サンキスト (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンキスト 'オレンジ'
1 缶 (375 mL)あたりの栄養価
エネルギー 833 kJ (199 kcal)
48.4 g
糖類 48.4 g
0 g
0 g
ミネラル
ナトリウム
(2%)
34 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
サンキスト 'オレンジ'
1 缶 (355 mL)あたりの栄養価
エネルギー 711.28 kJ (170.00 kcal)
44 g
糖類 43 g
0 g
0 g
ミネラル
ナトリウム
(5%)
70 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

サンキスト(英語: Sunkist)は1979年にアメリカ合衆国で立ち上げられたソフトドリンクのブランド。このブランドは果汁100%ジュースではなく、炭酸飲料や清涼飲料としてのブランドになっている。

歴史[編集]

飲料のサンキストブランドは1979年当時、ペプシコーラ製造の大手独立系ボトラーであったゼネラル・シネマ英語版サンキスト・グローワーズがライセンスを認可したのが始まりである。これは当時コカコーラ社のファンタブランドなどで、オレンジが汎世界的に3番目に販売の大きいドリンクフレーバーであることを示す市場調査に基づいて、将来性を予見したMark Stevensの構想に基づくものだった。1977年から1978年初期にかけて味、色、炭酸の強さについての大規模な研究開発が行われ、サンキストは当時Edward F. O'Reillyが社長だったニューヨークのコカ・コーラ社が販売権を得てニューヨークでひのき舞台を飾った。多くの他社製品と違い、サンキストのオレンジジュースにはカフェインが41.0mg含まれている[1]

立ち上げ時、サンキストにかかわる従業員は社長のMark Stevens、販売部門のPeter Murphy、研究開発部門のDr. John Leffingwell、財務部門のRay Sissom、東北地域運営のJim DeDreuの五人であった。サンキストブランドは大手のコカコーラとペプシコーラが販売権を取得したことですぐに全国的に展開された。TV・ラジオコマーシャルでは広告スローガンの"fun, sun and the beach"にザ・ビーチ・ボーイズグッド・ヴァイブレーションをブランドの主題歌として宣伝が行われた。1980年、サンキスト・オレンジソーダはアメリカ国内でオレンジ炭酸飲料で1位であり、販売量もソフトドリンクで10位であった。

販売[編集]

1984年後半、飲料のサンキストはデルモンテ・フーズに売却された。

アメリカ合衆国では1986年から2008年まで、キャドバリー・シュウェップス子会社のキャドバリー・シュウェップス・アメリカス・ビバレッジのライセンスを通してキャドバリー・シュウェップスが生産した。キャドバリー・シュウェップス・アメリカス・ビバレッジの分社化後、現在はドクターペッパー・スナップル・グループが製造している。ドクターペッパー・スナップル・グループはサンキストのダイエット版も製造している。

イギリスではサンキスト・グローワーズのライセンスの下、炭酸飲料などとしてヴィムト英語版から販売されている。

オーストラリアではアサヒ子会社のシュウェップス・オーストラリアが販売しているが、オーストラリア製造のものはカフェインフリーとなっている。

カナダではカナダ・ドライ・モッツ英語版からカフェイン抜きのオレンジジュースがC'プラスとして販売されている[2]。パッケージには少量のサンキストジュースが含まれることが表示されている。

フィリピンではアジア醸造所が販売している[3]

成分[編集]

批判[編集]

雑誌Men's Health英語版はサンキストのソフトドリンクをオレオアイスクリームサンドイッチ6個と同等の極端に多量の砂糖と「子供の行動と集中の問題にかかわる」とされる人工着色料の黄色6号と赤色40号を含むとしてアメリカ国内で最も悪いソーダとみなしている[4]

種類[編集]

  • サンキスト (オレンジ)
  • ダイエット・サンキスト (オレンジ)
  • サンキスト・スパークリングレモネード
  • ダイエット・サンキスト・スパークリングレモネード
  • サンキスト・ストロベリー (カフェインフリー)
  • サンキスト・ピーチ (カフェインフリー)
  • サンキスト・グレープ (カフェインフリー)
  • サンキスト・サマーフルーツ
  • サンキスト・トロピカル
  • サンキスト・パインアップル (カフェインフリー)
  • サンキスト・フルーツ・パンチ (カフェインフリー)
  • サンキスト・チェリー・ライムエード
  • サンキスト・フロート
  • サンキスト (オレンジ) シュガーフリー
  • サンキスト・テン
  • サンキスト・ソーラーフュージョン (2010年、販売終了) - Tropical Mandarin with caffeine
  • サンキスト・シトラスフュージョン (2010年、販売終了) - Citrus Lime with caffeine

スローガン[編集]

  • "Good Vibrations." (1978年 - 1980年代前半)
  • "Drinkin' in the Sun." (1980年代後半)
  • "Feel All Orange Inside." (2007年 - 2010年)
  • "Head For the Sun." (2010年 - 2013年)
  • "Taste the Sun." (現在)

[編集]

  1. ^ http://www.caffeineinformer.com/the-caffeine-database
  2. ^ C'Plus”. Canada Dry Mott's Inc. 2011年4月23日閲覧。
  3. ^ http://asiabrewery.com/our-brands/non-alcoholic-beverages/sunkist/
  4. ^ Worst Soda | Eat This, Not That”. Eatthis.menshealth.com. 2012年10月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • Pruitt, Bettye H. (1994) “The Making of Harcourt General” Harvard Business School Press, pp. 106–107, 153, 173. ISBN 0-87584-509-6. Google Book Search. Retrieved on March 28, 2008. Note – the individual mentioned as Mark Sobell is also known as Mark Stevens.
  • 1984 Sunkist Ad featuring the "Good Vibrations" theme song, YouTube video "[1]" Retrieved on March 27, 2008.
  • 1984-85 Sunkist Ad featuring the "Good Vibrations" theme song, YouTube video "[2]" Retrieved on May 12, 2008.
  • Cadbury Schweppes purchases Canada Dry and Sunkist soft drinks from RJR (July 1986), New York Times (online) "[3]" Retrieved on March 27, 2008.
  • 1989 UK Sunkist Ad, YouTube video "[4]" Retrieved on May 28, 2008.
  • Sunkist Soda - History
  • Sunkist Soda - Products
  • Sunkist Soda Montage — In-the-Beginning, YouTube video "[5]" Retrieved on August 12, 2011.

外部リンク[編集]

  • Sunkist official website
  • Beverage World — State of the Industry '06 [6]
  • Beverage World — State of the Industry '07 [7]
  • Beverage World — State of the Industry '08 [8]
  • Beverage World — State of the Industry '09 [9]
  • Beverage World — State of the Industry '10 [10]
  • Beverage World — State of the Industry '11 [11]
  • Sunkist Display Contest