クガイソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クガイソウ
Veronicastrum japonicum 1.JPG
福島県磐梯山 2010年8月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
: クワガタソウ連 Veroniceae
: クガイソウ属 Veronicastrum
: クガイソウ V. japonicum
学名
Veronicastrum japonicum (Nakai) T.Yamaz.
シノニム
  • Veronicastrum sibiricum (L.) Pennell var. japonicum (Nakai) H.Hara
    *Veronicastrum sibiricum (L.) Pennell subsp. japonicum (Nakai) T.Yamaz.
和名
クガイソウ(九蓋草、九階草)

クガイソウ(九蓋草、九階草、学名:Veronicastrum japonicum)はオオバコ科[1]クガイソウ属多年草。かつてはゴマノハグサ科に含められていた。

特徴[編集]

は円形で直立し、株立ちになり、高さは80-130 cmになる。は4-8枚が輪生し、単葉で長さ5-18 cm、幅2-5 cmになり、形は長楕円状披針形で先端がとがり、基部にはごく短い柄があるか無柄で、縁には多くの鋸歯がある。

花期は7-8月。茎の先端に穂状になる長い総状花序をつけ、淡紫色の多くのをつける。花序は長さ10-25 cmになり、花序軸には短い毛が散生する。花冠は長さ5-6 mmになり、先端は4浅裂し、裂片の先端はややとがる。雄蕊は2本あり、花冠から長く突き出る。果実蒴果で長さ2.5 mmの卵形になる。

茎に輪生する葉が層になってつくので、九蓋草、九階草の名がある。

分布と生育環境[編集]

日本の本州に広く分布し、山地や高原の日当たりの良い草地に生育する。

変種[編集]

  • イブキクガイソウ Veronicastrum japonicum (Nakai) T.Yamaz. var. humile (Nakai) T.Yamaz. -滋賀県伊吹山に分布し、全体にクガイソウより小さく、高さは50 cmほど。
  • ナンゴククガイソウ Veronicastrum japonicum (Nakai) T.Yamaz. var. australe (T.Yamaz.) T.Yamaz. -紀伊半島、四国、九州中部の山地に分布し、花序軸には毛が生えない。

脚注[編集]

  1. ^ D. C. Albach, H. M. Meudt, B. Oxelman (2005), Piecing together the “new” Plantaginaceae, 92, pp. 297-315, doi:10.3732/ajb.92.2.297 

参考文献[編集]