ジナイーダ・セレブリャコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジナイーダ セレブリャコワ
Serebryakova SefPortrait.jpg
自画像(1909)
生誕 Зинаида Евгеньевна Лансере
1884年11月30日
ロシア帝国, ハルキウ近辺
死没 (1967-09-19) 1967年9月19日(82歳没)
フランス, パリ
著名な実績 絵画
運動・動向

ジナイーダ・セレブリャコワЗинаи́да Евге́ньевна Серебряко́ваZinaida Serebriakova 1884年11月30日 - 1967年9月19日)は、ロシア帝国の女流画家。彫刻家ランセレの娘で、叔父は画家であるアレクサンドル・ベノワという芸術家の家系に生まれる。モスクワパリで絵を学び、1905年にはいとこと結婚して4人の子供に恵まれた。精力的に絵画制作を行うが、十月革命が勃発した後は貧困に苦しみ、1924年にパリに移住する。日本トルコインドの美術にも興味を示していた。晩年は祖国でも個展が開催された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]