カストル (恒星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カストル[1]
Castor[2][3]
仮符号・別名 ふたご座α星[4]
星座 ふたご座
視等級 (V) 1.58[4]
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 07h 34m 35.87319s[4]
赤緯 (Dec, δ) +31° 53′ 17.8160″[4]
赤方偏移 0.000018[4]
視線速度 (Rv) 5.40 km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経: -191.45 ミリ秒/年[4]
赤緯: -145.19 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 64.12 ± 3.75 ミリ秒[4]
距離 50.84 ± 3.16光年[注 1]
(15.60 ± 0.97パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 0.615[注 2]
Gemini constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
α星の位置
物理的性質
スペクトル分類 A1V+A2Vm [4]
別名称
別名称
ふたご座66番星[4]
BD +32 1581[4]
FK5 287[4], HD 60178J[4]
HIP 36850[4]
SAO 60198[4]
LTT 12038[4]
■Project ■Template
カストルA
仮符号・別名 ふたご座α星A[5]
ふたご座α2[5]
視等級 (V) 1.93[5]
分類 A型主系列星赤色矮星連星
位置
元期:J2000.0[5]
赤経 (RA, α) 07h 34m 35.863s[5]
赤緯 (Dec, δ) +31° 53′ 17.79″[5]
赤方偏移 0.000020[5]
視線速度 (Rv) 6.0 km/s[5]
固有運動 (μ) 赤経: -206.3 ミリ秒/年[5]
赤緯: -148.2 ミリ秒/年[5]
年周視差 (π) 66 ± 4 ミリ秒[5]
絶対等級 (MV) 1.028[注 2]
Abの軌道データ
軌道要素と性質
元期:2427543.938[6]
離心率 (e) 0.50[6]
公転周期 (P) 9.2128 [6]
平均軌道速度 12.9 km/s[6]
近日点引数 (ω) 266.4°[6]
物理的性質
半径 2.4 R[7]
質量 2.76 M[8]
表面重力 4.2 (log g)[7]
自転速度 18 km/s[9]
スペクトル分類 A1.5IV[5]+dM1e[10]
表面温度 10,286 K[11]
色指数 (B-V) +0.03[12]
色指数 (U-B) +0.01[12]
色指数 (R-I) -0.01[12]
金属量[Fe/H] 0.98[11]
別名称
別名称
ふたご座66番星A[5]
BD +32 1581A[5]
HD 60179[5], HR 2891[5]
■Project ■Template
カストルB
仮符号・別名 ふたご座α星B[13]
ふたご座α1[13]
視等級 (V) 2.97[13]
分類 A型主系列星と赤色矮星の連星
Bの軌道データ
軌道要素と性質
元期:2401950.650[6]
軌道長半径 (a) 7.369"[6]
離心率 (e) 0.360[6]
公転周期 (P) 445 [8]
軌道傾斜角 (i) 112.9°[6]
近日点引数 (ω) 239.8°[6]
昇交点黄経 (Ω) 41.7°[6]
Bbの軌道データ
軌道要素と性質
元期:2427501.703[6]
公転周期 (P) 2.9283 [6]
平均軌道速度 31.9 km/s[6]
近日点引数 (ω) 94.7°[6]
位置
元期:J2000.0[13]
赤経 (RA, α) 07h 34m 36.100s[13]
赤緯 (Dec, δ) +31° 53′ 18.57″[13]
赤方偏移 -0.000004[13]
視線速度 (Rv) -1.2 km/s[13]
固有運動 (μ) 赤経: -206.3 ミリ秒/年[13]
赤緯: -148.2 ミリ秒/年[13]
物理的性質
半径 3.3 R[7]
質量 2.98 M[8]
表面重力 4.0 (log g)[7]
自転速度 33 km/s[9]
スペクトル分類 kA0hA2:mA1IVs [13]
表面温度 8,842 K[11]
色指数 (B-V) +0.04[12]
色指数 (U-B) +0.02[12]
金属量[Fe/H] 0.45[11]
別名称
別名称
ふたご座66番星B[13]
BD +32 1581B[13]
HD 60178[13], HR 2890[13]
■Project ■Template
カストルC
仮符号・別名 ふたご座α星C[14]
視等級 (V) 9.83[14]
変光星型 りゅう座BY型変光星[14]
分類 赤色矮星同士の連星
Cの軌道データ
軌道要素と性質
公転周期 (P) 14,000 [6]
平均軌道速度 121 km/s[6]
Cbの軌道データ
軌道要素と性質
離心率 (e) 0[15]
公転周期 (P) 0.814 [15]
軌道傾斜角 (i) 86.29 ± 0.10°[15]
昇交点黄経 (Ω) 7.315°[15]
位置
元期:J2000.0[14]
赤経 (RA, α) 07h 34m 37.584s[14]
赤緯 (Dec, δ) +31° 52′ 11.05″[14]
赤方偏移 0.000008[14]
視線速度 (Rv) 2.5km/s[14]
固有運動 (μ) 赤経: -207.6 ミリ秒/年[14]
赤緯: -96.0 ミリ秒/年[14]
絶対等級 (MV) 8.950 ± 0.029[15]
物理的性質
半径 0.6191 ± 0.0057 R[15]
質量 0.5992 ± 0.0047 M[15]
表面重力 4.6317 ± 0.0083 (log g)[15]
自転速度 37 ± 2 km/s[15]
スペクトル分類 M0.5VeFe-2 [14]
光度 0.0733 ± 0.0015 L[15]
表面温度 3,820 ± 100 K[15]
別名称
別名称
ふたご座66番星C[14]
ふたご座YY星[14]
BD +32 1582[14]
HD 60179C[14]
SAO 60199[14]
LTT 12039[14]
■Project ■Template

カストル(Castor)は、ふたご座α星ふたご座にある2等星の恒星

概要[編集]

バイエル名ではα星とされてはいるが、ふたご座β星(1等星、ポルックス)よりもやや暗い。カストルはポルックスとあわせて、天球上で見かけ上いわゆるふたご星のように見え、星座のひとつであるふたご座を形成する。

三大流星群の一つに数えられるふたご座流星群は、カストル付近を放射点としている。

特徴[編集]

1718年に、ジェームズ・ボンドがカストルを初めてカストルAとカストルBからなる実視連星であることを発見した。しかし、1678年ジョヴァンニ・カッシーニが二重星として観測していた可能性がある。二つの星の分離角は1907年は約2秒角であったが[16]1997年には約7秒角まで離れた[6]。公転周期は445年である。この2つの恒星を合わせた視等級は分離角によって、1.9等から3.0等まで変動する。

更に実視連星を形成する2つの星カストルA、カストルBは、それぞれが分光連星であり、カストルAa, Ab, Ba, Bb の4重連星系をつくっている。そしてさらに加えて、カストルA,Bは72秒角離れた場所に、この4重連星と同じ視差固有運動を持つ暗い伴星を伴っており、これも赤色矮星2個が周期1日弱で公転する分光連星(カストルCa, Cb)である。すなわちカストルはカストルAa, Ab, Ba, Bb, Ca, Cb が重力的に縛られた6重連星系と考えられる。なお、この暗い伴星(カストルC)は、変光星 YY Geminorum とも呼ばれる。

名称[編集]

学名はα Geminorum (略称はα Gem)。固有名のカストル[1] (Castor[2][3]) は、ギリシャ神話に登場するカストール (Καστωρ) に由来する[2]アラビアでは「2つの腕(またはキュビット)のうち前にあるもの」を意味する muqaddam al-dhirāʿain と呼ばれた[2][17]。2016年6月30日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Castor をふたご座α星Aの固有名として正式に承認した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ a b 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、70頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  2. ^ a b c d Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 37. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME CASTOR. 2016年11月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p SIMBAD Astronomical Database”. Results for alf Gem A. 2016年11月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Tokovinin, A. A. (1997). “MSC - a catalogue of physical multiple stars”. Astronomy and Astrophysics Supplement Series 124 (1): 75–84. Bibcode 1997A&AS..124...75T. doi:10.1051/aas:1997181. ISSN 0365-0138. 
  7. ^ a b c d Stelzer, B.; Burwitz, V. (May 2003). “Castor A and Castor B resolved in a simultaneous Chandra and XMM-Newton observation”. Astronomy and Astrophysics 402 (2): 719–728. arXiv:astro-ph/0302570. Bibcode 2003A&A...402..719S. doi:10.1051/0004-6361:20030286. 
  8. ^ a b c Tokovinin, A. (September 2008). “Comparative statistics and origin of triple and quadruple stars”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 389 (2): 925–938. arXiv:0806.3263. Bibcode 2008MNRAS.389..925T. doi:10.1111/j.1365-2966.2008.13613.x. 
  9. ^ a b Royer, F.; Zorec, J.; Gómez, A. E. (February 2007). “Rotational velocities of A-type stars. III. Velocity distributions”. Astronomy and Astrophysics 463 (2): 671–682. arXiv:astro-ph/0610785. Bibcode 2007A&A...463..671R. doi:10.1051/0004-6361:20065224. 
  10. ^ Pourbaix, D.; Tokovinin, A. A.; Batten, A. H.; Fekel, F. C.; Hartkopf, W. I.; Levato, H.; Morrell, N. I.; Torres, G. et al. (2004). “SB9: The ninth catalogue of spectroscopic binary orbits”. Astronomy and Astrophysics 424 (2): 727-732. arXiv:astro-ph/0406573. Bibcode 2004A&A...424..727P. doi:10.1051/0004-6361:20041213. ISSN 0004-6361. 
  11. ^ a b c d Smith, M. A. (April 1974). “Metallicism in border regions of the Am domain. III. Analysis of the hot stars Alpha Geminorum A and B and Theta Leonis”. Astrophysical Journal 189: 101–111. Bibcode 1974ApJ...189..101S. doi:10.1086/152776. 
  12. ^ a b c d e 輝星星表第5版
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o SIMBAD Astronomical Database”. Results for alf Gem B. 2016年11月28日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* YY Gem. 2016年11月28日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k Torres, Guillermo; Ribas, Ignasi (2002). “Absolute Dimensions of the M‐Type Eclipsing Binary YY Geminorum (Castor C): A Challenge to Evolutionary Models in the Lower Main Sequence”. The Astrophysical Journal 567 (2): 1140–1165. arXiv:astro-ph/0111167. Bibcode 2002ApJ...567.1140T. doi:10.1086/338587. ISSN 0004-637X. 
  16. ^ Heintz, W. D. (1980). “Micrometer Observations of Double Stars and New Pairs - Part Ten”. The Astrophysical Journal Supplement Series 44: 111. Bibcode 1980ApJS...44..111H. doi:10.1086/190686. ISSN 0067-0049. 
  17. ^ 近藤二郎 『アラビアで生まれた星の名称と歴史 - 星の名前のはじまり』 誠文堂新光社2012年8月30日、初版、62-64頁。ISBN 978-4-416-21283-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Castor 6”. SolStation. 2005年12月5日閲覧。