向井潤吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
向井潤吉

向井 潤吉(むかい じゅんきち、1901年明治34年)11月30日 - 1995年平成7年)11月14日)は日本の洋画家。戦前から戦後にかけて活躍、40年以上に渡り北海道から鹿児島までを旅し、生涯古い民家の絵を描き続け「民家の向井」と呼ばれた洋画家であった。弟は彫刻家マネキン制作会社「七彩」初代社長の向井良吉[1]、長男は元TBSディレクター萩本欽一を育てた事で有名な向井爽也

生涯[編集]

生い立ち[編集]

京都市下京区仏光寺通に父・才吉と母・津禰の長男として生まれる。父はもともと宮大工の家柄で東本願寺の建築にも関わった。潤吉が物心ついた頃には、家で10人近い職人を雇い輸出向けの刺繍屏風衝立を製造していた。1914年大正3年)4月、父と日本画を学ぶことを約して京都市立美術工芸学校予科に入学するが、2年後どうしても油絵が描きたくて父の反対を押し切って中退、家業を手伝いながらという条件で関西美術院に入り、4年間学ぶ。1919年(大正8年)、二科会第6回展に初入選。翌年家に無断で上京、半年ほど新聞配達で働きながら川端画学校に通うが、年内には再び京都に戻る。

フランス留学と戦争画[編集]

1927年昭和2年)、当時最も安い経路だったシベリア鉄道を使いフランスへ向かう。滞仏中は、午前中はルーブル美術館で模写、午後は自由制作、夜はアカデミー・ド・ラ・ショーミエールで素描をおこなうのが日課であった。潤吉は後年「私の如き貧乏の画学生には、費用のかからないそして自由に名画に接し得られる美術館での勉強はまことに有り難かった」と述懐している。模写した作品はヴェネツィア派からバロック絵画にかけての作品が目に付く他、コローの作品が多い。その一方で、スーティンココシュカを想起させる荒々しい筆触の作品も描いており、フォーヴィスムへの接近を色濃く感じさせる。

3年後の1930年(昭和5年)に帰国し、模写の展覧会を開く。同年結婚、また、二科会に渡欧中に制作したフォーヴィスム調の作品11点を出品、樗牛賞を受ける。1933年(昭和8年)、東京都世田谷区弦巻に転居し、以後没年まで居住する。1937年(昭和12年)、個人の資格で中国の天津北京大同方面に従軍、1938年(昭和13年)、大日本陸軍従軍画家協会が設立されると、潤吉も会員となり戦争画を描く。1944年(昭和19年)インパール作戦に同作品を記録するため作家・火野葦平と共に従軍、2人は協力して危険をくぐり抜けビルマまで戻っている。帰国後は軍需生産美術推進隊隊員として、各地の炭坑で制作を続けた。

戦後、「民家の向井」[編集]

戦争末期、爆撃のためしばしば防空壕に逃れる生活をするなか、ふと手にとった図録から民家の美しさに気付き、戦火のなか失われようとする美しいものを絵に残したいという思いを強くしていった。終戦後の1945年(昭和20年)11月、行動美術協会を設立。同年秋、新潟県川口村で取材した作品「雨」(個人蔵)を制作、以後生涯の主題として草屋根の民家を描き続ける。しかし、初期の頃は労働や生活の現場を画面に取り込んだ作風を見せ、いかにも潤吉らしい民家作品としての作風が確立するのは昭和30年代に入ってからのようである。1993年平成5年)5月、世田谷区に自宅を兼ねたアトリエとその土地、ならびに所蔵の作品を寄贈、同年7月、世田谷美術館の分館として向井潤吉アトリエ館が開館する。1995年(平成7年)、急性肺炎のため自宅で逝去。93歳没。

作風[編集]

戦後の高度経済成長により次第に伝統的家屋が失われていくなか、潤吉は全国を巡り古い藁葺き屋根の家屋を描き続けた。種々の資料や潤吉自身の言葉から推定すると描き残した民家は1000軒を超え、油彩による民家作品は2000点にも及ぶとされる。1959年(昭和34年)から1988年(昭和63年)までに描いた1074点の製作記録が残っており、これによると、制作場所は埼玉県が約32%、長野県が約19%、京都府が13%と大きな偏りがあり、近畿以西は旅で訪れてはいても作品は極めて少ない。一年の内の製作時期は、2月から4月が一つのピークで、ついで10月から12月が多く、逆に8月は非常に少ない。この理由として潤吉は「民家を描くためには、繁茂した木や草が邪魔になるからであるとともに、緑という色彩が自ら不得手だと知っているからでもある[2]」と述べている。

美術史家・辻惟雄は、今後も評価されるに違いない画家の一人として、潤吉の名を挙げている[3]

代表作[編集]

作品名 制作年 技法・素材 サイズ(縦x横cm) 所有者 備考
影(中国・蘇州上空にて) 1938年(昭和13年) 福富太郎コレクション
坑底の人々 1941年(昭和16年) 油彩・キャンバス 130.8x162.0 和敬塾 第28回二科会。小坂鉱山を取材した作品[4]
ロクタク湖白雨 1944年(昭和19年) 油彩・キャンバス 91.0x116.5 北九州市立文学館 向井が火野に贈った作品[4]
まひる 1946年(昭和21年) 油彩・キャンバス 148.2x202.6 福岡県立美術館 第1回行動展[4]
雪(ある記録画五題の内)(日光中宮祠戦場ヶ原) 1947年(昭和22年) 油彩・キャンバス 73.3x99.8 栃木県立美術館[5]
1956年(昭和31年) 京都市学校歴史博物館
春-杏花の村- 1961年(昭和36年) 油彩・キャンバス 73.0x100.0 ウッドワン美術館 日本国際美術展
聚落 1966年(昭和41年)
山村杏花(倉科) 不詳(1960年代) 大阪市立美術館
岳麓好日 1969年(昭和44年) 向井潤吉アトリエ館
峠の下の村 1978年(昭和53年) 世田谷美術館

自筆単行書[編集]

  • 北支風土記 大東出版社 1929年(昭和4年)
  • 南十字星下 陸軍美術協会 1942年(昭和17年)
  • 油彩-技法と鑑賞 東峰書院 1957年(昭和32年)
  • NHK日曜美術館第9集 学習研究社 1978年(昭和53年)
  • 滅びゆく民家をおしむ 世田谷区 1980年(昭和55年)

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社七彩は、1946年に島津マネキンの創始者・島津良蔵と向井良吉を中心に有限会社七彩工芸として創業。(沿革”. 株式会社七彩. 2017年8月31日閲覧。
  2. ^ 1971年昭和46年)10月13日 読売新聞朝刊都内版
  3. ^ 辻惟雄 『日本美術の歴史』 東京大学出版会、P434
  4. ^ a b c 出原均 相良周作 岡本弘毅 洲濱元子編集 『1945年±5年』 兵庫県立美術館 広島市現代美術館、2016年5月
  5. ^ 勝禮子 鈴木さとみ 志田康宏編集 『「戦後70年:もうひとつの1940年代美術―戦争から、復興・再生へ 美術家たちは何を考え、何を描いたか」展』 栃木県立美術館、2015年、第126図。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]