カブヤオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カブヤオ
Lungsod ng Kabuyaw
(上段左から右へ): カブヤオ大学、カブヤオ広場、聖ポリカルプ教会、軽工業・科学団地、ラグナ・マラヤン大学、カブヤオ市役所
(上段左から右へ): カブヤオ大学、カブヤオ広場、聖ポリカルプ教会、軽工業・科学団地、ラグナ・マラヤン大学、カブヤオ市役所
愛称: 
The City of Modern Factories; The Enterprise City of the Philippines;[1] Next Wave City;[2][3] The Home of the Legendary Kampanang Ginto;[4][5] Golden Bell City;[6]
formerly: The Richest Municipality of the Philippines[7]
標語: 
1つのカブヤオ、1つの目標
(Isang Kabuyaw, Isang Pananaw)
Anthem: Cabuyao Hymn (Imno ng Kabuyaw)
ラグナ州内のカブヤオの位置
ラグナ州内のカブヤオの位置
カブヤオの位置(フィリピン内)
カブヤオ
カブヤオ
カブヤオの位置
北緯14度16分42秒 東経121度07分29秒 / 北緯14.27833度 東経121.12472度 / 14.27833; 121.12472座標: 北緯14度16分42秒 東経121度07分29秒 / 北緯14.27833度 東経121.12472度 / 14.27833; 121.12472
フィリピン
地方 カラバルソン地方 (Region IV-A)
ラグナ州
設立 1571年1月16日
市制 2012年8月4日
バランガイ 18
行政
 • 市長 Jun Hemedes, Jr. (民族党(NP))
 • 副市長 Rommel A. Gecolea
面積
 • 合計 43.30km2
人口
(2010)[10]
 • 合計 248,436人
 • 密度 5,700/km2
族称 Cabuyeños (male)
Cabuyeñas (female)
等時帯 UTC+8 (PST)
ZIP code
4025
Dialing code 49
収入階級 1級
言語 タガログ語英語
ウェブサイト www.cityofcabuyao.gov.ph

カブヤオ([kɑːbˈjɑːw]; [kabuˈjɐw])(フィリピノ語: Lungsod ng Kabuyaw)(ISO: PH-40; PSGC: 043404000[11]) はフィリピンルソン島カラバルソン地方ラグナ州の都市である。2010年時点の人口は約24.8万人だった。 [10] かつては多くの移民が工場で働いており、「最も裕福な町」だった。 [7] [12] ネスレアジア醸造所サン・ミゲルタンドゥアイワイスP&G、経済特区、ラグナ・マラヤン大学が立地する。 [13] [14] [15] [16]

地理[編集]

カブヤオはマニラ首都圏43km南東に位置し、ラグナ州の東部に当たる。州都のサンタ・クルズから54km、地方の中心のカランバ中心部から9km離れている。バエ湖に接し、kanduli、biya、talapia、ayungin、hito、karpa、mamale、bangus、dalag、papalo、kakasuhet、dulong等の魚が獲れる。 [17] カブヤオには4本に川が流れる。 [18]

  • カブヤオ川:サンタ・ロサとの境界を流れる。
  • ニウガン・サラ川:市内を流れる。
  • ティワイ・ティワイ川:バエ湖に流れ込む。
  • サン・クリストバル川:カランバとの境界を流れる。

2004年時点で田圃は約9.4km2有った。 [19] の他ににんにくズッキーニ西瓜パイナップルコーヒー等が栽培されている。 [20]

気候[編集]

Cabuyao City, Laguna, Philippinesの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 35
(95)
35
(95)
36
(97)
37
(99)
38
(100)
38
(100)
38
(100)
36
(97)
35
(95)
35
(95)
35
(95)
34
(93)
38
(100)
平均最高気温 °C (°F) 30
(86)
31
(88)
32
(90)
33
(91)
33
(91)
32
(90)
31
(88)
30
(86)
31
(88)
30
(86)
30
(86)
30
(86)
31
(88)
平均最低気温 °C (°F) 21
(70)
22
(72)
22
(72)
24
(75)
25
(77)
25
(77)
24
(75)
23
(73)
23
(73)
23
(73)
23
(73)
22
(72)
23
(73)
最低気温記録 °C (°F) 14
(57)
14
(57)
16
(61)
16
(61)
17
(63)
20
(68)
22
(72)
21
(70)
21
(70)
21
(70)
19
(66)
17
(63)
14
(57)
出典: Weatherbase[21]

歴史[編集]

王国時代[編集]

紀元前300年頃、マレー人がフィリピンに到着した。バエ湖周辺に定住したマレー人にいよって、マニラは商業・貿易の中心として栄えた。中国人アラブ人、他のマレー系民族と交易が行われた。外国人商人は湖周辺に村を創った。マレーシアインドネシアインドシナから来たマレー人が、湖の西に「タブコ」(現地語で境界)という巨大な村を創った。 [22]

スペイン植民地時代[編集]

1570年ミゲル・ロペス・デ・レガスピマニラを植民地にした。レガスピはフアン・デ・サルセード船長に、バエ湖周辺の全ての集落を征服するよう命じた。リサール州カインタタイタイが最初に征服された。

1571年1月16日、レガスピはタブコをエンコミエンダ制に組み込んだ。カランバサンタ・ロサがタブコ政府に組み込まれた。この時タブコは初めて境界を持った。タブコは川の曲線部や湖に近く、船の利便性が高かった。カブヤオの木が茂っており、実はシャンプーに用いられていた。フランシスコ会の修道士がこの土地の名を現地の女性に聞くと、女性は木の名前は聞かれたと思い「カブヤオ」と答えた。以来、タブコはカブヤオと呼ばれるようになった。スペイン人ビニャンサンタ・ロサカランバの範囲を支配する政府をカブヤオに設置した。

1689年ビニャンが分離した。その後サンタ・ロサ・デ・リマも分離した。

1896年カヴィテ州がスペイン政府に反乱を起こした。これを受けて、イサベロ・ヴィルトゥシオはスペイン軍と戦う義勇軍を募った。ヴィルトゥシオは異なる革命軍をまとめ、パシアノ・リサール将軍に合流した。リサールはフィリピンの英雄のホセ・リサールの兄である。

1898年、フィリピン人による2年間に及ぶゲリラ攻撃を受け、スペイン軍は降伏した。 [22]

アメリカ植民地時代[編集]

1899年スペインからの独立を祝う間も無く、アメリカ軍がカブヤオを訪れ占領した。この時起きた戦闘で多くのフィリピン人が殺害された。最初の頃は、アメリカ軍への降伏を拒否したフィリピン兵によって頻繁に強盗が起きた。アメリカ軍は彼らを逮捕し、拷問した。

日本統治時代[編集]

1942年1月1日、日本軍がカブヤオを占領した。占領下で複数のゲリラ組織が結成された。カブヤオでは日本軍とフィリピン人の衝突は起きなかった。

アメリカによる再占領[編集]

1944年9月21日、アメリカ軍がマニラへの爆撃を開始した。当時、ニコラス・ソリアノ大佐率いるゲリラがカブヤオを支配していた。その為、アメリカ・フィリピン連合軍がカブヤオに入った時、衝突は起きなかった。アメリカはすぐにフィリピン市民問題組織(PCAU)を設立した。PCAUは周辺自治体からの避難民やカブヤオ市民に食料や衣服を提供した。

フィリピン独立[編集]

1946年7月4日、マニラ条約によってフィリピンは独立した。マニュエル・ロクサスが初代大統領になった。

1986年エドゥサ革命が起きる。

2012年8月4日、ラグナ州で5番目の独立市になる。

人口推移[編集]

カブヤオの人口推移
人口±% p.a.
1990 66,975—    
1995 82,382+3.96%
2000 106,630+5.69%
2007 205,376+9.46%
2010 248,436+7.17%
Source: National Statistics Office[10][23]

宗教[編集]

カブヤオ市民の多くがキリスト教徒で、その内93%がローマ・カトリックを信仰する。 [24] [25]

カブヤオ市役所

姉妹都市[編集]

国内[編集]

姉妹都市
フィリピンの旗 ビニャン ラグナ州
フィリピンの旗 リリウ ラグナ州

国外[編集]

姉妹都市
バーフムト ウクライナの旗 ウクライナ
タイパルサーリ フィンランドの旗 フィンランド

脚注[編集]

  1. ^ Official Website of the City of Cabuyao
  2. ^ GMA News Online|List of 'next wave' cities for oursourcing firms released
  3. ^ BusinessWorld Online - Top 10 'next wave' cities for BPOs announced
  4. ^ Philippine Travel Destinations - Cabuyao
  5. ^ WOWLaguna - Batingaw Festival of Cabuyao, Laguna
  6. ^ Official Website of the City of Cabuyao - News and Events
  7. ^ a b WOW Laguna - Why Cabuyao is the Richest Municipality in the Philippines
  8. ^ Official City/Municipal 2013 Election Results”. Intramuros, Manila, Philippines: Commission on Elections (COMELEC) (2013年9月11日). 2013年11月18日閲覧。
  9. ^ Province: LAGUNA”. PSGC Interactive. Makati City, Philippines: National Statistical Coordination Board. 2013年11月18日閲覧。
  10. ^ a b c Total Population by Province, City, Municipality and Barangay: as of May 1, 2010”. 2010 Census of Population and Housing. National Statistics Office. 2013年11月18日閲覧。
  11. ^ Philippine Standard Geographic Code”. Nscb.gov.ph. 2012年1月25日閲覧。
  12. ^ WOW Laguna - Cabuyao, Laguna
  13. ^ Republic Act No. 10163 - Cabuyao City Charter
  14. ^ 15th Congress - House Bill No. 4259 - Senate of the Philippines
  15. ^ Philippine Daily Inquirer - Cabuyao, Laguna, is newest city
  16. ^ Commission on Elections - Resolutions
  17. ^ Cabuyao Official Website/Natural Heritage - Lakes
  18. ^ Cabuyao Official Website/Natural Heritage - Rivers
  19. ^ Cabuyao Official Website/Natural Heritage - Ricefields
  20. ^ Cabuyao Natural Heritage - Plants/Trees
  21. ^ Weatherbase: Historical Weather for Philippines”. Weatherbase (2008年). 2009年5月27日閲覧。
  22. ^ a b Cabuyao Official Website - History
  23. ^ Province of Laguna”. Municipality Population Data. LWUA Research Division. 2013年11月19日閲覧。
  24. ^ Cabuyao, Laguna/Demography and Population”. Msc.edu.ph. 2012年1月25日閲覧。
  25. ^ Cabuyao, Laguna/Demography & Religion”. Msc.edu.ph. 2012年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]