オットー・ワーグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オットー・ワーグナー
Otto Wagner
Otto Wagner (1841–1918).jpg
生誕 1841年7月13日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
死没 1918年4月11日(満77歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
国籍 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
出身校 ウィーン美術学校
職業 建築士
建築物 マジョリカハウス
カールスプラッツ駅
ウィーン郵便貯金局

オットー・ワーグナー(Otto Wagner、1841年7月13日 - 1918年4月11日)は、オーストリア建築家都市計画家。ヴァーグナー、ワグナーとも表記される。

新しい造形をめざしたウィーン分離派の中心人物の1人。「芸術は必要にのみ従う」(Artis sola domina necessitas)と主張し、機能性・合理性を重視する近代建築の理念を表現した。建築作品のほとんどはウィーンにある。

カールスプラッツ駅
ウィーン郵便貯金局
マジョリカハウス

生涯[ソースを編集]

1841年、ウィーン郊外で公証人の家に生まれた。父は5歳のときに肺病で死去。母は遺産を元に賃貸住宅を建て、その設計を建築家ハンゼン(Theophil von Hansen)に依頼している[1]

1857-1859年、ウィーンの工科大学、次いでハンゼンの勧めで1860-1861年に新古典主義建築の中心地であったベルリンの建築アカデミーで学んだ。ウィーン美術アカデミーに進学し、1863年卒業。同年、ウィーン市立公園に建てる会館(Kursalon クアサロン)の建築設計競技に応募し1等賞を得た(実際にはワーグナー案から大きく改変を受け建設された[2])。

当時はリングシュトラーセを飾る公共建築が数多く建てられ、歴史主義的な建築観が主流だった時期である。ワーグナー初期の作品も古典主義的なもので、連邦銀行、ワーグナー別邸、都市計画案アルティブス(Artibus)[3]などがある。この間、母親の意向により1863年に結婚。1880年に母が死去した後に離婚し、1881年、18歳下のルイーゼと再婚した。

1890年に市の都市計画顧問に就任し、ウィーンのための都市計画プロジェクトの準備に取り掛かる。同年以降、ウィーン市の交通施設・ドナウ整備委員会に参画し、ドナウ運河の水門、ウィーン環状鉄道の駅舎、トンネル、橋梁(1894-1899年)などの計画に関わった。

1891年に作品集を刊行。1894年にハゼナウアー(Carl von Hasenauer[4]の後任としてウィーン美術アカデミーの教授に就任した。1897年、画家グスタフ・クリムトを中心にウィーン分離派が結成されると、ワーグナーの教え子ヨゼフ・マリア・オルブリッヒヨーゼフ・ホフマンが参加。やがてワーグナー自身も分離派に加わった。この頃の作品には、マジョリカハウス、カールスプラッツ駅など、歴史主義を離れ、アールヌーヴォー的な傾向が強くなる。1905年、内部の対立からクリムト、オルブリッヒ、ホフマンらとともに分離派を脱退した。

この前後にわたってフランツ・ヨーゼフ皇帝博物館の設計に執念を燃やした。1900年、ワーグナーはカールスプラッツ(カール広場)に博物館の建設を提案した。翌年、ウィーン市は第1次の建築設計競技を行い、ワーグナー案を含む8案を入賞としたが、反対派のため紛糾した。ワーグナーは度々設計変更を行い、1910年には世論に訴えるため、建設予定地にファサードの実物大模型を造ったが大きな反響は得られず、結局博物館が実現することはなかった[5]。後期の代表作には、ウィーン郵便貯金局(1906年-1912年)、シュタインホーフ教会堂(1907年)などが挙げられる。

1912年、71歳のワーグナーはアカデミーを停年となり、1914年まで客員教授として学生を指導した。妻が未亡人になった後のことを考え第2の別荘を建てたが、1915年に妻が死去。第一次世界大戦中は失意の状態にあり、1918年に死去した[6]

作品[ソースを編集]

歴史主義から出発し、ウィーン分離派に参加する頃からアール・ヌーヴォーの影響を受けた建築様式に移っていった。これら過渡期の作品を経て、ウィーン郵便貯金局で近代建築の純粋な空間表現に到達した。

  • シナゴーグ Rumbach Street Synagogue(ブダペスト、1868年)
  • グラーベンホーフ(1873年):ティーネマンとの共作。
  • 連邦銀行(1884年) 
  • ワーグナー別荘I(1886年):現エルンスト・フックス美術館[1]
  • ホヨース宮 Palais Hoyos(1890-91年):自邸として建設した。
  • アンカーハウス(1895年):古典主義的な構成であるが、低層部分をガラスのカーテンウォールとする。
  • マジョリカハウス(1898年):植物模様のマジョリカタイルで壁面を覆ったアール・ヌーヴォー風の集合住宅。
  • カールスプラッツ駅(1899年)
  • ドナウ運河堰監視所(1907年)
  • シュタインホーフ教会堂 Kirche am Steinhof(1907年)
  • 郵便貯金局 Postal Savings Bank(1906年-1912年):ガラスに囲まれた中央ホールによって近代建築の抽象的空間を生み出している。外壁の仕上げ石材をビスで留めることで、張りぼてであることを率直に表現する(シュタインホーフ教会堂等も同様)。
  • ワーグナー別荘II(1913年)

建築観[ソースを編集]

ワーグナーは、芸術の課題は時代の課題であり[7]、現代の建築は新しい材料と現代の要求に対応しなければならない[8]、とする。有名な「芸術は必要にのみ従う」[9]という主張は、ゴットフリート・ゼムパーの合理主義的な建築観を引き継ぐもので、近代建築の理念を表現したものである。

その他[ソースを編集]

1980年代に500シリング紙幣の肖像として採用された。

文献[ソースを編集]

  • ワーグナー『近代建築』(Moderne Architektur)
ウィーン美術アカデミーの教授就任講義を元にしたもので、近代生活にふさわしい合理的・機能的な建築観を示している(初版1895年;中央公論美術出版からの邦訳は1901年の第3版が底本)。
  • ゲレーツェッガー、パイントナー『オットー・ワーグナー』
ワーグナーの生涯と作品を紹介(初版1964年;邦訳鹿島出版会、1984年)。
  • 川向 正人, 関谷 正昭『オットー・ワーグナー作品集』(2015、東京美術)

注釈[ソースを編集]

  1. ^ ゲレーツェッガー他、P10。ハンゼンはデンマーク出身で、国会議事堂ウィーン楽友協会ウィーン美術アカデミー等の設計者として知られる。
  2. ^ Johann Garbenの設計により1865-67年に建設。
  3. ^ 美術館を中心にした理想的な地域整備計画案である。後にアカデミー教授に選出されたのは、この案に対する高い評価によるところが大きいという。ゲレーツェッガー他、P20。
  4. ^ 新王宮、美術史美術館ブルク劇場などをゼムパーとともに設計した。
  5. ^ ゲレーツェッガー他、P193-199。
  6. ^ ゲレーツェッガー他、P45-48。
  7. ^ ワーグナー、p32
  8. ^ ワーグナー、p37
  9. ^ ワーグナー、p54

関連項目[ソースを編集]

Links[ソースを編集]