カトリック大阪大司教区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪カテドラル聖マリア大聖堂(大阪市中央区)

カトリック大阪大司教区(カトリックおおさかだいしきょうく、: Roman Catholic Archdiocese of Osaka)は、大阪府兵庫県および和歌山県を管轄区域とするキリスト教 カトリック教会司教区大司教区)。司教座聖堂カテドラル)は聖マリア大聖堂

司教座聖堂[編集]

沿革[編集]

  • 1846年弘化3年) - 日本使徒座代理区(現在の東京教区)が設立され、横浜に代理区長館が設置される。
  • 1866年慶応2年) - 代理区長館が長崎に移転。
  • 1876年明治9年) - 5月22日、日本使徒座代理区を日本北緯使徒座代理区、日本南緯使徒座代理区(現在の長崎教区)の2区に分割。南緯代理区は近畿中国四国および九州 の各地方を管轄区域とした。
  • 1888年 (明治21年) - 南緯代理区に属していた近畿、中国、四国の3地方は日本中部使徒座代理区として独立、司牧をパリ外国宣教会に委託された。
  • 1891年 (明治24年) - 6月15日、中部代理区は大阪教区に昇格。
  • 1904年 (明治37年) - 1月27日、大阪教区より四国4県が新設の四国使徒座知牧区(現在の高松教区)に委譲された。
  • 1923年大正12年) - 5月4日、大阪教区より中国5県が新設の広島代理区(現在の広島教区)に委譲された。
  • 1937年昭和12年) - 6月17日、京都奈良三重滋賀の1府3県が新設の京都知牧区(現在の京都教区)に委譲された。以後、大阪教区は大阪府と兵庫、和歌山両県を管轄区域として現在に至る。
  • 1969年(昭和44年) - 6月24日、大司教区に昇格して大阪大司教区となった。

歴代使徒座代理・司教(教区長)[編集]

日本中部使徒座代理[編集]

歴代大阪司教・大司教(教区長)[編集]

所在地・交通アクセス[編集]

〒540-0004 大阪府大阪市中央区玉造2-24-22(地図

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]