ギュベチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギュベチ
Djuvec.jpg
種類 シチュー
地域 バルカン半島
主な材料 牛肉、オリーブ、トマト、マッシュルーム、タマネギ、ハーブ、スパイス
テンプレートを表示
エビのギュベチ

ギュベチ(トルコ語: güveç, [ɡyˈvet͡ʃ];[1]ブルガリア語: гювеч, [ɟuˈvɛt͡ʃ]ボスニア語: đuveč, [ɟuˈvɛt͡ʃ]マケドニア語: ѓувеч, [ˈɟuvɛt͡ʃ]セルビア語: ђувеч, [ˈd͡ʑuʋɛt͡ʃ]ルーマニア語: ghiveci, [ɡivet͡ʃ]ハンガリー語: gyuvecs, [ˈɟuvet͡ʃ])は、トルコボスニアルーマニアブルガリアクロアチアマケドニアセルビアの料理である。トルコ語ではギュヴェチと呼ばれるが、ブルガリア語、ボスニア語、マケドニア語、セルビア語、ハンガリー語ではジュヴェチ、ルーマニア語ではギヴェチと呼ばれている。ラタトゥイユと似た、オーブンで焼いた肉と野菜のシチューである。肉、オリーブトマトマッシュルームタマネギハーブ等が加えられ、焼いたナスピーマンニンニク、トマト、酢から作るバルカン風ミックスサラダがしばしば添えられる。

肉としては、鶏肉、豚肉、羊肉が用いられることが多いが、牛肉や魚を用いることも肉は使わないこともある。野菜としては、タマネギ、トマト、唐辛子ズッキーニ、ナス、豆、ジャガイモニンジン等が用いられ、パプリカサマーセイボリーやその他様々なハーブで風味付けされる。フライパンかオーブンで調理される。

ギュベチという名前は、トルコ語で「陶器製の鍋」を意味するgüveçという言葉に由来する伝統的なキャセロールđuvečに由来する。

関連項目[編集]

出典[編集]