カルロス・アローヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・アローヨ
Carlos Arroyo
ベシクタシュJK (バスケットボール)  No.30
Carlos arroyo miami heat.jpg
名前
本名 カルロス・アルベルト・アローヨ・ベルムデス
ラテン文字 Carlos Arroyo
スペイン語 Carlos Alberto Arroyo Bermúdez
基本情報
プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 1979年7月30日(34歳)
出身地 ファヤルド
身長 188cm
体重 92kg
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 30
ドラフト 2001年 ドラフト外
代表歴
キャップ プエルトリコの旗 1999年-現在
経歴
1996-1997
1998-2001
2001-2002
2002
2002
2002
2002-2005
2005-2006
2006-2008
2008-2009
2009-2010
2011
2011-
ファヤルド・カリドゥーロス
カングレヘロス・デ・サンタース カングレヘロス・デ・サンタース
トロント・ラプターズ トロント・ラプターズ
サスキ・バスコニア タウ・セラミカ
デンバー・ナゲッツ デンバー・ナゲッツ
カングレヘロス・デ・サンタース カングレヘロス・デ・サンタース
ユタ・ジャズ ユタ・ジャズ
デトロイト・ピストンズ デトロイト・ピストンズ
オーランド・マジック オーランド・マジック
マッカビ・テルアビブ マッカビ・デルアビブ
マイアミ・ヒート マイアミ・ヒート
ボストン・セルティックス
ベシクタシュJK
 
獲得メダル
男子バスケットボール
プエルトリコの旗 プエルトリコ
FIBAアメリカ選手権
2003 サンフアン
2007 ラスベガス
2009 サンフアン 大会ベスト5

カルロス・アローヨCarlos Arroyo)ことカルロス・アルベルト・アローヨ・ベルムデスCarlos Alberto Arroyo Bermúdez1979年7月30日 - )は、プエルトリコのプロバスケットボール選手ファヤルド出身。ポジションはポイントガード。プエルトリコ人では5人目のNBAプレーヤー。

NBAでの経歴[編集]

フロリダ国際大学在学中NCAAで活躍。

卒業後、トロント・ラプターズと契約したが、シーズン途中の2002年1月に解雇され、一時スペインサスキ・バスコニアでプレー後、同年3月、デンバー・ナゲッツと契約。

同年シーズン終了後、ユタ・ジャズと契約。2003年にジョン・ストックトンが引退した後は、ポイントガードのポジションを埋める活躍を見せる。11月14日ミネソタ・ティンバーウルブズ戦ではプエルトリコ出身選手としては最多記録となる30得点をマークした。

2005年1月、ジェリー・スローンHCとの確執を理由に、エルデン・キャンベルElden Campbell)との交換によりデトロイト・ピストンズへトレードされる(キャンベルは直後に放棄されピストンズ復帰)。同シーズン、プエルトリコ人としてはアルフレッド・リーAlfred Lee)(ロサンゼルス・レイカーズ)以来2人目となるNBAファイナル進出を果たすが、敗退。

2006年2月、ダーコ・ミリチッチとともに、ケルビン・ケイトーKelvin Cato)およびドラフト指名権との讓渡でオーランド・マジックへ移籍。

2008年、ユーロリーグを幾度も制覇している欧州の名門マッカビ・テルアビブへ移籍。

2009年、NBAマイアミ・ヒートへ移籍。

2011年、NBAボストン・セルティックスへ移籍。その後、トルコのベシクタシュJKへ移籍した。

プエルトリコ代表[編集]

プエルトリコ代表としてアテネ五輪及び2006年世界選手権に出場した。2006年世界選手権代表のうちNBA所属はカルロス・アローヨピーター・ラモスの2人であった。2010年にトルコで開かれる世界選手権の南アメリカ大陸予選に出場、準優勝を果たすと共に大会ベスト5にも選出された。(本大会出場権獲得)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]