]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ BnF Catalogue général”. catalogue.bnf.fr. 2020年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e Aleksandra Aleksandrovna Ekster” (英語). Encyclopedia Britannica. 2022年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Exter, Alexandra (1882–1949)”. Encyclopedia.com. 2022年10月20日閲覧。
  4. ^ a b c d Tetiana Filevska (2017年3月3日). “The champion of Avant-Garde”. Ukrainian Week. 2022年10月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Искусство и архитектура русского зарубежья - ЭКСТЕР (урожд. Григорович) Александра Александровна”. artrz.ru. 2022年10月26日閲覧。
  6. ^ Art in Ukraine: The beginning of the Ukrainian avant-garde. Cubo-Futurism” (英語). Odessa Journal (2021年1月17日). 2022年10月26日閲覧。
  7. ^ a b c d Ekster, Alexandra”. Internet Encyclopedia of Ukraine. Canadian Institute of Ukrainian Studies. 2019年12月13日閲覧。
  8. ^ Cohen, Milton A. (2004-09-14) (英語). Movement, Manifesto, Melee: The Modernist Group, 1910-1914. Lexington Books. ISBN 978-0-7391-5792-3. https://books.google.co.jp/books?id=UetuAAAAQBAJ&pg=PA190 
  9. ^ "Restaurante" (1911), de Olga Rozanova” (スペイン語). Online Licor (2020年2月3日). 2022年10月25日閲覧。
  10. ^ (英語) Vienna Zocalo - Critical Crafting as a postcolonial strategy. Moden und Styles. (2012). ISBN 978-3-200-02375-8. https://books.google.co.jp/books?id=-IS94Dc6T_gC&pg=PA44&lpg=PA44&f=false 
  11. ^ bellezza_storia (2016年6月15日). “Супрематические вышивки артели "Вербовка"”. История красоты. 2022年10月26日閲覧。
  12. ^ Design for a Constructivist stage setting by Alexandra Exter”. Victoria and Albert Museum (2011年1月13日). 2022年10月25日閲覧。
  13. ^ Alexandra Exter” (英語). Andréi Nakov, art historian. 2022年10月25日閲覧。
  14. ^ Kozintsev, Grigorii Mikhailovich”. The YIVO Encyclopedia of Jews in Eastern Europe. 2022年10月26日閲覧。
  15. ^ КОЗИНЦЕВ”. Большая российская энциклопедия. 2022年10月26日閲覧。
  16. ^ Человек дня: Сергей Юткевич - ПОЛИТ.РУ” (ロシア語). m.polit.ru. 2022年10月26日閲覧。
  17. ^ Каплер Олексій Якович — Енциклопедія Сучасної України”. Енциклопедія Сучасної України. Інститут енциклопедичних досліджень НАН України. 2022年10月26日閲覧。
  18. ^ Lodder, Christina. Grove Art Online. doi:10.1093/gao/9781884446054.article.t027185. http://oxfordindex.oup.com/view/10.1093/gao/9781884446054.article.T027185?rskey=eilTeG&result=5 
  19. ^ Bowlt, John E. (1981). “The Marionettes of Alexandra Exter”. Russian History 8 (1): 219–232. doi:10.1163/187633181x00110. ISSN 0094-288X. 
  20. ^ Hodge, Susie (2021-09-21) (英語). Artistic Circles: The Inspiring Connections Between the World's Greatest Artists. Quarto Publishing Group USA. ISBN 978-0-7112-7659-8. https://books.google.co.jp/books?id=TlxVEAAAQBAJ&pg=PT162&lpg=PT162&dq=Vkhutemas%E3%80%80ekster&source=bl&ots=GAQnMVldUI&sig=ACfU3U07gCNfixgCwM7VnH8G5_jsLWb43g&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwioiP68if36AhVRNt4KHbhWDRI4KBDoAXoECCUQAw#v=onepage&q=Vkhutemas%E3%80%80ekster&f=false 
  21. ^ Great sculptures by Vera Mukhina” (ロシア語). Muza Art (2017年11月6日). 2022年10月26日閲覧。
  22. ^ Emily Schussheim (2017年11月3日). “Marx-ian Madness: Is “Aelita” Revolutionary?” (英語). Yale Daily News. 2022年10月26日閲覧。
  23. ^ Anderson, Richard (2014-07-01). “Ginés Garrido, Mélnikov en París, 1925” (英語). Cahiers du monde russe. Russie - Empire russe - Union soviétique et États indépendants 55 (3-4): 406–410. ISSN 1252-6576. https://journals.openedition.org/monderusse/8066. 
  24. ^ Exter, Alexandra; Bowlt, John E.; Drutt, Matthew (2000). Amazons of the avant-garde : Alexandra Exter ... [et al.]. Solomon R. Guggenheim Museum. New York : Solomon R. Guggenheim Foundation. ISBN 978-0-8109-6924-7. https://archive.org/details/amazonsofavantga00exte 
  25. ^ The Faking of the Russian Avant-Garde” (英語). ARTnews (2009年7月1日). 2022年10月26日閲覧。
  26. ^ Christina Lodder. "Alexandra Exter". MoMA, Grove Art Online. Oxford University Press. Retrieved September 16, 2012.
  27. ^ a b Kovalenko, G.F (Autumn 2000  – Winter 2001). “Aleksandra Ekster: The Artist's Path and Times”. Woman's Art Journal 21 (2): 64. doi:10.2307/1358761. JSTOR 1358761. 
  28. ^ Ekster Alexandra” (英語). Adamovskiy Foundation. 2022年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]