カトリック札幌司教区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
札幌カテドラル 守護の天使聖堂(札幌市中央区)

カトリック札幌司教区(カトリックさっぽろしきょうく、単に札幌教区とも、: Dioecesis Sapporensis: Roman Catholic Diocese of Sapporo)は、北海道を管轄区域とするキリスト教 カトリック教会司教区司教座聖堂カテドラル)は守護の天使聖堂(北一条教会)。

司教座聖堂[編集]

  • 司教座 - 札幌カテドラル 守護の天使聖堂(北一条教会)

沿革[編集]

  • 1846年弘化3年) - 日本使徒座代理区(現在の東京教区)が設立され、横浜に代理区長館が設置される。
  • 1866年慶応2年) - 代理区長館が長崎に移転。
  • 1876年明治9年) - 5月22日、日本使徒座代理区を日本北緯使徒座代理区、日本南緯使徒座代理区(現在の長崎教区)の2区に分割。日本北緯使徒座代理区は横浜に代理区長館を置き、北海道東北関東および中部の各地方を管轄区域とした。
  • 1877年(明治10年) - 7月、代理区長館が東京に移転。
  • 1891年(明治24年) - 4月17日、北海道と東北地方を分離して函館使徒座代理区(現在の仙台教区)となり、同年6月15日、函館教区に昇格。
  • 1915年大正4年) - 2月12日、函館地区を除く北海道全土および樺太(サハリン)南部が札幌使徒座知牧区として函館教区から独立、ドイツフランシスコ会に委託。
  • 1929年昭和4年) - 3月30日、知牧区は札幌使徒座代理区に昇格。
  • 1932年(昭和7年) - 7月14日、樺太南部を分離して樺太知牧区を設立。
  • 1952年(昭和27年) - 12月11日、それまで仙台教区(以前の函館教区)に属していた函館地区を併合し、代理区は札幌教区に昇格。

歴代知牧・使徒座代理・司教(教区長)[編集]

知牧[編集]

  • ヴェンチェスラオ・キノルド(フランシスコ会) 1915年 - 1929年

使徒座代理[編集]

司教(教区長)[編集]

所在地・交通アクセス[編集]

〒060-0031 北海道札幌市中央区北1条東6丁目10(地図

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]