船舶昇降機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダ、ピーターバラのリフトロック

船舶昇降機 (せんぱくしょうこうき、英語: boat lift, ship lift, lift lock) は異なる標高にある水面間で船舶を移動する装置ボートリフト運河エレベータともいう。閘門、船舶用インクラインの代替の1つである。

ドイツベルギーフランスイングランドのもののように垂直に移動するもの、スコットランドファルカーク・ホイールのように回転するものがある。

歴史[編集]

初めてのものは、ドレスデン近くのフールプリンツ運河 (Churprinz) にある、2トン半の昇降機である。ケーソンを用いること無く7メートル持ち上げた。これは、1789年から1868年まで運用した[1]。フールプリンツの昇降機の初期は実験的に運用され、ジェイムス・グリーン技師 (James Green) は1796年から1830年にまで5基建設した。彼は、エジンバラのジェイムス・アンダーソン博士 (Dr. James Anderson) の発明であるとしている[2]エラズマス・ダーウィンの1777年から1778年にかけての本「皆の広場」の58ページから59ページには水で満たされたケーソンの、平衡錘による運河昇降機の案が記されている[3]

初期の例には、ドーセット・アンド・サマーセット運河 (Dorset and Somerset Canal) のメル (Mells) に造られたものがある[2]。1835年に運用した、グランド・ウェスタン運河 (Grand Western Canal) のものは、イギリスで実用的に用いられた最初のものである[4]

1904年には、リチャード・ロジャース (Richard Birdsall Rogers) がピーターボロ・リフトロック (Peterborough Lift Lock) をカナダで設計した。このリフトは重力のみで運用した。上部の槽に30センチ深く水を入れることで重くして運用された。

世界一の高さのものは、73.15メートルの高さがありヨーロッパクラスIV (1,350トン) の能力がある、ベルギーのストレピ=ティウ船舶昇降機である。

主な船舶昇降機 — 大きさ順
位置 排水量 (トン) 寸法 (メートル) 垂直昇降高さ (メートル) 繰り返し周期 (分)
クラスノヤルスクダムロシア 1,500 80 x 17 x 1.86 104
ストレピ=ティウ船舶昇降機ベルギー 1,350 112 x 12 x 3.35 73.15 7
シャルネベック船舶昇降機ドイツ 1,350 105.4 x 15.8 x 3.4 38 3
ピーターボロ・リフトロックカナダオンタリオ州 1,300 42.7 x 10.1 x 2.1 19.8 10
カークフィールド船舶昇降機、カナダ・オンタリオ州 1,300 42.7 x 10.1 x 2.1 14.9 10
ファルカーク・ホイールイギリススコットランド 600 35 4
アンダートン船舶昇降機 250 22.9 x 4.7 x 2.9 15.25

参考文献[編集]

  1. ^ Hadfield (1986), p. 71.
  2. ^ a b Hadfield (1985), p. 104.
  3. ^ revolutionaryplayers.org.uk
  4. ^ Hadfield (1985), p. 109.
  • Hadfield, Charles (1985). The Canals of Southwest England. Newton Abbot: David & Charles. ISBN 0-7153-8645-X. 
  • Hadfield, Charles (1986). World canals: inland navigation past and present. Newton Abbot: David & Charles. ISBN 0-7153-8555-0. 

外部リンク[編集]