カナル・グランデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アッカデーミア橋からサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂を望遠するカナル・グランデの眺め
カナル・グランデ(衛星写真)

カナル・グランデイタリア語: Canal Grande)は、イタリアヴェネツィア運河。「大運河」の意で、そう訳されることもある。S字にカーブを描いており、街を二分している。世界文化遺産に登録されている「ヴェネツィアとその潟」の一部である。

概要[編集]

ヴェネツィア本島を北西から南東へ貫き、本島とジュデッカ島の間にあるジュデッカ運河と合流する。長さは約3.8km、運河幅は30mから90m、平均水深は5m[1]Canal Grande Panorama2.jpg

[編集]

カナル・グランデには4つの橋がかかっている。その中でも最も古いのが16世紀半ばに建設されたリアルト橋である。鉄道駅の近くのスカルツィ橋アッカデーミア橋の2つは1930年代に相次いで建設された。そして駅前広場とローマ広場を結ぶ4つ目の橋、コスティトゥツィオーネ橋英語版(ローマ広場歩道橋)が建築家サンティアゴ・カラトラバ(Santiago Calatrava)の設計により2008年に建設された[2]

交通[編集]

カナル・グランデには水上バスヴァポレット)の航路があり、停留所は、Piazzale Roma(ローマ広場)、Ferrovia(鉄道(駅前))、Riva de Biasio、 S. Marcuola、San Stae、 Ca' d'Oro、Rialto、 San Silvestro、Sant'Angelo、 San Tomà、Ca' Rezzonico、San Samuele、Accademia、S. Maria del Giglio、SaluteS. Marco Vallaresso となる。

また、ゴンドラ・トラゲットという渡し舟もある。

カナル・グランデを描いた美術作品[編集]

参考文献[編集]

 1.ゴンドラの文化史 運河をとおして見るヴェネツィア(ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4560080849)

脚注[編集]

  1. ^ シルクロードの今を征く ヴェネツィア大運河1
  2. ^ AFPBB News 2008年9月5日「ベネチア運河に4つ目の橋完成も、不評で落成式は中止に

関連項目[編集]