カルダシェフ・スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カルダシェフ・スケール[1] (The Kardashev scale) とは、1964年に旧ソ連の天文学者ニコライ・カルダシェフが考案した、宇宙文明の発展度を示す三段階のスケールである[1][2]

概要[編集]

このスケールは、次に示す3つの段階にカテゴライズされている[2]

  • I型 - 1964年時点の地球で達成されているレベルに近い文明。エネルギー消費は 4 × 1019 erg/秒(およそ4 × 1012W)。
  • II型 - 母星の恒星の全てのエネルギーを利用することができる文明。例えば、ダイソン球を構築できる科学技術を有するレベル。エネルギー消費は 4 × 1033 erg/秒(およそ4 × 1026W)。
  • III型 - 属する銀河の全てのエネルギーをコントロールできる文明。エネルギー消費は 4 × 1044 erg/秒(およそ4 × 1037W)。

出典[編集]

  1. ^ a b 「文明のレベルを分類する「カルダシェル・スケール」」、『Newton』第37巻第10号、ニュートンプレス2017年7月、 35頁。
  2. ^ a b Kardashev, Nikolai (1964). “Transmission of Information by Extraterrestrial Civilizations”. Soviet Astronomy 8: 217. Bibcode 1964SvA.....8..217K.