ベルト・ヌフラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『ラングウェイル夫人の2人の娘』
(画)ジャック=エミール・ブランシュ

ベルト・ヌフラールBerthe Noufflard, 1886年7月5日 - 1971年10月11日)は、フランス画家[1]旧姓は、ラングウェイル(Langweil)。

略歴[編集]

パリでうまれた[2]。母親のフロリーヌ・ラングウェイル(Florine Langweil)はよく知られた東洋美術のコレクター、美術商であった。母親のもとにはアンリ・リヴィエールジャック=エミール・ブランシュといった芸術家が訪れていた。

ブランシュから絵を学び、1907年に国民美術協会の展覧会に展示が認められた。1910年からグランド・ショミエール芸術学校リュシアン・シモンの教室で学んだ。この年、フランス人の父親を持つイタリア生まれの画家アンドレ・ヌフラール(André Noufflard)と知り合い、1911年にヌフラールと結婚し、1915年にヘンリエッテ、1920年にジュヌヴィエーヴを産んだ。

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]

参考文献[編集]

  • Henriette Noufflard Guy-Loé, Geneviève Noufflard: André Noufflard, Berthe Noufflard, leur vie, leur peinture, 1982, ISBN 978-2-904270-00-0