ダーコ・ミリチッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダーコ・ミリチッチ
Darko Miličić
Darko Milicic cropped.jpg
現役時代 (ミネソタ・ティンバーウルブズ) のミリチッチ (2010年)
引退
ポジション(現役時) センター
背番号(現役時) 31、13、99、26
身長(現役時) 213cm (7 ft 0 in)
体重(現役時) 124.7kg (275 lb)
基本情報
本名 ダーコ・ミリチッチ
ラテン文字 Darko Miličić
セルビア語 Дарко Миличић
誕生日 (1985-06-20) 1985年6月20日(35歳)
セルビアの旗 セルビア
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア セルビア
南バチュカ郡ノヴィ・サド
出身 セルビアの旗 KKヘモフォーム
NBAドラフト 2003年 2位 
選手経歴
2001-2003
2003-2006
2006-2007
2007-2009
2009-2010
2010-2012
2012
KKヘモファーム KKヘモファーム
 DET デトロイト・ピストンズ
 ORL オーランド・マジック
 MEM メンフィス・グリズリーズ
 NYK ニューヨーク・ニックス
 MIN ミネソタ・ティンバーウルブズ
 BOS ボストン・セルティックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com
代表歴
キャップ セルビア・モンテネグロの旗 2005年-2006年
セルビアの旗 2007年

ダルコ・ミリチッチセルビア語: Дарко Миличић,英語: Darko Miličić1985年6月20日 - )は、セルビアのプロバスケットボール選手NBAでプレーしていた。ユーゴスラビア連邦セルビア南バチュカ郡ノヴィ・サド出身。身長213cm、体重124.7kg。ポジションはセンター


経歴[編集]

ユーロリーグでの活躍を経て、2003年のNBAドラフトにてデトロイト・ピストンズより1巡目2位で指名を受けて入団した(その頃のピストンズは好調であり高順位のドラフト指名権など持てるはずなどなかったが、1996年バンクーバー・グリズリーズと行われたトレードによって指名権を得ることが出来た)。その年のピストンズはNBAチャンピオンシップを獲得するが、スターター・ベンチとも層の厚いピストンズではほとんど出場機会が与えられず、出場するときは敗戦確実な試合がほとんどだった。この時に付けられたあだ名は"The Human Victory Cigar"といい、「彼が出場する時観客は既に勝利のタバコを吸っている(勝敗が決まっている)。」という意味の屈辱的なもの。社長のジョー・デュマースも「彼は将来チームの為に大きな役割を果たすだろう」と語っていたが、その次のシーズンも出場時間は変わらず、2006年2月にマジックとピストンズの間で成立したトレードによってマジックへと移籍した。マジックではある程度の出場時間を得たが、2007年7月にメンフィス・グリズリーズに移籍した。2009年6月、トレードでニューヨーク・ニックスへ、2009-10シーズン中にニックスからミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍、2011-2012シーズンまでプレーした。2012年9月、ボストン・セルティックスに移籍。同年11月21日、セルティックスから契約を解除された。

代表[編集]

セルビア・モンテネグロ代表選手であり、2006年に日本で開催されるバスケットボール世界選手権に参加するために来日して2002年の世界選手権金メダルの再現を目指してチームを引っ張った。ミリチッチは6試合に出場、チーム最高の1試合平均9.3リバウンド、2.8ブロック、チーム2位の16.2得点、1.8アシストをマーク、ベスト8決定戦ではスペインと対戦、NBAのオールスター選手でもあるパウ・ガソルとマッチアップして、18得点、15リバウンド、3ブロックを記録した。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2003–04

DET 34 0 14.7 .262 .000 .583 5.3 1.2 .2 .4 7.8
2004–05 DET 37 2 23.9 .399 .000 .708 6.2 1.2 .1 1.5 12.5
2005–06 DET 25 0 26.6 .515 .000 .375 4.1 2.4 .1 .6 13.3
2005–06 ORL 30 26 30.9 .507 .000 .595 8.1 5.1 .4 2.1 14.2
2006–07 ORL 80 53 33.9 .454 .000 .613 9.5 6.1 .6 1.8 15.8
2007–08 MEM 70 64 29.8 .438 .000 .554 11.1 3.8 .5 1.6 15.1
2008–09 MEM 61 60 31.2 .515 .000 .562 9.3 5.6 .4 1.8 16.9
2009–10 NYK 8 8 28.9 .471 .500 .621 8.3 4.5 .5 2.1 13.5
2009–10 MIN 24 18 35.6 .492 .000 .536 10.5 8.8 .8 1.4 17.2
2010–11 MIN 69 69 34.4 .469 .000 .557 9.2 6.5 .8 2.0 17.8
2011–12 MIN 29 23 29.3 .454 .000 .432 7.3 6.6 .3 1.9 15.8
2012–13 BOS 1 0 25.0 .550 .000 .000 5.0 1.0 .0 1.0 12.0
Career 468 208 30.5 .460 .000 .574 7.2 5.9 .4 1.3 13.2

Playoffs[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2004 DET 8 0 10.0 .415 .000 .250 1.4 .1 .1 .0 3.1
2005 DET 9 0 12.3 .286 .000 1.000 1.4 .1 .0 .1 5.6
2007 ORL 4 0 27.8 .588 .000 .529 7.5 3.0 .3 1.0 14.8
Career 21 0 19.2 .489 .000 .500 3.2 1.3 .1 .2 10.7

脚注[編集]

その他[編集]

  • ドウェイン・ウェイドはオフシーズンにホテルを予約する際にダーコ・ミリチッチの名前を使う。ミリチッチのほうがドラフト上位で指名されたことに納得がいかず、その屈辱感を忘れないためとのこと。
  • 2004年、デトロイト・ピストンズ時代にNBAチャンピオンを経験した際、ラシード・ウォーレスの考案で選手や関係者全員に "チャンピオンベルト" が贈呈され、ミリチッチにもベルトが贈呈されたが、後に「自分は優勝に何一つ貢献出来なかった」という理由で、ベルトを「返上」している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]