カルピスバター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルピスバターは、カルピス(二代目法人)が製造し、アサヒ飲料が販売するバター

概要[編集]

1963年(昭和38年)より発売開始。カルピスを作る工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分(クリーム)から製造される。カルピス30数本から1ポンド(450g)のバターしか作れないため、単独の製品として大量生産はできない。カルピス用につくられた乳を使っているために、製品の純白な色も特徴である。

1963年の発売当初は業務用のバターとして出荷されていたが、プロの間での高い評価が噂を呼び、その後1981年からは一般向けにも発売された。上記の理由から大量生産ができず、積極的な広告などもほとんどされなかったことから「幻のバター」とも呼ばれている。

値段は通常のバターの約2倍(450g 1350円。2009年1月現在)と少しばかり高価である。

なお、会社としてのカルピスが販売するバターであること(製品としての「カルピス」は含まれていない)から「カルピス(株) バター」と表記されており、ロゴマークも製品としての「カルピス」ロゴではなく、カルピス株式会社の「CALPIS」ロゴが用いられている。

沿革[編集]

  • 1963年 業務用<特撰バター>を発売
  • 1981年 一般向け『特選バター』を発売

商品ラインナップ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]