アジア醸造所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジア醸造所
企業形態 子会社
設立 1982
創業者 陳永栽英語版(ルシオ・タン)
本社 フィリピンの旗 フィリピン マカティ
事業地域 フィリピン
主要人物 陳永栽 (会長)
Michael G. Tan (社長)
製品 ビールノンアルコール飲料
親会社 LTグループ
ウェブサイト asiabrewery.com
テンプレートを表示


アジア醸造所(Asia Brewery, Inc.)はフィリピンの飲料会社。上場持株会社で陳永栽英語版(ルシオ・タン)が所有するLTグループに属している。フィリピンに存在する2社のビール会社の一つであり、ノンアルコール飲料も製造している。

歴史[編集]

アジア醸造所は1982年1月27日に陳永栽によって設立され、ラグナ州カブヤオのビール醸造所として発足し、ビアハウゼン・パールピルセン(Beer Hausen Pale Pilsen)を展開した。その後、マニラビール(Manila Beer)が1985年に、ビア・パールピルセン(Beer Pale Pilsen)が1988年に続いた。ビア・パールピルセンの発表はサン・ミゲルとの競争の中発表され、サン・ミゲルのものと類似した味、名称であったために多くの論争を呼んだ[1]。現在は同ブランドはビア・ナ・ビア(Beer Na Beer)と呼ばれている。

1992年、企業は東ミサミス州エル・サルバドル英語版に年産2億リットルのビール生産が可能な2箇所目の醸造所を設置した。ボトルウォーターのSummitとAbsolute、冷茶飲料のPacific Sun、スポーツ飲料の100plusやエナジー飲料のCobra、アルコールミックスのタンドゥアイ Iceやタンドゥアイ Black"alcomixes"など生産ラインの稼動など多様化も始まった。国際市場への進出も検討している[2]

国際ブランド[編集]

コルト45英語版をライセンス生産、アサヒスーパードライを販売している[3][4]。かつてはカールスバーグ(1987)、バドワイザー(1997)、ローンスター英語版(1999)のライセンスを得ていた。

2007年、ヴァージン・コーラの終了まで子会社のInterBevフィリピンを通じてヴァージン・コーラのボトラーとなった。

2011年、タイのグリーンスポット社(Green Spot Company Ltd.)から特定の販売マイルストーンが与えられた合弁合意の下での製品製造をオプションとしてVitamilk soy milkのフィリピンでの販売権を得た。

2012年、同社はスペインの乳製品会社Grupo Leche Pascual(現Calidad Pascual)との合弁でAB Pascual Foodsを設立し、ヨーグルト市場に参入することを発表した。合弁企業はクリーム・ディライト・ヨーグルトの輸入を行い、2-3年でフィリピン国内にヨーグルト工場の設置を計画している[5][6][7]

2014年3月、ネスティ英語版のRTD版の生産と販売のライセンスをコカコーラ・ボトラーズ・フィリピン英語版から得たと公表した[8]

醸造所[編集]

製品[編集]

バスケットボールチーム[編集]

[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯14度33分24秒 東経121度01分17秒 / 北緯14.55667度 東経121.02139度 / 14.55667; 121.02139