キャサリン・メーニッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャサリン・メーニッヒ
Katherine Moennig
本名 Katherine Sian Moennig
別名義 Kate Moennig(ケイト・メーニッヒ)
生年月日 (1977-12-29) 1977年12月29日(43歳)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマなど
活動期間 2000年 -
配偶者 アナ・レゼンデ
主な作品
テレビドラマ
Lの世界』シリーズ
レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー
テンプレートを表示

キャサリン・シアン・メーニッヒ(Katherine Sian Moennig, 1977年12月29日 - )は、アメリカ合衆国女優ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。

生い立ち[編集]

1977年12月29日ブロードウェイダンサーのメアリー・ザーンとヴァイオリン製作者のウィリアム・メーニッヒの娘として、ペンシルバニア州フィラデルフィアに生まれる。ブライス・ダナーの姪であり、グウィネス・パルトローの従妹でもある[1]ドイツ人スコットランド人アイルランド人の血を引く。「メーニッヒ」はドイツ系の姓。

キャリア[編集]

18歳でニューヨークに移り、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで演技を学んだ。モデルや舞台俳優として活動した後、2000年にテレビシリーズ『Young Americans』に出演。映画『ボーイズ・ドント・クライ』のオーディションを受けたが、主役に選ばれたのはヒラリー・スワンクだった。

2004年から2009年にかけて、ロサンゼルスレズビアンバイセクシャルの女性たちの人生を描いたテレビドラマ『Lの世界』にシェーン役で出演。2008年6月22日には同作のDVD発売記念キャンペーンのため初来日。成田空港には関係者やスタッフの予想を遥かに上回る約1,000人のファンが集まり、急遽到着ロビーが変更されるなど混乱が起きた[2]

2019年から放送が開始された、『Lの世界』の続編ドラマ『Lの世界 ジェネレーションQ』では、前作に引き続きシェーン役で出演[3][4]2020年5月より、アリス役のレイシャ・ヘイリーと共にMCを務めるポッドキャストPANTS with Kate and Leisha』も配信開始された[5]

私生活[編集]

ドラマ『Lの世界』に出演中、ユニセックスなルックスに加え、過去出演作でトランスジェンダーの役を演じたことや映画『ボーイズ・ドント・クライ』のオーディションを受けていたこともあり、メーニッヒ自身のセクシュアリティに関して大きな関心が寄せられた。メーニッヒはそれについてノーコメントを貫いていたが[6][7]2017年ブラジル映画監督ディスコパンクバンドCSSの女性ギタリストシンセサイザー担当のアナ・レゼンデと結婚した[8]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2000 The Ice People ワンジャ・カジンスキー 短編
2001 シッピング・ニュース
The Shipping News
グレース・ムースアップ
ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男
Love the Hard Way
デビー
Slo-Mo レイブン 短編
2004 Invitation to a Suicide エヴァ
2006 アートスクール・コンフィデンシャル
Art School Confidential
キャンディス
2009 みんな元気
Everybody's Fine
ジリー
2011 リンカーン弁護士
The Lincoln Lawyer
グロリア
2012 ファインド・アウト
Gone
エリカ・ロンズデール
2014 デフォルト・ハイジャック英語版
Default
ジュリアナ
2016 My Dead Boyfriend ゾーイ
2017 Lane 1974 ハレルヤ

テレビシリーズ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
2000 Young Americans ジャクリーン・"ジェイク"・プラット 8エピソード
2001 ロー&オーダー
Law & Order
メリッサ 1エピソード
2003 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
シェリル・エイブリィ 1エピソード
2004-2009 Lの世界
The L Word
シェーン・マッカチョン メインキャスト
70エピソード
2008 CSI:マイアミ
CSI: Miami
メリー・ランディス 1エピソード
2009 スリー・リバーズ~命をつなぐ熱き医師たち
Three Rivers
Dr.ミランダ・フォスター 10エピソード
2013-2020 レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー
Ray Donovan
リーナ メインキャスト
60エピソード
2019 Grown-ish ペイジ・ヒューソン教授 8エピソード
2019- Lの世界 ジェネレーションQ
The L Word: Generation Q
シェーン・マッカチョン 『Lの世界』の続編
メインキャスト兼エグゼクティブ・プロデューサー

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Traister, Rebecca (2000年10月8日). “Androgynous Actress Kate Moennig Is ‘Alt.Gwyn,’ Paltrow's Cousin”. The New York Observer. pp. 1. 2006年12月28日閲覧。
  2. ^ “セクシーすぎるレズビアン、キャサリン・メーニッヒに1000人の日本女性が!”. シネマトゥデイ. (2008年6月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014262 2008年6月23日閲覧。 
  3. ^ “シェーンが戻ってくる!『Lの世界』リバイバル版のタイトルが決定”. 海外ドラマNAVI. (2019年5月28日). https://dramanavi.net/drama/news/2019/05/l-2.php 2019年5月28日閲覧。 
  4. ^ ロサンゼルスを舞台に様々な世代の心情を描く『Lの世界 ジェネレーションQ』見どころ”. 日テレTOPICS (2020年10月7日). 2020年10月7日閲覧。
  5. ^ “LEISHA HAILEY & KATE MOENNIG’S PODCAST ‘PANTS’ IS A MUST”. KITSCHMIX. https://kitschmix.com/leisha-hailey-kate-moennigs-podcast-pants-is-a-must/ 2021年4月3日閲覧。 
  6. ^ Traister, Rebecca (2000年10月9日). “Androgynous Actress Kate Moennig Is ‘Alt.Gwyn,’ Paltrow's Cousin (HTML)” (English). New York Observer. pp. 1. 2006年12月28日閲覧。 “Although she is straight and is currently seeing a Los Angeles actor "who knows what he wants," Moennig recalled a number of instances when, because of her appearance, she was "probably" hit on by women, who either mistook her for a boy or for a lesbian.”
  7. ^ “【今週のクローズアップ】「Lの世界」”. シネマトゥデイ. (2008年2月2日). http://www.cinematoday.jp/page/A0001637 2008年2月2日閲覧。 
  8. ^ Episode 221: Kate Moennig”. RuPaul: What's The Tee? (2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]